>ランボルギーニ(Lamborghini) ■近況について

ランボルギーニ・ウラカンSTO「別カラー」を見てきた!何度見てもこのクルマには驚きしか感じないな・・・。

投稿日:2021/06/15 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンSTO「別カラー」を見てきた

| 一般の駐車場に停まっているウラカンSTOのオーナーがフロントフードを開けたらきっと誰もが驚く |

どう考えてもこれが公道走行可能な市販車だとは思えない |

さて、以前にランボルギーニ・ウラカンSTO発表会の様子をお伝えしたものの、今回はその際に展示された個体とは別のウラカンSTOを見てきたので、その詳細を紹介したいと思います。

なお、このウラカンSTOを展示しているのはランボルギーニ大阪さんですが(常時展示しているわけではない)、初回点検の際に見せていただいた際、そしてジムカーナイベントにて展示されていた際の画像をあわせて紹介したいと思います。

ランボルギーニ・ウラカンSTO
【動画】ランボルギーニ・ウラカンSTO発表会へ行ってきた!このクルマがナンバーを付けて公道を走れるとは・・・!

| ランボルギーニ・ウラカンSTOはどう見てもレーシングカーにしか見えない | さて、ランボルギーニはつい先日、超絶スパルタンな「ウラカンSTO」を発表していますが、大阪でもそのお披露目が行われること ...

続きを見る

何度見てもこのクルマには驚かざるを得ない

このウラカンSTO(スーパートロフェオ・オモロガータ)について、ウラカンを用いたワンメイクレース「スーパートロフェオ」を強く意識していますが、このスーパートロフェオ用レース車両については、数々のFIA公認レースにて輝かしい戦績をあげているウラカンGT3 EVOと多くを共有しており、これらの「公道走行のホモロゲーションを取得したモデル(つまり公道バージョン)」がこのウラカンSTOというわけですね。

L1330155

なおランボルギーニ・ウラカンSTOのエンジンは5.2リッターV10、640馬力。

つまりウラカンEVOと同じエンジンということになりますが、駆動方式は4WDから後輪へと改められ、これはレース用のスーパートロフェオEVO、ウラカンGT3 EVOの駆動方式が(レギュレーション上)後輪であることに由来するものと思われます。

0-100km/h加速は3.0秒(ウラカンEVOは2.9秒)、0-200km/h加速9.0秒、最高速度は310km/h(ウラカンEVOは325km/h)というスペックなので「ずばぬけて速い」というわけではなく、しかしこれはダウンフォースを重視したためなのかもしれません。

ボディサイズは全長4,549ミリ、全幅1,945ミリ、全高1,220ミリ(シュノーケルぶんだけ、ウラカンEVOよりも高くなっている)、ホイールベースは2,620ミリ。

前後重量配分は41:59に設定されています。

このウラカンSTOのボディカラーはマットグレー

このウラカンSTOのボディカラーはマットグレー、そしてアクセントはイエロー。

前回展示されていた個体と異なるのはボディカラーのみではなく、「ひし形のグラフィック」。

L1330144

ランボルギーニはこれまでボディ上のレタリングやストライプについて、「塗装」で再現することが多いものの、このひし形については、ボディサイドの「STO」同様に「デカール」が用いられているようですね。

L1330147

フロントフェンダー上にはカーボン製のルーバー、そしてサイドは整流板と一体化したデザインを持っています。

L1330148

ボディサイドには「STO」。

L1330152

ルーフにはシュノーケル。

L1330154

リアフェンダー上にはNACAダクト。

L1330159

リアフェンダーのサイドもまた「整流板」的デザイン。

やはりひし形のイエローはデカールです。

L1330161

リアフェンダーのサイドはかなり「平面」に近いようですね。

L1330168

リアエンドも独自のデザインを持っており、ロングテール化されているようにも見えますね。

L1330172

テールパイプはおそらくウラカンEVOと同じ。

L1330171

テールランプ下からはエキゾーストシステムが覗きます。

L1330169

そしてウラカンSTOの外観上の特徴の一つが「リアウイング」。

L1330160

ウイング自体はカーボン製、そしてもちろん角度調整式です。

L1330177

ちなみにフロントカウルはこんな感じでガバっと前に開きます。

これは「ミウラ」をイメージした部分だそうですが、「コファンゴ」と名付けられています。

L1330188

そして車体側中央にはヘルメットを逆さにしてひとつ収めるだけのスペース。

L1330187

ランボルギーニ・ウラカンSTOの動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンSTO関連投稿

ランボルギーニがディアブロSE30専用色として登場した「ヴィオラ30th」をボディに纏うウラカンSTOを公開
ランボルギーニがディアブロSE30専用色として登場した「ヴィオラ30th」をボディに纏うウラカンSTOを公開!インテリアもブラックにパープルのアクセント

| ディアブロSE30はランボルギーニにとって特別なクルマであるようだ | このウラカンSTOの内外装ともに「パープル/ブラック/シルバー」 さて、ランボルギーニが「ヴィオラ30th(Viola 30 ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンSTOとロジェデュブイとのコラボ腕時計
ロジェデュブイ×ランボルギーニ腕時計コラボ最新モデル!「エクスカリバー・スパイダー・ウラカンSTO」登場。682万円ナリ

| ロジェデュブイ×ランボルギーニ最新モデルはこれまでにないほどの実車再現度 | さて、ランボルギーニは2017年に腕時計ブランド「ロジェデュブイ(Roger Dubuis)」と提携していますが、その ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ■近況について
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5