>スバル(SUBARU) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

スバルが新型BRZを国内初公開!トヨタGR86とはけっこう差があり、BRZは「回頭性と安定性」、GR86は「直進安定性と尖った部分」を重視したようだ

投稿日:2021/04/05 更新日:

スバルが新型BRZを国内初公開!トヨタGR86とはけっこう差があり、BRZは「回頭性と安定性」、GR86は「直進安定性と尖った部分」を重視したようだ

| インテリアの仕上げにも差異があり、BRZでは「機能を強調」、GR86では「走りに集中」 |

さて、スバルが新型BRZを国内初公開。

すでに北米ではその姿が公開されているものの、今回はさらに詳細、そしてオプションパーツについても明らかになっています。

なお、今回ぼくははじめてBRZの名の由来を知ったのですが、「BOXERエンジン」「Rear Wheel Drive」「Zenith(究極のピュアスポーツカー)」の頭文字を取ったものだそう。

そして今回のフルモデルチェンジ内容を見るに、重心を下げ、ドアやルーフ、フェンダーなどをアルミ化するという、「前後重量やロールセンターの最適化、低重心化」というスポーツカーの基本をしっかり抑えた内容となっており、いたずらにパワーアップに頼らない、ドライバーにとって真に楽しめるクルマ造りを行ってきたなという印象です。

トヨタが新型GR86を発表!重心やロールセンターを徹底的に最適化し、真剣にスポーツカーを追求した正常進化
トヨタが新型GR86を発表!重心やロールセンターを徹底的に最適化し、真剣にスポーツカーを追求した正常進化

| そのうえ新型GR86のデザインは日本車離れしたカッコ良さ | さて、トヨタが待望の新型86を発表。スバルとの共同にて開発されたのは先代同様ですが、新型86はスープラ同様「GR」を名乗ることとなって ...

続きを見る

新型スバルBRZはこう変わった

まず、搭載されるエンジンは2リッターから2.4リッターへ排気量がアップして235PSへ、そしてGR86側のデータでは、0-100km/h加速は従来型の7.4秒から6.3秒に短縮された、とのこと。

そしてボディだと上述の通りルーフ、フード、フェンダー、フロントハウジングにアルミ素材を使用しており、重心は従来型比でマイナス4ミリ。

スバルは北米にて新型BRZを発表した際、「ハイパーカー並の低重心」だと表現していますね。

そしてトヨタ側の発表だと、シートも軽量化されているとのことなので、これも重心を下げることに貢献していそうです。

45

なお、プラットフォームは先代からのキャリーオーバー。

つまりはスバル得意のSGP(スバル・グローバル・プラットフォーム)ではないということですが(これはFRに対応できないと言われている)、しかしSGPの知見を活かし、フロント横曲げ剛性を60%、ねじり剛性を50%向上させている、とのこと。

新型スバルBRZのエクステリアはこうなっている

新型BRZのデザインフィロソフィはほかのスバル車同様に「ダイナミックXソリッド」。

基本的なエクステリアはGR86と共用ですが、フロントについてはBRZが「ヘキサゴン(上に向かって広がるラインを持つ)」、GR86では「ファンクショナル・マトリックスグリル(下に向かって広がる)。

12

なお、ヘキサゴングリルは低い位置に、そして幅広にデザインされ、ボンネットからのラインがグリルに「被る」ように考えられている、とのこと。

ちなみにGR86のグリルも、従来型に比較すると低い位置に取り付けられており、そのため視覚的に「低い」という印象を受けるようですね。

13

テールランプは両者共通ですが、スバルらしい「コの字」デザインを持ちつつ、トヨタがGRヤリス等にて採用する「フの字」っぽいデザインを持つという、両社のデザイン言語を内包した意匠を持っています。

11

テールランプのサイドにはエアロスタビライザーフィンが設けられていますね。

8

フロントバンパー内にはダクトが装着され、その表面には「空力テクスチャー」なる加工が施されていますが、これを「20度」に設定することで「カーブでの初期応答性を改善した」とのこと。

