ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>マクラーレン(McLaren) ■映画や音楽、本、ゲームについて

【動画】前ビートルズのギタリスト、ジョージ・ハリスン所有のマクラーレンF1ほか6台のF1が一気に揃い、時価総額がなんとその場だけで175億円に

投稿日:2022/04/06 更新日:

【動画】前ビートルズのギタリスト、ジョージ・ハリスン所有のマクラーレンF1ほか6台のF1が一気に揃い、時価総額がなんとその場だけで175億円に

| ジョージ・ハリスンのマクラーレンF1が公の場に登場するのは25年ぶり、そして「もっともカスタムされたF1」としても有名 |

この時代でブラックのホイールは珍しい。なお車体のあちこちにはヒンドゥー文字が記される

さて、先日パリにて開催された「サロン・レトロモビル」にて6台のマクラーレンF1が展示され、総額がおよそ175億円にも達するとして話題に。

この中の目玉は2つあり、ひとつは3台のみしか製造されたなかったマクラーレンF1 GT、そして(ビートルズのギタリストであった)ジョージ・ハリスンのマクラーレンF1。

11

なお、このダークグリーンのマクラーレンF1 GT(シャシーナンバー56XPGT)は現在でもマクラーレンが所有しているといい、2015年のジュネーブ・モーターショーにて展示されたことがあるものの、それを除くと「一般の目に触れることはほとんどない」貴重な個体なのだそう。

3台のうちもう一台については、ブルネイのスルタンが所有していて、こちらは先日メンテナンスのため航空機に積まれてマクラーレン本社まで輸送される様子が捉えられていますね。

10

ブルネイ王室所蔵、世界に3台しかないマクラーレンF1 GTRのひとつが初めて目撃!マクラーレンにてレストアするため航空機に積み込み中?
ブルネイ王室所蔵、世界に3台しかないマクラーレンF1 GTRのひとつが初めて目撃!マクラーレンにてレストアするため航空機に積み込み中?

| それにしても、よくこんな貴重な瞬間を写真に収めたものだ |この記事のもくじ| それにしても、よくこんな貴重な瞬間を写真に収めたものだ |ブルネイ王室は現在でも最低7-8台のマクラーレンF1を所有し ...

続きを見る

ジョージ・ハリスン所有のマクラーレンF1は「もっともカスタムされた」個体

そしてこちらはジョージ・ハリスン所有のマクラーレンF1。

1

この25年間公の前に姿を表したことはないといい、ボディカラーはダークパープルパール。

14

ホイールは珍しいブラックサテン、そしてセンターロックのナットにはヒンズー語の文字が記されます。

12

ドアを開いたところにもヒンズー文字。

16

シートのセンターはパープル、シートバックにはガネーシャ(ヒンズー教の神の一人)が描かれているのだそう。

15

ちなみに内装の素材とマッチした仕様を持つギターケースも特別に作られた、とのこと。

13

そのほかにはこんなマクラーレンF1も展示されている

そしてこちらはブラックメタリックの「通常の」F1。

8

インテリアはベージュです。

9

こちらはホワイト(けっこう珍しい)のF1。

4

このシルバーのF1はサイドに「XP3」とあるので、開発用のプロトタイプ(の3番目)ということになりそうです。

2

こちらはマクラーレンF1 XP3のインテリア。

5

一見するとレーシングカーようですが、実は公道走行可能な仕様にコンバートされたマクラーレンF1 GTR(たしかにフロントにはナンバープレートが装着されている)。

7

テールは「ショート」です。

6

そしてこちらはかの有名なマクラーレンF1 GTRロングテール。

マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)が開始した「F1認定精度第一号」となる1997年製の”25R”F1 GTR ロングテールで、MSOにてフルレストアされた個体です。

3

マクラーレンが「F1」の認定制度を開始。第一号は日本で8年間戦った「R25」F1 GTRロングテール

| マクラーレンが”F1”の認定プログラムをスタート | マクラーレンのカスタム部門、MSO(マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ)が新しく「(ロードカーの)F1」向けの保証(認定)サービスを開 ...

続きを見る

ジョージ・ハリスンの所有ほか、6台のマクラーレンF1を紹介する動画はこちら

参照:TheTFJJ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->マクラーレン(McLaren), ■映画や音楽、本、ゲームについて
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5