ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

アルピナが新型B3とD3 S(セダン、ツーリング)発表!新型3シリーズベース、本家BMW 3シリーズのフェイスリフトよりも先に登場することに

投稿日:2022/05/27 更新日:

アルピナが新型B3とD3 S(セダン、ツーリング)発表!新型3シリーズベース、本家BMW 3シリーズのフェイスリフトよりも先に登場することに

| どんどんBMWとの共通パーツが増えているようだが、随所でアルピナらしさを強調 |

やはりアルピナストライプには格別の高級感がある

さて、BMWはつい先日3シリーズのフェイスリフト(マイナーチェンジ)版を発表しましたが、今回はアルピナよりガソリンエンジンを搭載したB3リムジン(セダン)そしてB3ツーリング(ワゴン)、そしてディーゼルエンジン搭載のD3 Sが発表されることに。

現在アルピナはBMW傘下に収まっているものの、ちょっと前から提携を行っており、その成果として(本家BMWの)モデルチェンジやフェイスリフト後にタイムラグなくアルピナ名義のニューモデルを発売できるようになっています。

ちなみにこのアルピナB3リムジン / B3ツーリングとアルピナD3 Sリムジン / D3 Sツーリングについて、日本のアルピナの公式サイトではすでに詳細が公表されており、しかしBMWのほうでは新型3シリーズについて日本ではまだ発表がなされておらず、「逆転現象」が起きているのは面白いところですね。

2023-Alpina-B3-13

BMWが新型3シリーズを発表!より高級に、より洗練され、よりダイナミックに。最近のBMWのフェイスリフトでは「もっとも歓迎すべき」例に?
BMWが新型3シリーズを発表!より高級に、より洗練され、よりダイナミックに。最近のBMWのフェイスリフトでは「もっとも歓迎すべき」例に?

| 雰囲気的にはひとつ車格が上がったようにも感じられる |この記事のもくじ| 雰囲気的にはひとつ車格が上がったようにも感じられる |とくにシャープで筋肉質になったという印象が強いBMW 3シリーズの歴 ...

続きを見る

アルピナB3リムジン / B3ツーリングはこんなクルマ

そしてこのアルピナB3リムジン / B3ツーリングについて、搭載されるエンジンは3リッター6気筒ターボ、そして出力は495PS / 730Nmというスペックを持ち、フェイスリフト前と比較するとそれぞれ33PS / 30Nmの向上となっています。

2023-Alpina-B3-28

ただ、この数値は「M3に近づきすぎないよう」意図的に調整されている可能性もありそうですね。

2023-Alpina-B3-24

トランスミッションは8速スポーツ・オートマチック、駆動方式は4WD(xDrive)、そして0−100km/h加速は3.6秒(ツーリングは3.7秒)、最高速は305km/h(ツーリングは302km/h)。

2023-Alpina-B3-15

外観については新しい3シリーズをベースにしているためヘッドライトなどの造形がシャープになっていますが、フロントそしてリアアンダーのデザインが新しくなっていて、「ALPINA」文字は立体に(バンパーの上半分はBMW 3シリーズのMスポーツ・パッケージと同じ)。

2023-Alpina-B3-21

足回りには「アルピナ・スポーツ・サスペンション」が組み込まれ、アルピナによると「優れた乗り心地とダイナミックなハンドリングを実現」。

ドライブモードは「コンフォート・プラス、コンフォート、スポーツ、スポーツ・プラス」の4つが用意され、コンフォートにも「プラス」が設定されるのはアルピナならではかもしれません。

2023-Alpina-B3-19

ステアリング周りはアルピナ独自の設定によるバリアブル・スポーツ・ステアリングが採用され、こちらもハンドリングの精度を高めるのに貢献しているようですね。

2023-Alpina-B3-17

ホイールはおなじみ20スポーク、そして前後とも19インチ、タイヤはピレリPゼロ(F:255/35 ZR19、R:265/35 ZR19)が組み込まれています。

2023-Alpina-B3-20

インテリアもやはり「アルピナ」仕様となっていて、メーターパネル内にもアルピナの文字(通常のBMWにもアルピナ版のプログラムが入っていて、コーディングによって呼び出せるらしい)。

2023-Alpina-B3-33

こちらはB3ツーリング。

やはりアルピナというとダークブルー、そしてダークグリーンにこのアルピナストライプがよく似合うと思います。

2023-Alpina-B3-49

BMW MからはそろそろM3ツーリングが発表されることになりますが、BMWのMモデルはあまりに硬い足回りを持っていて、しかしアルピナでは絶対的なパフォーマンスはMモデルに譲るものの、ずっと快適な足回りを持っていると認識しており、乗り心地を考慮してアルピナを選ぶ、という人も多そうですね。

2023-Alpina-B3-50

価格についてはB3リムジンが1311万円、B3ツーリングが1379万円に設定されています。

2023-Alpina-B3-51

アルピナはD3 Sリムジン / D3 Sツーリングも同時発表

そしてガソリン版と同時に発表されたのがディーゼルエンジン搭載のD3 Sリムジン / D3 Sツーリング。

パワートレインが3リッター直6ディーゼルに置き換わり、これは最高出力は375PS / 730Nmというスペックを誇り、トランスミッションはガソリン版と同じ8速スポーツAT、駆動方式もxDriveを採用しています。

0−100km/h加速はD3 Sリムジンが4.6秒、D3 Sリムジンが4.8秒、そして最高速だとD3 Sリムジンが273km/h、D3 Sツーリングでは270km/h。

d3s_lci010

なお、D3 Sには(B3にはない)マイルドハイブリッドが装備されており、しかもディーゼルということもあってランニングコストが相当に低いものと思われ、日常的にハイパフォーマンスカーを楽しみたい人にとってはいい選択だと言えそうですね。

価格について、D3 Sリムジンでは1151万円、D3 Sツーリングでは1190万円に設定されています。

d3s_lci003

合わせて読みたい、アルピナ関連投稿

アルピナが最新モデル「B8グランクーペ」発表
アルピナが最新モデル「B8グランクーペ」発表!ファーストクラスの乗り心地を目指しながらも最高速はM8を大きく上回る323km/h

| アルピナは紳士協定に関係なく最高速を追求できる |この記事のもくじ| アルピナは紳士協定に関係なく最高速を追求できる |アルピナB8グランクーペはこんなクルマアルピナB8グランクーペのインテリアは ...

続きを見る

BMWがアルピナを買収!今後「M」ブランドとの棲み分けを明確にし、高級パーソナリゼーションブランドに進化すると予測
BMWがアルピナを買収!今後「M」ブランドとの棲み分けを明確にし、高級パーソナリゼーションブランドに進化すると予測

| まさかBMWがアルピナに価値を見出すとは思わなかったが |この記事のもくじ| まさかBMWがアルピナに価値を見出すとは思わなかったが |2020年に開始した提携が「有益」だったのだと思われるアルピ ...

続きを見る

アルピナが「4ターボ」搭載の新型XD3/XD4を発表
アルピナが「4ターボ」搭載の新型XD3/XD4を発表!BMW X3 MとX4 Mが派手で環境に悪いと考えるニッチに向けた「地味な」ハイパフォーマンスSUV

| アルピナは近年、ますます「BMWのニッチを埋めるブランド」としての動きを強めているようだ |この記事のもくじ| アルピナは近年、ますます「BMWのニッチを埋めるブランド」としての動きを強めているよ ...

続きを見る

参照:ALPINA

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5