ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンF1マシン(MP4-26)の実物大モックアップが販売中!これはぜひ家の中に置いておきたいな・・・

投稿日:

マクラーレンMP4-26 F1マシンのスタティックモデル

| マクラーレンの依頼によって正式に製作されたプロモーション用モックアップ |

モックアップといえど一部パーツは実車と同じものを使用

さて、マクラーレンF1マシン(MP4-26)が現在販売中。

ただしこれはプロモーションのために製作された「実物大模型」だそうですが、出品者いわく「本物と見分けがつかない」とのこと。

たしかにどう見ても本物と同じように見受けられ、これが(画像のように)家の中にあると毎日の生活がぐっと楽しくなりそうですね。

重量がどれくらいなのかはわかりませんが、もともと模型として作られているだけにけっこう軽いものと思われ、よくコレクターがやるように「壁にかける」のもいいかもしれません。

McLaren-MP4-26-9

制作されたのは2011年

なお、この「実物大」MP4-26が制作されたのは2011年で、当時のF1マシンと同じボーダフォンのカラーリング、そしてエンジン吸気口にはルイス・ハミルトンの名も。

McLaren-MP4-26-3

マクラーレンMP4-26は、2011年のコンストラクターズチャンピオンとドライバーズチャンピオンを獲得することはできず。

McLaren-MP4-26-4

ただしマクラーレンにとっては成功したマシンのひとつであることには変わりがなく、ルイス・ハミルトンジェンソン・とバトンのドライブによって6勝をあげ、さらには18回の表彰台、1回のポールポジションを獲得しています。

McLaren-MP4-26-5

ただし模型といえども、ルイス・ハミルトンやジェンソン・バトンが乗っていたF1マシンと同じ純正部品が数多く使われており、例えば、2011年シーズンのピレリPゼロコンパウンド3タイヤを装着したエンケイ製の純正ホイールが装着済み。

McLaren-MP4-26-2

サスアームやモノコックもカーボン製で、展示のために制作されたと言うよりもランニングコンポーネントを抜いた本物の車両のようにも見えますね。

McLaren-MP4-26-14

シートベルトもちゃんとシュロス製。

McLaren-MP4-26-12

ステアリングホイールも本物のF1マシン同様。

McLaren-MP4-26-11

出品物には、ザク・ブラウン氏のサインが入った額入りの鑑定書が含まれ、赤いホイールのセンターロックカバーなどに細かい傷があることが記載されています。

McLaren-MP4-26-15

合わせて読みたい、F1マシン関連投稿

ルイス・ハミルトンがドライブしたマクラーレンF1
はじめて「ルイス・ハミルトンがドライブしたF1マシン(MP4-25A)」が競売に!7.2億円で落札され、F1マシン史上2番めの高額落札に

| 今後もルイス・ハミルトンが運転したF1マシンはそうそうオークションに登場しないと思われ、非常に価値は高い |この記事のもくじ| 今後もルイス・ハミルトンが運転したF1マシンはそうそうオークションに ...

続きを見る

シューマッハが5度目のタイトルを決めた”F2002”が競売にてF1マシン史上2番めの7.3億にて落札。なおトップもシューマッハのドライブした”F2001”

| もう一度、その姿を見せてほしいものだ |この記事のもくじ| もう一度、その姿を見せてほしいものだ |このF2002を最初にドライブしたのはルーベンス・バリチェロ今後はフェラーリによってエンジン、ト ...

続きを見る

【競売】エンツォの手が入った最後のF1マシン、F187。ミケーレ・アルボレートの乗った#100

| 最後のエンツォ世代となるF1マシン | 1987年のフェラーリF1マシンがオークションに登場予定。 これはミケーレ・アルボレートが当時ドライブしたフェラーリF1/87(F187)で、エンツォ・フェ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5