>フェラーリ(Ferrari)

ラ・フェラーリの後継はすでに開発着手。フェラーリ「我々はF1のエンジンを搭載することはない」

投稿日:2017/05/14 更新日:

Autocar報じるところによると、フェラーリは「すでにラ・フェラーリの後継モデルの開発に取り掛かっている」とのこと。
ラ・フェラーリはクーペとオープン(アペルタ)が発売されていますが、その後継モデルが「5年以内に」登場するだろう、としています。

これはフェラーリのチーフ・テクノロジー・オフィサーが述べたもので、加えて「F1のエンジンは使用しない」とのこと。
一瞬「メルセデスAMG プロジェクト1」へのあてつけかと思ったのですがそうではなく、F1のエンジンを使用するとアイドリングが2000-3000回転になったり、さらにはレブリミットが16000回転というとんでもないエンジンになり、それをロードカー向けに搭載するには大変な苦労が必要だとしています(実際にF50はF1のエンジンを積んでいますが、かなり大変だった模様)。

なおメルセデスAMG プロジェクト1はF1のエンジンを搭載することで有名ですが、そのためにエンジンの耐久性が劣るとも言われています(レース用エンジンは安全マージンが市販モデルのそれに比べて低く、よってかなり神経質)。

ラ・フェラーリはV12エンジン+KERSにて950馬力を発生しますが、前出のチーフによるとパワートレインは「未定」とされ、ガソリンエンジン一本なのかハイブリッドなのかも不明。
ただ、フェラーリはF12エンジンの生き残る道について「ハイブリッド」を示しており、やはりラ・フェラーリ後継はハイブリッドとなるのかもしれません。

なおオートカーは「オールエレクトリック」の可能性も捨てきれないとしていますが、5年というタームではラ・フェラーリを超えるEVは作れないかもしれない、とは思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5