>アウディ(Audi)

まさかこのクルマが売りに出されるとは!2011年のル・マン優勝車、アウディR18 TDIが中古市場に登場!!実際に走行も可能、元アウディエンジニアがサポートしてくれるぞ

投稿日:2021/03/13 更新日:

2011年のル・マン優勝車、アウディR18 TDIが中古市場に登場

| 市場に出ているアウディR18 TDIのうち、唯一走行可能な個体らしい |

さて、アウディのル・マン・レーサー、R18 TDIが販売中。

このR18 TDIは2011年のル・マン24時間レースを走るために開発された車両ですが、今回販売されているのは実際にレースを走っておらず、ホモロゲーション取得のために製作された個体です(シャシーナンバー100)。

まさかこのクルマが販売されようとは

このアウディR18 TDIに積まれるエンジンは3.7リッターV6ターボ(ディーゼル)、その出力は532HP。

R18 TDIはR15の改良版という位置づけですが、エンジンのダウンサイジングによる軽量化(25kg)、クローズドボディ化による空力性能向上のおかげで高い戦闘力を誇り、2011年のル・マン24時間レースでは(24時間走って)2位のプジョーにわずか14秒差という僅差にて勝利を奪取。

Audi-R18 (4)

ちなみにその翌年には「R18 TDIウルトラ(ウルトラとは、アウディの軽量化技術の総称であったが、最近はあまり用いられなくなった)」「「R18 e-tronクワトロ(R18 TDIウルトラのハイブリッド版)へと進化しています。

Audi-R18 (3)

なお、アウディはこのR18 TDIについて、イベント展示のために2013年スペックのボディを装着したことがあるものの、2018年にはもともとのスペックに戻された、と紹介されています。

Audi-R18 (2)

加えて、2018年のレストアにあたっては新車コンディションに戻されており、よってエンジンの(次のオーバーホールまでの)寿命、ギアボックスの寿命はそれぞれ10,000kmと7,000km。

Audi-R18 (5)

現存するR18 TDIはわずか6台のみだそうですが、実際に走行可能な状態にて提供されるのはこの個体が「唯一」なのだそう。

つまりほかの個体は「不動」の状態でしか販売されておらず、しかしこの個体は走行可能な上に元アウディのエンジニアがサービスを行ってくれるという「おまけ」もついているようですね(ただし有償だと思われる)。

Audi-R18 (6)

一時、アウディはディーゼルに集中していたが

アウディはCO2削減のため、一時期ディーゼルそしてガスに注力していたことがあり、このR18 TDIもその時代の産物ということになります。

しかしながらガスはなんとなくフェードアウトしてしまったうえ、ディーゼルは偽装事件によってイメージが悪くなってしまい、これらはアウディの歴史からは消されてしまいそうな予感。

自動車史には「未来を嘱望されながらも、そのまま消えてしまった」技術がたくさんありますが、ガスそしてディーゼルが「アウディにとっての」幻の未来だったのかもしれません。

Audi-R18 (7)

参照: Art & Revs

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5