ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ブガッティ

ブガッティがチェントディエチの風洞実験が終了したと発表。「EB110を意識したスタイルを持つためにシロンとは全く空気の流れが異なる」。さらに+100馬力分の冷却も必要に

投稿日:

ブガッティがチェントディエチの風洞実験が終了したと発表。「EB110を意識したスタイルを持つためにシロンとは全く空気の流れが異なる」。さらに+100馬力分の冷却も必要に

| ブガッティはここ最近、各限定モデルの価格を正当化するためか開発中の様子を積極的に公開している |

どのモデルも同じように開発の手間がかかるため、台数が少ないモデルほど価格が高価に

さて、ブガッティが「チェントディエチの風洞実験が終了した」とアナウンス。

ブガッティはこれまでにもシロン・ピュールスポール、ディーヴォ、シロン・スーパースポーツ300+などの限定モデルを発表していますが、それぞれに異なるエアロパッケージを持ち、設定される最高速も異なります。

そのためブガッティはそれぞれのモデルについて非常に長い期間をかけてテストを行うことになり、しかしこれら限定モデルについては並行して開発・生産するのではなく「順番に」開発を進めており、たとえば「ディーヴォの開発と生産が終了したら次はチェントディエチ」という具合です。

2022-Bugatti-Centodieci-Wind-Tunnel-09

「ハイパーカーを開発するのに1台であっても10台であっても500台であってもかける手間はかわらない |

ブガッティによると、この開発プロセスは、ラ・ヴォワチュール・ノワールのようなワンオフ車も含めてすべてのクルマに実施されており、ブガッティのワンオフプロジェクトのテクニカルプロジェクトマネージャーであるアンドレ・クリグ氏によれば、「我々エンジニアにとって、ハイパースポーツカーを1台でも10台でも500台でも開発することについて、その内容に違いはありません。その努力は同じで、量産に適用される品質と安全基準を満たすこと、さらにはそれを超えることを望んでいます」とのこと。

2022-Bugatti-Centodieci-Wind-Tunnel-05

そう考えると、開発にかかる手間が車両価格に大きく反映されることになるのはしごく当然で、限定台数わずか10台というチェントディエチの場合、どうしても「40台限定の」ディーヴォよりも高価になってしまい(1台あたりのテスト費用が単純に4倍)、チェントディエチの価格が10億円、ディーヴォが6億円というのにも納得してしまいますね。

加えて、ブガッティは(シロンの世代に入ってから)ハンドリング性能と高速走行性能は両立できないとコメントしており、モデルごとにその性格を明確に分けていますが、となるとそのぶんだけ異なる「サスペンションやギア比、ステアリング、電子制御の設定が存在する」ことに。

これがまたブガッティの各限定モデルのコストを押し上げる原因だと考えてよく、結果的に車両価格が高くなってしまうわけですね。

ブガッティ「シロン・ピュール・スポールがなぜ通常のシロンの2倍以上の価格なのか?その理由はこうだ」

| たしかに見た目があまり変わらないのに「倍の値段」はおかしいと思ってた |この記事のもくじ| たしかに見た目があまり変わらないのに「倍の値段」はおかしいと思ってた |ブガッティ・シロン・ピュール・ス ...

続きを見る

チェントディエチではエアの流れがシロンとは全く異なる

チェントディエチは2019年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスで発表されており、「シロン」をベースにするものの、「EB110」にインスパイアされたボディを持っています。

さらにシロンよりも44ポンド(20kg)軽く、8.0リッター・クワッドターボW16は1,577馬力(1,600PS / 1,177kW)を発揮するというブガッティ中でも最強クラスのスペックを誇るハイパーカー(シロンよりも100PS多い)。

ブガッティ設立110周年記念にしてEB110へのオマージュ”チェントディエチ(Centodieci)”正式発表!「次の100年に向け、過去とテクノロジーとを融合させた」

| 限定台数は10台、価格は9億4400万円、納車ペースは年に2台のみ | ブガッティが創立110周年記念車として「ブガッティ・チェントディエチ(Bugatti Centodieci)」を発表。ベース ...

続きを見る

なお、EB110にインスパイアされているという点においてチェントディエチはほかモデルと大きく異るボディパネルを持ち、フロントの馬蹄グリルが小さく、フロントが平らになっているため、空気の流れが「全く異なる」ようですね。

よってブガッティのエンジニアは350km/h以上のスピードでも正確極まりないハンドリングを実現できるよう、今回の風洞実験で得られたデータをもとにフロントディフューザーのフラップとリアウィングの角度を調整したりと様々な苦労を経験することに。

2022-Bugatti-Centodieci-Wind-Tunnel-03

加えて「100馬力」のパワーアップは、そのぶん熱のコントロールに対してシビアであるということを意味しており、エンジン、ブレーキ、ギアボックスの油温についても今回の風洞実験にて常時モニタリングを行った、とのこと。

さらには荷重を変化させながら素早くコーナーを曲がるときのハンドリングをシミュレートするために、風がボディに対し、様々な角度で当たるテストも行われたそうですが、現代の風洞はかなり多くのテストを行えるようですね。

今回はまだ「風洞実験が終わった」のみであり、今後様々なテストを継続して行うため納車は来年になるとのことですが、エンジニアたちは今後数週間でさらに多くの走行距離を記録し、最終的なセットアップを選択する、とアナウンスされています。

2022-Bugatti-Centodieci-Wind-Tunnel-02

ブガッティがチェントディエチの風洞実験を行う動画はこちら

合わせて読みたい、ブガッティ関連投稿

ブガッティが「シロン・スーパースポーツ」の開発最終段階に突入したと発表
ブガッティが「シロン・スーパースポーツ」の開発最終段階に突入したと発表。最高速440km/hで安全に走るためには100個ものセンサーを装着

| 派生モデルごとにコストの掛かるテストを実施しているのが「同じシロンなのに効果になってしまう」理由 |この記事のもくじ| 派生モデルごとにコストの掛かるテストを実施しているのが「同じシロンなのに効果 ...

続きを見る

ブガッティ・チェントディエチ
ブガッティが「チェントディエチ」開発車両の画像を公開!ボディパネルが一切ない状態はむしろ完成状態よりもスゴ味がある!!

| ブガッティがこういった車両の状態を公開するのは珍しい |この記事のもくじ| ブガッティがこういった車両の状態を公開するのは珍しい |現時点ではコンピューター上のチェックのみブガッティ・ディーヴォは ...

続きを見る

ブガッティ・ディーヴォの納車開始!完成後には350kmの試験走行、空港での加速や減速テスト、6時間におよぶ塗装チェックを経て出荷されることに

| ブガッティは想像を遥かに超える品質管理を行っていた |この記事のもくじ| ブガッティは想像を遥かに超える品質管理を行っていた |なぜ顧客向けの新車が公道を走行?ブガッティ・シロン・ピュールスポール ...

続きを見る

参照:Bugatti

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ブガッティ
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5