>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

GR86向けのGRパーツ詳細が公開!今度は「装着するとステアリングフィールが向上し、ハンドリングが改善する」サイドバイザーが登場・・・

投稿日:

GR86向けのGRパーツ詳細が公開!今度は「装着するとステアリングフィールが向上し、ハンドリングが改善する」サイドバイザーが登場・・・

| むしろサイドバイザー装着による空気抵抗の増加、乱流の発生のほうが問題のように感じるが |

GRパーツは見ているだけでもけっこう面白い

Gazoo RacingがGR86向けのチューニングパーツを公開。

これらはGR parts Conceptにて紹介されていたものの、今回改めてその詳細が発表されたということに。

今回は「GRパーツ開発に活かすスタディーカーとして法規度外視」というコンセプトを持つGRパーツコンセプト(上の画像)、実際に発売されることになるであろう「合法な」GRパーツという二本立て。

まずは「法規度外視」なGRパーツコンセプトから見てみましょう。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-1-16

GRパーツコンセプトにはこんなチューニングパーツが装着されている

まずはフロント。

ウイングレットそしてカナードによってダウンフォースを獲得しつつ、グリル上段のダクトは「ラムダクト」をイメージしている、とのこと。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-1-7

ホイールハウス、ボンネットにはエアアウトレットが設けられr、これは放熱のため、そしてフロントが吸ったエアがオーバーフローして床下に流れないようにするため。

リアウイングに流れるエアが乱れないよう、その位置にも配慮しているようですね。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-1-9

オーバーフェンダーは片側43ミリワイド。

フロントだとエアブリーザーを拡大し、ホイールハウス内のエアを抜くのに一役買っています。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-1-1

サイドスカートはボディ側面と床下のエアの流れを整え、グラウンドエフェクトを増加。

リアホイール前のエアインレット/アウトレットはボディサイドを流れるエアを横方向へと拡散し、それによってホイールハウス内のエアを吸い出し、ダウンフォースを向上させている、とのこと。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-1-6

リアにはなんとも大きなディフューザーが装着され、レーシングカーのようなフィンが特徴的。

リアバンパーは後方に向けてエッジを立てる「ドッグイヤー」形状にてエアの剥離ポイントを明確化し、ドラッグの低減とハンドリングのブレを防止。

マフラーは排気効率とサウンドにこだわった4本出しです。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-1-2

GTウイングは「航空機の主翼のように翼端に向けて翼弦長を絞り、ウイングレットを設定する事で翼端渦流を小さく抑えた」デザイン。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-1-11

ホイールは19インチ鍛造。

この変形Y自スポークは内面剛性を確保することに優れ、ディープコーン形状を採用することで高いねじり剛性を確保。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-1-1

以上が「法規制度外視」、そして実際に発売されることはないだろうというGRパーツコンセプトの機能そして装備ですが、GRがこれを発売しないとなると、このデザインをモチーフとしたエアロパーツを(いくつかのショップが)採用することになるのかもしれませんね。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-1-15

市販版?GRパーツはこうなっている

そしてこちらがおそらく市販されるであろう(現時点では市販予定や価格について言及されているわけではない)GRパーツ。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-23

当然ながら法規への適応を念頭に置いているため、GRパーツコンセプトよりはユルくなってしまっていますが、そこはやむなしといったところです。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-25

ここでその内容を見てみたいと思いますが、まずはGRフロントスポイラー。

「空力面では空気を受け止める事を意識した上向き面とフロントタイヤ前面をカバーすることで、ドラッグを最小限に抑えている」パーツです。

装着されるカナードはゴム製だそうで、バンパーヒットからバンパー表面を保護してくれるパーツとしても機能しそうですね(本来の目的は、ステアリング操作時のロールスピードを抑制し、リニアなハンドリングを実現)。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-16

GRサイドスカートについては、リアタイヤ前の鉤爪形状がボディ側面を流れるエアを整流します。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-14

リアだとバンパースポイラーの他、ダックテール式スポイラーも。

フロントにて強化されるダウンフォースとのバランスも考えられているようです。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-11

こちらはGRフェンダーダクトフィン。

「機能を視覚化した」というドレスアップパーツで、法規を守ったGRパーツ版だと、どうしても「見た目系」が多くなってしまう模様。

ホイールは19インチ鍛造を採用しており、GRパーツコンセプトにかなり近い仕上がりですね。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-15

おなじみサイドバイザー。

Gazoo Racingによると、バイザー前後にエアロス対ライジングフィンを配置しており、ステアリングフィール向上、さらにはリニアなハンドリングが得られるとのこと。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-20

GRパーツからは、かの有名な「アルミテープ」や、塗るだけで速くなるコーティング剤などが発売されていますが、このサイドバイザーはさすがに「怪しい」と考えています。

TRD/GRより新型ハリアー向けのエアロ/機能パーツ発売!あの「貼るだけで」速くなるアルミテープ、「塗るだけで」性能が向上するコーティング剤も

| TRDには「GRパーツ担当」という新たな道が与えられたようだ | TRDが新型トヨタ・ハリアー向けのカスタムパーツを発売。これまでも新型ハリアー向けとしてはモデリスタ(GLAN BLAZE/AVA ...

続きを見る

付ける派?付けない派?サイドバイザー(ドアバイザー)。ボクの試算だとトヨタはこれで最低167億円を稼いでいる

| 多くの人はその存在を当たり前だと思っている | 最近、こんなことを聞かれたんですよ。「いつもクルマにサイドバイザー付けてないですよね?なんで付けないんですか?」、と。ぼくとしては「いやいやいやいや ...

続きを見る

こちらは全長調整式のGRサスペンションキット。

アブソーバーロッドにはDLCコーティングがなされ、フリクションが低減されているほか、ステアリングを切り込んだときの動きにこだわった、とのこと。

ブレーキは前後ともモノブロックが用意されています。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-17

インテリアだと鍛造カーボン製の「インテリアパネル」も。

ダッシュボード下部やドアスイッチカバー、センターコンソールカバーがラインアップ。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-5

そしてこちらはなかなか面白い、アルミ製のバンパー(GR鍛造ホイールのデザインをオマージュ)、アラミド繊維のカバーにて構成されます。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-1

そのほか、フューエルリッドガーニッシュといったアクセサリーも。

Toyota-GR-86-Gazoo-Concept-2-25

参照:TRD Parts

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5