>アストンマーティン(Astonmartin) ■服や小物、時計、雑貨など

アストンマーティンが突如、腕時計メーカー「ジラール・ペルゴ」とのコラボを発表!これまでのパートナー「タグ・ホイヤー」との提携は解消?

投稿日:

アストンマーティンが突如、腕時計メーカー「ジラール・ペルゴ」とのコラボを発表

| アストンマーティンはタグ・ホイヤーとの提携を発表したところだったが |

さて、アストンマーティンが腕時計ブランド、ジラール・ペルゴとのコラボレーションを発表。

これまでアストンマーティンはタグ・ホイヤーとのパートナーシップ契約を結んでおり、テスト用車両等に大きくタグ・ホイヤーのロゴを掲出したり、タグ・ホイヤーをフィーチャーした限定車を発表していましたが、今回「乗り換え」を行ったということになりそう。

なお、その理由は不明ではあるものの、アストンマーティンの経営がローレンス・ストロール氏へと交代したことも一因なのだと思われます。

L1210255

そしてタグホイヤーについては、先日ポルシェとの提携を発表したところでもありますね。

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ ポルシェスペシャルエディション
まさかのコラボ!タグ・ホイヤーとポルシェとが手を組んで「カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ ポルシェスペシャル」誕生!同じルーツの名を持つことから実現

この記事のもくじ1 | 文字盤は「アスファルト」、ローターやインデックス、ベゼルなどが”ポルシェ仕様”に |1.1 ポルシェはカレラ・パナメリカーナ・メヒコに注力していた2 タグ・ホイヤーもまたモータ ...

続きを見る

ジラール・ペルゴはこんな腕時計メーカー

ジラール・ペルゴは1791年にスイスにて創業されており、現存する中ではブランパン(1735年)に次ぐ古い歴史を持つ腕時計メーカーだと言われています。

史上初の腕時計量産を行ったり、日本で初めて正規輸入されたスイス腕時計であったり、そしてセイコーとほぼ同時期にクォーツ式腕時計の開発に成功するなどトピックの多い会社でもありますね。

自動車との関わりについては、過去にフィアットのレーシングドライバーとのコラボレーションによって誕生したGP7000、フェラーリとのパートナーシップでも知られるところです。

2021-02-23 11.00.36

なお、現在はグッチを核とするケリンググループに属していますが、以前にアストンマーティンとパートナーシップを結んでいたタグホイヤーはルイ・ヴィトンを中心とするLVMHグループの所属。

ローレンス・ストロール氏はトミーヒルフィガー等のアパレルブランドに投資することで財を成しており、「LVMHからケリング」への移管については、なんらかの(自身が株主であるブランド等の)事情があったのかもしれません。

2021-02-23 11.00.32

ジラール・ペルゴは現在「LAUREATO」「BRIDGES」「1966」「VINTAGE1945」「CAT'S EYE」というシリーズ構成を持ち、やはり有名なのはLAUREATO。

中心価格帯は200万円弱といったところですが、まずはこのあたりからアストンマーティンとのコラボウォッチが登場するのかもしれません。

今回の提携発表に際しては「アストンマーティン×ジラール・ペルゴ」製品が全く発表されておらず、こういったところからも今回の提携があまりに急であったことを感じさせますね。

2021-02-23 11.00.36

今後、ジラール・ペルゴのロゴはアストンマーティンのF1マシンに掲示されることに

なお、今回の提携に伴い、アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラ 1 チームの車両にはジラール・ペルゴのロゴそしてマークが掲示され、両者のコラボレーションによる腕時計シリーズは今年後半に発売される、とのこと。

アストンマーティンから発表されたプレスリリースは下記の通りです。

過酷なまでのスピードの追求において、時間は最優先事項です。タイムを競うレースは、100 年以上にわたり、モータースポーツファンを虜にしてきました。そして、その歴史全体にわたり、時計メーカーは、タイムの計測という難題に取り組んできました。この 2 つの分野がよく似ていることは、誰の目にも明らかです

