■その車関連のネタなど

関西国際空港駐車場にEV専用駐車スペース、充電器が増加している件

投稿日:2016/12/16 更新日:

dsc01415

関空駐車場にEV用駐車スペースが増加中。
今まではごく一部しかその用意がなかったのですが、現在はほぼ各フロアに部分的に設置されており、ただし「どこのあるのか」わりにくいのがちょっとした問題。

なお充電は無料(200V普通充電)で、旅行中は充電しっぱなし(そのスペースに置きっぱなし)で良い、と記載があります。

ぼくの家から関空まではおよそ80キロほどありますが、往復することを考えると(充電しない場合)帰り道には必ずレンジエクステンダーを作動させる必要があり、そしてレンジエクステンダーを80キロくらいの距離使い続けると高い確率で「エラー」が出るため、この関空の充電器設置は非常に助かります。

dsc01414

ただし充電ケーブルは用意されていないので、自宅等で使用している充電ケーブルを持参する必要があるので要注意。

EVは色々と我慢する必要があったりしますが、それでもこういった「EV専用駐車スペース」に駐車できるのはありがたく、こういったときは「EVに乗っていてよかった」と思います。

関連投稿

日産とBMWとがタッグを組んだ。共同で充電器の設置へ動く(ただしアメリカのみ)

日産とBMWとがEV用充電ステーション建設で協業。
残念ながら現在はアメリカ国内にのみ留まるようですが、取り急ぎアメリカ国内に50基以上のDC急速充電器を設置するようですね。
やはり自社のEVを売りたいがため、いずれのメーカーも排他的になってしまう傾向があるのは仕方がありませんが、今回のように広い視点にてEV普及のために手を取り合うのは素晴らしいことだと思います。

日本国内だと日産リーフ「e-POWER」のヒットで明確になったように、多くの人の(EV購入に際しての)懸念は「充電」「航続距離」ということだと思いますが、これを解決するには充電設備の拡充しかなく、やはり充電ポイントはどんどん増やして欲しいところ。

加えてその利用方法や「空き情報」も重要になってくると考えており、というのもEVの充電はガソリンとは異なり「すぐに完了」というわけにはゆかず、時間を要するため。

これには「予約」という概念が必要になるかもしれませんが、予約どおりにちゃんと行けるのか(そもそも車で行くので電車のように正確ではない)、行ったとしても誰かが充電器を使っていたらどうするのか、もしくは予約がある際に充電器を使用できない仕様にした場合、予約と予約の僅かな合間でも「飛び込み」使用できるようにするのか、予約しても「来れない」場合はユーザーがちゃんとキャンセルを入れるのか、等様々な懸念もありますね。

そう考えると理想は「ワイヤレス充電」で、走っているときにもEVへと直接充電できるシステムが実用化されるといいなあ、と思います。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■その車関連のネタなど
-, , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5