一方でGR86では「直進安定性を重視した設計となっている」ようですね。

5

各部のアウトレットやダクトは「実際に機能」することが特徴で、ここはダミーの多いGRスープラとは異なる部分かも。

GR86、BRZを選ぶ人には「こだわり」を持つ人が多く、よってこれらがダミーであれば、とうてい受け入れることができないという判断が下されていたのかもしれません。

4

ヘッドライトはBRZだと「コ(フ)の字型」、GR86では「L字型」。

外形そして内部構造そのものはGR96、BRZとも共通となっています。

9

新型スバルBRZのユーティリティはこうなっている

そしてこちらは新型スバルBRZのユーティリティ。

トランクルームは広大で、ゴルフバッグを2つ積載可能。

40

さらにはBRZらしく、「タイヤとホイールを4本積む」ことも可能です。

41

新型スバルBRZのインテリアはこうなっている

新型BRZのインテリアはほぼGR86と共通。

レッドステッチが入っているところも同じですが、シート表皮のパンチングの内部についてはGR86がレッド、スバルBRZがシルバー。

カーペットについても、GR86には「レッド」が用意されています。

33

GR86が「レッド」を用いているのは、GRのイメージカラーが「レッドとブラック」だからだそうですが、この「ブラック/レッド」「シルバー」というのはけっこう重要な要素で、GR86では内装のパネルやパーツ(エアコンルーバーの一部やドアインナーハンドル、パワーウインドウスイッチ)も一部ブラック、BRZではシルバーが使用され、GR86ではホイーやドアミラーがブラック、しかしBRZではドアミラーがボディカラー同色、ホイールはシルバー。

ちなみにスバルが用いている「シルバー」は、この部分はなんらかの機能があるということを表現し、GR86の「ブラック」は運転に集中するためにほかを目立たせないようにするためなのだそう。

こうやって見てゆくと、一見似ているような両者ですが、かなりの違いがあるようですね。

3

新型スバルBRZの乗り味はこうなっている

スバルが新型BRZにて目指したのは「気軽に楽しめる」「段差を乗り越えてもすっと揺れが収まる」「ハンドルを切ったらすっと曲がる」という、誰でにも気持ちよく乗ることができるスポーツカー、コントロールする楽しさを目指した模様。

さらには安定性も重視しており、スバルだけあって雪上での走行性も十分にテストがなされていて、スタッドレスタイヤを装着すれば「スキーにも行けるFR」だと胸を張っています。

37

一方のGR86ですが、「これは”86”ではなく”GR”86である」という想いにて作られており、86だとこのレベルでも許されるが、GRと名乗る以上はもっと上を目指す必要があるという認識があり、いかなる瞬間も「スポーツカーに乗っている」ということを自覚できるよう、尖った部分を与えているようですね。

トヨタそしてスバルの開発陣によれば、発表会のイメージカラー通り、「GR86はホット」「BRZはクール」だとも表現されています。

加えて、BRZのほうが「懐が深い」「マイルド」「しっとり」「大人っぽい」というコメントも。

新型BRZにはこういったオプションパーツが用意される

そしてスバルは新型BRZについて、純正アクセサリーとSTIパフォーマンスパーツも公開。

35

ざっと見たところルーフ上のボルテックスジェネレーター、トランクリッドスポイラー、サイドアンダーのストレーキ、リアアスカート、フロントスカート、さらにはドライカーボン製リアスポイラー(なんとスワンネック)、18インチ鍛造ホイール(BBS製)も。

31

フロントフェンダーガーニッシュの他mパフォーマンスマフラー、フレキシブルVバーといった機能パーツも用意され、今後はサスペンションキットなど、さらにハードなパーツが用意されるかもしれません。

30

新型BRZのスペックはこうなっている

全長4,265ミリ
全幅1,775ミリ
全高1,310ミリ※アンテナ抜きだと1,280ミリ
ホイールベース2,575ミリ
トレッド前1,520ミリ
トレッド後1550ミリ
最低地上高130ミリ
車両重量1,270キロ
エンジン水平対向4気筒 筒内直接+ポート燃料噴射装置<TOYOTA D-4S>
駆動方式FR
トランスミッション6MT/6AT
最高出力235PS/7000RPM
最高回転数7400RPM
サスペンションフロント:マクファーソンストラット
リア:ダブルウィッシュボーン
ブレーキ前後ベンチレーテッドディスク
タイヤ(フロント・リヤ)215/40 R18

新型GR86/BRZ発表時のトークセッション(動画)はこちら

参照:SUBARU

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->スバル(SUBARU), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5