アストンマーティンとジラール・ペルゴはいずれも、生まれつきの情熱と明確なビジョンを持つ人々により創設されました。アストンマーティンは、ライオネル・マーティンとロバート・バンフォードによって 1913 年に創設されました。一方、ジラール・ペルゴの起源は、弱冠 19 才のジャン-フランソワ・ボットがその最初の時計を制作した 1791 年まで遡ります。 しかし、注目すべきは、1854 年のコンスタン・ジラールとマリー・ペルゴの結婚というラブストーリーから、時計製造で最も有名なブランドの 1 つが誕生したことです。

伝説的なアストンマーティン DBR1(1956 年)は、カーレースのために製作された車で、最も有名な伝統であるロードカー、「DB」の先駆けとなるものでした。そのスタイルは、才能あふれるデザイナー、フランク・フィーリーにより社内でデザインされ、紛れもなく彼の「栄光の時」を表しています。実際に、DBR1 のスタイルは、今日に至るまで最も美しく優雅であり続けています。さらに、このモデルから採用されたサイドエアベントのデザインには、機能性も兼ね備えられており、現在でも、アストンマーティンのロードゴーイングスポーツカーにとって重要な、機能と外観の特徴として維持されています。この特徴は、このブランドの各モデルの明確な個性を感じさせる重要なデザイン的ディテールとなりました。実際に、アストンマーティンの自動車は、一目見ただけでアストンマーティンとわかります。

同様に、ジラール・ペルゴは、現在はよく知られている「スリー・ゴールドブリッジ トゥールビヨン」を 1867 年に発表しました。多くの場合、見えない場所にある 3 つの機能部品を、魅力的なデザインの特徴に変えたのです。この時計の出現により、見えなかった部分を意図的に見せるデザインが広まりました。230 年の歴史全体にわたり、ジラール・ペルゴは、時にはさまざまな形状を駆使してその創造性を発揮してきました。まさにこの理念から、このブランドのスローガン「目の肥えた人々のために今を形作る」が生まれたのです

この両社は、豊富な技能と伝統を蓄積していますが、引き続き、将来を見据えています。この進歩的な理念により両社は、継続的に改善を推進し、優れた性能を追求しています。

アストンマーティン・ラゴンダの CEO、トビアス・ムアースの コメント:「今回のようなパートナーシップの真のメリットは、両社に共通する核心的価値がほぼ同じであっても、2 つのブランドがお互いから多くを学べるということです。ジラール・ペルゴは、素材と新しいテクノロジーの使用によって数多くの製品を生み出している革新的メーカーです。両社が製作する魅力的な高級製品はいずれも、美しいデザインとパワフルな性能を備え、完璧に仕上げられています。」


AstonMartin

2021-02-23 10.49.30

アストンマーティン×ジラール・ペルゴのプロモーション動画はこちら

合わせて読みたい、アストンマーティンと腕時計関連投稿

タグ・ホイヤー カレラ キャリバー ホイヤー02 クロノグラフ ポルシェスペシャルエディション
【最新版】フェラーリ×リシャール・ミル、ランボルギーニ×ロジェ・デュブイetc...自動車メーカーとコラボしている腕時計メーカー一覧

この記事のもくじ1 | 意外と「大御所」でも自動車メーカーとコラボしていない腕時計メーカーもある |2 自動車メーカーと腕時計メーカーとのコラボレーションにはどんなものが?2.1 アルピーヌ×ティソ2 ...

続きを見る

アストンマーティン×タグホイヤー。カレラベースのコラボ腕時計を発表

| アストンマーティンがタグホイヤーとのコラボ腕時計第一弾を発表 | アストンマーティンは腕時計ブランドの「タグホイヤー」とパートナーシップ関係にありますが、今回新作腕時計を公開(以前はリシャール・ミ ...

続きを見る

アストンマーティン「DBSスーパーレッジェーラ タグ・ホイヤー エディション」の詳細と腕時計が公開!腕時計のホイヤー02はまんま「アストン仕様」に

思ったよりもカスタムの範囲が大きかった アストンマーティンは先日「DBSスーパーレッジェーラ」の限定モデル、「タグホイヤー・エディション(TAG HEUER Edition)」を発表していますが、今回 ...

続きを見る

参照:Aston Martin

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f