>ポルシェ(Porsche)

北米にてポルシェ・タイカン大人気!前年同期比の9倍を納車し、「ポルシェで4番目に売れているモデル」に。トップは相変わらずマカンでポルシェ全販売の36%を占める

投稿日:2021/07/05 更新日:

ポルシェ・タイカンのメーター

| ポルシェ・タイカンはパナメーラの顧客を大量に奪ってしまったようだ |

それでもポルシェ・タイカンの販売は加速中

現在北米では「タイカンのパワーロス問題」で揺れており、ほぼ全台数といったレベルのリコールが実施されるのではと言われていますが、こういった問題にかかわらず現在ポルシェ・タイカンの販売が大きく伸びており、北米市場の2021年第1四半期においては大きな伸びを記録したと発表されています。

ポルシェの総販売数自体(北米)も1.5倍ほどに伸びているものの、タイカンはなんと9倍にも伸びており、ポルシェの総販売台数のうち17.7%を占め、堂々たる「4番目に売れているモデル」へと浮上しているようですね。。

ポルシェ各モデルの販売内訳はこうなっている

ポルシェにおける各モデルの販売台数は下記のとおりですが(カッコ内が昨年同時期の実績)、この数字を見る限りではタイカンが思いっきりパナメーラの販売を侵食してしまったということがわかります。

ちなみにポルシェは「タイカンとパナメーラとは競合しない」とコメントしていたものの、それはどうやら見込み違いだったのかもしれません(もうちょっと長い目で見る必要はあると思う)。

2021年第1四半期のポルシェ各モデルの販売

  • マカン・・・6,391台(3,777台)
  • カイエン・・・4,230台(3,822台)
  • 911・・・2,782台(2590台)
  • タイカン・・・2,008台(221台)
  • 718ケイマン/ボクスター・・・1,506台(400台)
  • パナメーラ・・・451台(1,184台)
ポルシェ・パナメーラGTS
現行限りでタイカンにバトンタッチし終了と思われたパナメーラ。ポルシェCEOが「パナメーラが第3世代に移行して生き残る」可能性を示唆

| パナメーラとタイカンとをラインアップに揃えるのは無駄のようにも思えるが | さて、ポルシェCEO、オリバー・ブルーメ氏によると「パナメーラは第3世代を迎えることになるかもしれない」とのこと。現行の ...

続きを見る

このタイカンの躍進について、ポルシェ・カーズ・ノースアメリカ(PCNA)の社長兼CEOであるシェル・グルナー氏は、「情熱的なお客様で構成されるポルシェのコミュニティは拡大を続けており、私たちは彼らを迎えることに興奮しています。象徴的な911から電気自動車のスポーツカーであるタイカン、そしてベストセラーのマカンやカイエンといったSUVに至るまで、私たちのすべての車が期待を上回っています。今年は、新鮮でエキサイティングな商品群に加えて、素晴らしい顧客体験を提供するためのディーラーとのコミットメントのおかげで、さらに勢いを増すでしょう」とコメント。

正直なところ、ここまでタイカンガパナメーラの顧客を侵食するのは想像外ではありましたが、このぶんだと、じきに発表されるであろう「マカンEV」についても、ガソリンエンジン搭載のマカンから多くの顧客を獲得し、ポルシェの進める「エレクトリック化」にはずみをつけることになりそうです。

合わせて読みたい、ポルシェ関連投稿

信じられないが本当だ!欧州ではタイカンがポルシェで最も売れたモデルに。なおパナメーラの客を奪ったようで、こちらは前年比-71%

| たしかに欧州ではタイカンの人気が高く、アウディの工員までもがポルシェでタイカン製造を手伝っているというが | ちょっと信じられないものの、タイカンが「欧州にて、ポルシェでもっとも売れているモデルに ...

続きを見る

ポルシェのコンセプトカー、ヴィジョン・ツーリスモ
ポルシェが「タイカンの下」に位置し、テスラ・モデル3に対抗する安価なEVを発売するとのウワサ!なぜ「低価格モデルは利益が出ないからやらない」方針を翻すのか

| ポルシェはこれまで「利益額が小さく利益率の低い低価格モデルは発売しない」という姿勢を貫いてきたが | EV時代に突入すれば、あらゆる判断基準がこれまでとは異なってくる さて、ポルシェがテスラ・モデ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5