ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

■そのほか自動車関連/ネタなど

チップ(半導体)不足が一時的に緩和され納車が進む?台湾のチップ供給元5社が増産を行ったと報じられるも、これは「その場しのぎ」にしかならないもよう

投稿日:2021/12/08 更新日:

レクサスNX

| 急激な増産は難しく、これは「時間をかけてゆっくりと供給を増やす」以外の手段はなさそう |

2022年にチップ不足が解消するという見方もあれば、2023年にも解消しないという分析もあるようだ

さて、現在自動車業界(だけではありませんが)にて大きな問題となっているチップ不足。

チップが不足していてクルマが生産できず、自動車メーカーは「納車を待たせるよりは」といった判断にてシートヒーターを削除したりタッチパネルの使用を取りやめたり、数々のデジタル装備をアナログに戻すという対応を行っているものの、それでもまだまだチップが足りずに車両の生産がままならない状態が続いているわけですね。

メルセデス・ベンツ
一体何なのこのチップ不足!メルセデス・ベンツは「1年以上生産が遅れる」可能性を示唆、なぜチップ(半導体)不足が起きるのか

| 自動車の制御複雑化、電子製品の需要増加、しかしコロナ禍による生産能力の低下というトリプルパンチ |この記事のもくじ| 自動車の制御複雑化、電子製品の需要増加、しかしコロナ禍による生産能力の低下とい ...

続きを見る

なぜチップが足りないのか

昨今報道されるチップ(半導体)について、自動車業界で主に不足しているのではマイクロ・コントローラー・ユニット・チップ(MUCチップ)。

これはエンジンはもちろんABSやトラクションコントロール、エアバッグといった自動車の主要機能を司るもので、1台のクルマにおよそ100個ほど使用されていると言われます。

なお、こういったチップの(1台あたり)使用数は年々増加しているといい、クルマの制御の複雑化、運転支援装置の拡充、インフォテイメントシステムの充実によって飛躍的に要求されるチップが増えていて、車両のハイテク化がこのチップ不足を招いているのは間違いなさそう(逆に「ちょっと前のガソリン車であれば、数十個もチップがあれば事足りた」とも)。

メルセデス・ベンツ
ついにチップ(半導体不足)の影響がここまで!高級車から「シートヒーター」「パワーシート」「タッチ式ディスプレイ」等の高級/先進装備が消えてデジタルからアナログに逆戻り

| ハイテクからローテクへ「時代が数年前に戻ったようだ」 |この記事のもくじ| ハイテクからローテクへ「時代が数年前に戻ったようだ」 |まさかここまで半導体が足りなくなるとはいったい今、新車に何が起き ...

続きを見る

ちなみにこのチップは家電やPS5などの家庭用ゲーム機、コンピューターやスマートフォンにも使用されており、昨今のコロナ蔓延に関係する「在宅ワーク・巣ごもり需要」によるデジタル機器の販売増加も(チップ不足の)原因のひとつではないか、と報じられていますね。

チップの増産が報じられてはいるが

そして今回報道されているのが台湾のチップメーカーが「増産を行っている」というもので、これによるとルネサスエレクトロニクス、NXPセミコンダクターズ、インフィニオン、STマイクロエレクトロニクス、テキサス・インスツルメンツの5社がチップを増産中。

よって出荷数が増えていると言われますが、増産できた分は「一時しのぎ」程度だと言われ、年内にはまた在庫が底をつき、2022年早々には再びチップ不足が自動車メーカーを飲み込むだろうとも言われています。

L1370370

なお、チップが足りないなら作ればいいじゃない、とも考えたりするのですが、これは原油の増産とは全く事情が異なって「やろうと思えばできる」「意図的に増産しない」のではなく「やろうと思ってもできない」。

自動車メーカーの立場からすると、自社で使用するチップはファウンドリー(受託製造会社)にて生産していますが、このファウンドリーを増やしたり、より生産能力の高いファウンドリーへと移行させようとしたとしても、生産設備の構築や、特許の調整や各種契約によって「1年以上はかかる」と言われます。

そしてファウンドリー側からすれば「コロナの影響にて販売が減少した自動車向けのチップ生産を減らし、代わりに需要が増加したデジタル機器向けのチップを生産している」状態であり、しかし自動車の需要が回復したからといって「増産」を要求されたとしても、すでに組み直した生産ラインをもとに戻すのは容易ではなく(ラインを停止させればそのぶん生産量が減る)、よって自動車向けチップの生産をすぐに増やすことが難しいのだとも報じられています。

こういった感じで複数要因が絡んでいるのが「チップ(半導体)不足」の現実ですが、1年でこれが解消されると見込む専門家もいれば、2023年になっても解消されないだろうと見る向きもあり、こればかりは「動向を見守るしかない」のかもしれません。

合わせて読みたい、半導体不足関連投稿

アウディのステアリングホイール
アウディCEO「チップ不足はパーフェクトストームのようだ」。しかしそれを乗り切ることに自信を見せ「3年以内にEVをガソリン車よりも利益が出るようにする」

| 現在の自動車会社の経営は今までにはない方面への配慮が要求されそうだ |この記事のもくじ| 現在の自動車会社の経営は今までにはない方面への配慮が要求されそうだ |EVの製造コストが下がる一方、今後ガ ...

続きを見る

フォルクスワーゲン
チップ不足にてVWの生産が1958年の水準まで逆戻り!同社最大の工場では年産100万台が30万台へ減産を強いられるも、テスラはチップ不足に適切に対処して利益記録を更新

| チップ不足によって、自動車業界全体では770万台もの減産が生じているらしい |この記事のもくじ| チップ不足によって、自動車業界全体では770万台もの減産が生じているらしい |まさかここまでの影響 ...

続きを見る

ホンダ・ヴェゼル
チップ不足は自動車ディーラーにとっては「追い風」?在庫一掃にて売上高が増加し、値引きの必要がなくなったので利益も増加したもよう。なお全米での新車販売価格は過去最高の500万円オーバー

| チップ不足は自動車ディーラーにとっては一時的な「追い風」に |この記事のもくじ| チップ不足は自動車ディーラーにとっては一時的な「追い風」に |ただしディーラーが在庫を売り切った後には「タマ不足」 ...

続きを見る

参照:Autoevolution

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

-■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5