>ブガッティ(BUGATTI)

ブガッティが「シロン スーパースポーツ300+初回生産8台の納車を開始する」と発表!なんと全部同じカラー、そして8台で36億8000万円

投稿日:2021/09/24 更新日:

ブガッティが「シロン スーパースポーツ300+の初回生産8台を出荷する」と発表!なんと全部同じカラー、そして8台で36億8000万円

| これまで「車両ごとの個性」を重んじてきたブガッティだけに、「全部同じカラー」とはちょっと意外 |

ただし一台のみがオプションの「スカイビュー」装着

さて、ブガッティは「シロン スーパースポーツ300+(プロトタイプ)」にて時速490.484キロを記録し(ギネス認定ではないものの)世界最速の座を奪還していますが、それとほぼ時を同じくして、この記録達成車と同じ仕様を持つシロンの市販を決定することに。

そして今回ブガッティはその「シロン スーパースポーツ300+」市販モデルの初回生産分8台を出荷する準備が整ったとアナウンスしており、なんとそのボディカラーは「全部同じ」。

ただ、一台だけにオプションの「スカイビュー」が取り付けられているようですね。

bugatti-ciron-sc300 (4)

レトロ?フューチャー?ブガッティがシロンのイメージを一新させるオプション「スカイビュー」公開

| まるでコンセプトカー?ブガッティの新オプション | ブガッティが突如シロンの新オプションとして「スカイ・ビュー・ルーフ」発表。 画像を見るとコンセプトカーのような斬新な印象ですが、ガラスの四隅を丸 ...

続きを見る

アクセントは「ジェットオレンジ」

このシロン スーパースポーツ300+のボディは漆黒のカーボンファイバー、そしてレーシングストライプは「ジェットオレンジ」。

つまりこの8台が身にまとうのは記録達成車とまったく同じカラーリングということになりますが、これまでブガッティは「それぞれの車両の個性」を重んじて顧客の要望に従い一台一台異なる仕様を持たせており、そういった事情からすると(全てが同じカラーというのは)かなり意外。

ただ、ブガッティの生産・物流部門のマネージング・ディレクターであるクリストフ・ピオション氏によると、「シロン スーパースポーツ300+はブガッティ史上最速のハイパースポーツカーであり、ブガッティブランドの代名詞であるエンジニアリングへの情熱、技術的専門知識、パフォーマンスへの飽くなき追求を如実に物語っています。かつては到達できないと考えられていたレベルまで自動車のパフォーマンスを向上させたことで、ブガッティの輝かしい歴史の礎として永遠に残るでしょう」とコメントしているので、このカラーリングは「記録とセット」、そして「記録の証拠」として変更することはできないのかもしれません。

bugatti-ciron-sc300 (2)

参考ブガッティが顧客によってカスタムされたディーヴォ4台を公開!「仕様を決めるだけで1年」「アジア人は斬新な色を好む」「子供の足跡を入れてほしいという人も」

| ブガッティはほか自動車メーカーとは全く異なるところにリソースを割いていそうだ | さて、コロナウイルスの影響下にて一時操業を停止していたブガッティ。その期間であっても開発の手を緩めなかったことが明 ...

続きを見る

かつては到達できないと考えられていたレベル シロン スーパースポーツ300+はこんなクルマ

そしてこのシロン スーパースポーツ300+は上述の通りわずか30台のみの限定生産となり、その価格は350万ユーロ(4億6000万円くらい)に設定されています。

カーボンファイバーが使用されるのはボディだけではなくエンジンカバーやワイパーまでにもおよび、フロントグリル内のエンブレムは「シルバーとブラック」の専用品が使用され(通常はレッド)、ホイールにはマグネシウム合金が用いられています(”ノクターン”と呼ばれる特注カラー)。

bugatti-ciron-sc300 (6)

JUN
今回の8台だけでも36億8000万円!

未知の領域に達するためには強大なパワーが必要で、ブガッティのアイコンでもある8.0リッターW16エンジンは、通常のシロンに比較して+100馬力を上乗せした1600馬力。

このパワーを担保するため、ブガッティのエンジニアは新しい熱管理システムを開発し、最高速度で走行しているときでもエンジンとギアボックスが冷却されるようにした、とアナウンスされています。

bugatti-ciron-sc300 (5)

なお、ブガッティは過去に「最高速とハンドリングとは両立できない」と語っていて、ハンドリング面については「シロンスポーツ」「シロン ピュールスポール」が担当し、このシロン スーパースポーツ300+が挑むのは「最高速」。

その実現は「空力学的に最適化されたボディによって」なされ、時速420kmを超えても完全に安定した状態で走行できるといい、最も大きな視覚的変化は25cm延長されたロングテール(層流がボディの上をより長く通過することを可能にし、空気力学的失速を40%以上も低減している)。

bugatti-ciron-sc300 (3)

さらにフロントコーナーにはエアカーテンが装着されて余分な空気圧を車の側面に向けて分散させ、それと同時にホイールアーチと前輪の後方に設けられたエアアウトレットからは過剰な圧力を各ホイールハウスから抜き出して「少量の負の揚力を発生させ」抵抗を低減している、とのこと。

ここからは残りの22台の生産に取り掛かることになるかと思いますが、すべてのシロン スーパースポーツ300+が揃った図を見てみたい気もしますね。

合わせて読みたい、ブガッティ シロン スーパースポーツ300+関連投稿

世界最速を記録したブガッティ・シロン”スーパースポーツ300+”の発売が決まった模様。加えてブガッティは「ケーニグセグと同じ場所なら515km/hも可能だ」

| ケーニグセグの記録は標高1,000メートル、空気抵抗の薄い環境での達成 | 先日ブガッティは「シロン”ロングテール(スーパースポーツ300+)”」にて最高速度483km/hというとんでもない記録を ...

続きを見る

【動画】新型ブガッティ・シロン”スーパースポーツ300+”プロトタイプが490km/hを記録し公式に「世界最速のクルマ」に!ケーニグセグの446km/hを大きく更新

| ただしブガッティは今回限りで「競争から身を引く」 | 先日、トップギアがブガッティ・シロンスポーツにて時速423キロをマークしたとお伝えしましたが、今回はなんと「新型シロン(スーパースポーツ300 ...

続きを見る

ブガッティが世界最高速を記録した「シロン・スーパースポーツ300+」を30台限定、3.3億円にて発売すると公表。発表の場で契約書にサインする人も

| 発売されるとは思っていたが、こんなに早い発売とは | 先日「世界最高速」を記録したブガッティ・シロン”ロングテール”ですが、その名を「シロン・スーパースポーツ300+」として30台限定にて発売する ...

続きを見る

参照:Bugatti

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ブガッティ(BUGATTI)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5