ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■近況について ●ランボルギーニ・ウラカン

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDへのペイントプロテクションフィルム(PPF)施工後はじめての洗車!施工前との勝手の違いにちょっと戸惑う

投稿日:2021/11/29 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDへのペイントプロテクションフィルム(PPF)施工後はじめての洗車!施工前との勝手の違いにちょっと戸惑う

| 結果的には、やはりペイントプロテクションフィルムを貼ってよかったと思う |

これから新車注文時にはPPFがボクのスタンダードとなりそうだ

さて、久々にランボルギーニ・ウラカンEVO RWDを洗車。

ペイントプロテクションフィルム(PPF)施工後はじめての洗車ということになりますが、それだけにちょっと新鮮な気持ちにて、そしてちょっと緊張しての洗車となっています。

ペイントプロテクションフィルム自体は可能な限り境界線や継ぎ目、切れ目が露出しないように貼ってもらっているものの、部位によってはどうしても「「PPFを貼っている部分と貼っていない部分」との境界が生じてしまい、そういったところへ高圧にて水をかけたり、ウエスやスポンジが引っかかると、その勢いでもって「ペリッと」PPFが剥がれるんじゃないかと心配しているわけですね。

L1370295

ひとまずは無事に洗車終了

なお、ぼくは洗車に際して高圧洗浄機を使用しておらず、ホースの先に園芸用のシャワーヘッドを取り付け、そこから水を掛ける程度。

(このシャワーヘッドでの)水圧を高めての噴射はブレーキ関連やボディ下回り、ダクト内部のみへの使用に留めていて、よって今までもボディ全体には「軽いシャワー」くらいの水流にて水をかけるようにしていますが、プロテクションフィルム施工後もこれを継続すれば問題はないかと考えています。

ただ、懸念としてはウエスやスポンジの引っかかりで、これについても実際に洗車してみるととくに問題とはならず(やはりペイントプロテクションフィルムのカットもそのあたりは考えられた形状を持っているようで、かつボディとの密着度も高いためにそう簡単には剥がれそうにない)、現在のところトラブルなく洗車が終了しています。

L1370298

ただし洗った感じはこれまでとは「ちょっと違う」

しかしながら洗車や拭き取りについてはペイントプロテクションフィルム施工前の洗車とはやや異なり、洗車時については、これまで泡がすぐにボディから垂れて落ちていたものの、PPF施工後は泡が自然に流れずに「ボディ表面に残っている」ような感じ。

もちろん水をかければきれいに流れ落ちはしますが、これは「おや」と思うほど施工前と施工後とに差異があります。

そのほか撥水性にも差異があり、泡と同様に水が(これまでのように)コロコロと流れ落ちないもよう。

ちなみにぼくはボディに水をかけて泡を落とした後、ブロワーにて水分を飛ばしていますが、これまでと同じようにブロワーの風を当てても水玉が飛んでゆかず、ペイントプロテクションフィルム上に水分が残り、よって拭き上げにちょっと時間がかかることとなっています。

dsc00235

ただ、拭き上げについては、ペイントプロテクションフィルム施工前のように「腫れ物に触れるがごとく」そっと塗装面に触れるのではなく、PPFの上から思いっきりサッと拭くことができるため、慣れるに従い洗車の効率も上がるのかもしれません。

そして留意しないといけないのは、「水が流れ落ちにくいので」外出中に雨に降られた場合にも水分(水滴)が表面に残り、その後日が照ったりするとウォータースポットが残りそう。

その場合はクリーナーで落とすことになるかと思いますが(そのためのクリーナーも付属している)、今後ちょっとの間、これまでの「PPF非施工」との差に戸惑うケースが出てくるのかもしれません。

L1370285

ランボルギーニ・ウラカンの洗車/メンテナンスグッズを紹介。その方法についても解説してみる

さて先日はBMW i3用の洗車グッズを紹介しましたが、今回はランボルギーニ・ウラカン編。 上の画像は通称「ウラカン・セット」で、バケツ自体はオートバックスで購入してきたもの。 この中に洗車用品を入れて ...

続きを見る

ペイントプロテクションフィルム施工後の印象を述べた動画はこちら

合わせて読みたい、ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD関連投稿

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD
今日のランボルギーニ・ウラカンEVO RWD。結局、フロントに続きサイドとリアにもペイントプロテクションフィルム(PPF)を貼ることにした

| なんとなくこの結果は予想できてはいたが |この記事のもくじ| なんとなくこの結果は予想できてはいたが |そのぶんコストはかかるが、やむを得ないやはりプロテクションフィルムは安心感が違うその対価はけ ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD久々に洗車。軽量鍛造ホイールは「肉抜き」のためにちょっと洗いにくく、現在はムートンを使用することで対応中
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD久々に洗車。軽量鍛造ホイールは「肉抜き」のためにちょっと洗いにくく、現在はムートンを使用することで対応中

| カーボンディスクローターをオプションで入れているのでブレーキダストがほぼ出ないのが幸い |この記事のもくじ| カーボンディスクローターをオプションで入れているのでブレーキダストがほぼ出ないのが幸い ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD3度めの洗車
ランボルギーニ・ウラカンEVO RWD二度めの洗車!さっそく飛び石キズを見つけてちょっとブルーに(ボクはプロテクションフィルムを貼ってない)

| ただしいつかは飛び石キズが入ることを理解していた |この記事のもくじ| ただしいつかは飛び石キズが入ることを理解していた |ウラカンEVO RWDの洗車にも慣れてきたこれからしばらくは黄砂に注意合 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■近況について, ●ランボルギーニ・ウラカン
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5