■そのほか車関連のネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など

また出た新興ハイパーカー!ただし今度はルノーやロータスF1チームの監督が設立に関わった「モランド・カーズ」。ピュアエレクトリック版だと1,950馬力

投稿日:2021/05/06 更新日:

また出た新興ハイパーカー!ただし今度はルノーやロータスF1チームの監督が設立に関わった「モランド・カーズ」

| ハイブリッド版とピュアエレクトリック版が存在し、価格は2億7600万円、限定73台 |

さて、続々出てくる新興ハイパーカー計画ですが、今回はスイスのモランド・カーズ(Morand Cars)社から「ハイブリッド」「ピュアエレクトリック」」ハイパーカーが登場予定。

なお、このモランド・カーズを設立したのはル・マンに出場したレーシングチームを率いたこともあるブノワ・モラン氏、そしてルノーやロータスのF1チーム監督、マクラーレンF1チームのレースディレクターを努めたエリック・ブーリエ氏。

設立メンバーを見ると実現性が高そうではあるが

これら設立メンバーを見るに、多くの振興ハイパーカーメーカーのように「ビジネスマンが一攫千金を狙って計画した」ものとは一線を画するようにも思われ、実現性が高いようにも。

ただ、自動車業界に明るい人々が関わったからといってビジネスが成功するわけでもなく、ここは客観的に見てゆくしかなさそうですね。

スペックとしては「ハイブリッド版」には5.2リッター自然吸気V10が積まれ(ランボルギーニ・ウラカンのものと同じ?)、その出力は690馬力にまでチューン。

これにXtrac社製の7速トランスミッション、そしてエンジンとトランスミッションの間にはエレクトリックモーターが搭載される、とのこと。

加えてフロントにもモーターが搭載され(すなわち4WDだと思われる)、トータルでの出力は1,100馬力にも達するそうですが、バッテリー容量は4.5kWhで、約31マイルの「エレクトリックモードでの」走行が可能だとアナウンスされています。

Morand-Hypercar-2

エレクトリックバージョンは1,950馬力

そしてもうひとつの「ピュアエレクトリックバージョン」には4つのモーターが搭載され、バッテリーパックは70kWh。

出力は1,950馬力だとアナウンスされているものの、両バージョンともに加速や最高速についての数字は非公開です。

なお、バッテリーセルについてはフォーミュラEで使用されているものよりも高いエネルギー密度(約180Wh/kg)を持つとされ、スケジュールとしては2021年末までにハイブリッドバージョンの、そして2022年にはエレクトリックバージョンのプロトタイプを完成させたい、と述べています。

気になる価格については230万スイスフラン(日本円だと2億7600万円くらい)を予定しており、合計で73台が生産される模様。

車体骨格は亜麻ベースの複合素材

なお、この新型ハイパーカーの車体にはAmplitexと呼ばれる亜麻ベースの複合材が使用されると紹介されており、これは近年のモータースポーツにおいても比較的メジャーになりつつある素材。

ポルシェも718ケイマンGT4に、トヨタもGRスープラGT4にこれを採用していますね。

c Bcomp_ampliTex and powerRibs bodywork aside

トヨタGRスープラ GT4発表!エキゾーストシステムはアクラポヴィッチ、天然素材由来のスポイラーを装着。カスタムの参考になりそうな例も

| いよいよスープラの本領が発揮される | Gazoo Racingより、レースに参戦する”カスタマー向け”のGRスープラGT4レーシングカーが発表に。すでにトヨタ自身はこの「スープラGT4」にてニュ ...

続きを見る

合わせて読みたい、新興スーパーカーハイパーカー関連投稿

この数年、とにかく大量に登場しているのが新興スーパーカー/ハイパーカーですが、やはり「エレクトリックカー」だと開発にかかるコストが低いこと、多くのカロッツェリアやコーチビルダーが車両開発や生産の受託をはじめたこと、そして3Dプリンタの普及はもちろん、設計ソフトの進化によって自動車の開発がより容易になったことも影響しているのだと思われます。

スイスのスーパーカー、ピカソPS01
スイスから新興スーパーカーメーカー「ピカソ」が名乗りをあげる!イタリア製V6エンジンを搭載し車体重量990kg、"いまだかつて無いほどカーボンを使用したクルマ"

この記事のもくじ1 | 実際に発売できればとんでもない運動性能を誇ることになりそうだ |1.1 今回はスイスから「ピカソPS-01」が登場2 ピカソPS-01は「これまでにないほどカーボンを使用」2. ...

続きを見る

新興スーパーカー、ナラン・ハイパーカー
また出た新興ハイパーカー!今度は1050馬力、0-100km/h加速2.3秒の「ナラン・ハイパークーペ」。デザイナーはアポロIEと同一人物、インテリアはアストンから

この記事のもくじ1 | 見たところクオリティはかなり高そう。「走るアート」を目指しているようだ |1.1 生産されるのはわずか49台2 ナラン・ハイパークーペはこういったデザインを持っている2.1 「 ...

続きを見る

【動画】ハイパーカーはここまで進化した!AIによる設計、3Dプリンタにて製造される1250馬力のジンガー21Cがスゴかった

この記事のもくじ1 | 一瞬、キワモノかと思ったが |1.1 ただしジンガーは本気だった1.2 設計はAI、製造は3Dプリンター1.3 その外観はもはや宇宙船1.4 合わせて読みたい、関連投稿1.5 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■そのほか車関連のネタなど, ■新型車情報/スパイフォト/噂など
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5