>ポルシェ(Porsche) >その他アメリカ車

【動画】"公道ドラッグレーサー"ダッジ・チャレンジャー・デーモンと正統派加速王のポルシェ911ターボSとが真っ向対決!「えっ・・・」という結果に

投稿日:2021/02/14 更新日:

"公道ドラッグレーサー"ダッジ・チャレンジャー・デーモンと正統派加速王のポルシェ911ターボSとが真っ向対決

| やはりダッジ・チャレンジャー・デーモンが公称値どおりの加速を発揮するのは難しそうだ |

さて、ダッジ・チャレンジャー・デーモンとポルシェ911ターボSとのドラッグレースという異色のカードがついに実現。

方やアメリカの「ドラッグレースキング」、方や向かうところ敵なしの加速を誇るジャーマンスポーツです。

両者とも加速を大きな武器とするものの差異は大きく、チャレンジャー・デーモンはフロントにスーパーチャージドV8をマウントして後輪を駆動。

ポルシェ911は水平6気筒ターボをリアに搭載して4輪を駆動します。

2021-02-14 8.28.09

ダッジ・チャレンジャー・デーモンは「加速王」

ダッジ・チャレンジャー・デーモンは2017年に発表された限定モデル(3,300台)で、このインパクトによってチャレンジャーは名実ともにアメリカンマッスルの王者へと君臨することに。

やはり「パワーやスピードは非常に重要であり、実用面では無用であっても、セールスには貢献する」ということがわかります。

搭載されるエンジンは6.2リッターV8(スーパーチャージャー)で840馬力を発生(他モデルでは707馬力)。

もちろんエンジンそのものに手が入っていますが、スーパーシャージャーの容量を2.7リッターに拡大しており、ブースト圧も145.psiへとアップ。

さらにはピストン、コンロッドも新調され燃料ポンプは二段階式に変更のうえ、レブリミットも6200回転から6500回転へと引き上げられ、これも馬力向上に貢献しています。

2021-02-14 8.23.27

ダッジ・チャレンジャー・デーモンは「本気すぎる」公道レーサー

なお、吸気については十分なエアを確保するためにエンジンルーム二箇所、フロントフェンダーの合計3ヶ所から行う、とのことで、「トルク・リザーブ・ローンチ」なる、強烈なスタートダッシュを可能にする吸気機構を有することも知られています。

トランスミッションは8速ATで、これはトルコン式となりますが伝達効率を18%向上させており、やはりドラッグレース用にチューニング。

タイヤも「市販車で初めて」ドラッグレース用タイヤ(NITTO製)を装着しますが、当然ながら低温や雨には極端に弱く、購入時には「気温15度以下では標準タイヤにて走行してはならない」という書面にサインさせられる模様。

これらによって0-100キロ加速は驚愕の2.3秒(もちろん市販車最速。ブガッティ・シロンですら2.5秒)、セロヨンのタイムは9.65秒、加速時には実に1.8Gを記録(これも市販車でもっとも高い数字)するという、もはや規格外の「公道走行可能なドラッグレーサー」となっているわけですね。

さらに標準仕様だと「助手席レス」となっており、助手席はなんとオプション扱いという本気なクルマです。

2021-02-14 8.23.45

992世代のポルシェ911ターボSは「過去最高の911ターボS」

対するは992世代のポルシェ911ターボですが、こちらは先代比で一気に70馬力も出力を向上せさせて650馬力を発生。

0−100km/h加速は2.7秒を誇り、こういった数値を達成するためには地道な改良を行っていると伝えられ、このあたりはさすがポルシェ(飛び道具に頼らず、クルマのバランスを全体的に向上させる)。

新型ポルシェ911ターボSはなぜ先代比で70馬力もパワーアップできたのか?ポルシェ自らその秘密を語る

| 加給がかかってからの加速は”驚異的”だ | さて、ポルシェは先日新型911ターボS(992世代)を発表したところですが、これは991世代の911ターボSの580馬力に比較して一気に650馬力、つま ...

続きを見る

2021-02-14 8.23.33

これまでにも911ターボSの加速対決動画がいくつか公開されているものの、やはりというか当然というか確実に勝利を重ねている模様。

世界で最も豪華なドラッグレース動画
「世界で最も豪華なドラッグレース動画」第10弾!数々のハイパフォーマンスカーがトーナメントを勝ち上がり、最終戦はフェラーリF8トリブートとポルシェ911ターボSの一騎打ち

この記事のもくじ1 | やはりポルシェ911ターボS、そしてフェラーリF8トリブートの加速性能はずば抜けていた |1.1 参加メンバーは例年通り「豪華」メンツが揃う1.2 決勝戦はフェラーリF8トリブ ...

続きを見る

実際に走ってみたらこうなった

そしてここからは実際にダッジ・チャレンジャー・デーモン、そしてポルシェ911ターボSとを直線加速にて競わせた結果。

結論から言うと「ポルシェ911ターボSの圧勝」となっています。

2021-02-14 8.28.44

JUN
オイオイどうしたチャレンジャー・デーモン!

これにはいくつかの理由があると思われ、まず動画を見るにホイールスピンが激しすぎ、リアタイヤがグリップしていないこと。

リヤパンパーにびっしりタイヤカスが張り付いていることでもわかるとおり、かなりタイヤが(ホイールスピンによって)削れているようですね。

これについては、タイヤの空気圧がちょっと高かった可能性もありそうです。

2021-02-14 8.24.08

そして次はガソリンのオクタン価が足りなかった可能性。

850馬力を発生するのは「オクタン価100以上」の場合だとされており、よってフルパワーを発揮できなかったようですね。

2021-02-14 8.24.30

よって今回は「いかなる条件下でも」安定したパフォーマンスを発揮するポルシェ911の勝利と相成ったわけですが、ベストコンディションのチャレンジャー・デーモンはどれくらい速いのか、というのは気になるところですね。

2021-02-14 8.25.23

ポルシェ911ターボSとダッジ・チャレンジャー・デーモンとの加速競争動画はこちら

合わせて読みたい、ダッジ・チャレンジャー・デーモン関連投稿

【動画】ダッジ・チャレンジャー・デーモンが最高速に挑戦。公称値270km/hのところ340km/hを記録し、フェラーリF8やマクラーレン・セナと同等の性能を持つことが立証される

| ちなみにダッジ・チャレンジャーSRTデーモンの価格は1000万円 | ダッジ・チャレンジャーSRTデーモンは「合法ドラッグレーサー」として知られ、ドラッグレースに勝つためにほとんどを切り捨ててしま ...

続きを見る

ダッジ・チャレンジャー・デーモンは大成功。「まだ一台も作ってないのに通常版チャレンジャーが売れまくっている」

この記事のもくじ1 | やっぱりなにかの「象徴」が必要だ |1.1 デーモンが「チャレンジャー」全体のブランド価値を押し上げる1.2 合わせて読みたい、チャレンジャー関連投稿 | やっぱりなにかの「象 ...

続きを見る

アメリカンマッスルなら任せとけ。米スピードコアがダッジ・チャレンジャー・デーモンの外装をカーボンに、エンジンは1400馬力へ

| ダッジ・チャレンジャーSRTデーモンが840馬力から1400馬力へ | アメリカンマッスルのカスタムを得意とする「SpeedKore」が今回はダッジ・チャレンジャーSRTデーモンのカスタムカーを公 ...

続きを見る

参照: Carwow - YouTube

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f