ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

リマック

ヒョンデがリマックとの提携を解消したとの報道。ポルシェがリマックへの出資比率を拡大したことでヒョンデが気分を害したもよう

ヒョンデがリマックとの提携を解消したとの報道。ポルシェがリマックへの出資比率を拡大したことでヒョンデが気分を害したもよう

| ただし現時点では事実関係は確認されておらず、ウワサの域を出ていない | リマックはポルシェ、ヒョンデのほかにもフェラーリやアストンマーティンとも提携している さて、2019年にヒョンデとリマックと ...

【動画】ケーニグセグが雪原にてジェスコを爆走させる様子をYoutubeへと公開し、リマックが「呼んでくれればご一緒したのに」とコメント。次はこの2車のランデブーが見れるかも?

【動画】ケーニグセグが雪原にてジェスコを爆走させる様子をYoutubeへと公開し、リマックが「呼んでくれればご一緒したのに」とコメント。次はこの2車のランデブーが見れるかも?

| ケーニグセグ・ジェスコはそのうち最高速にチャレンジし、おそらくは世界最高速記録を更新してくれるだろう | このなにもない雪原にて思いっきりジェスコを飛ばすのは何ものにも代えがたい楽しみであるように ...

【動画】ピニンファリーナ・バッティスタのエレクトリックサウンドは「心地よい低音」!人体に心地の良い波紋を伝える周波数を2,000時間かけて生成

【動画】ピニンファリーナ・バッティスタのエレクトリックサウンドは「心地よい低音」!人体に心地の良い波紋を伝える周波数を2,000時間かけて生成

| サウンドがエレクトリックカーにおいて重要な要素だとみなされる時代がやってくるのは間違いなさそう | エレクトリックカーの場合、サウンドはダウンロードしてどんどん増やすことができそうだ さて、現在い ...

ブガッティ・リマックが新しい研究施設をオープン!どうやら直近でリマック、ブガッティそれぞれに新型ハイパーカーの発表が控えているようだ

ブガッティ・リマックが新しい研究施設をオープン!どうやら直近でリマック、ブガッティそれぞれに新型ハイパーカーの発表が控えているようだ

| リマックの新型車は正体不明、ブガッティ側はシロンの後継モデル? | 今後はさらなる活発な動きが期待できそう さて、ブガッティとリマックは昨年11月に合同にて新会社「ブガッティ・リマック」を発足させ ...

ブガッティ・リマックCEOが語る「やりたくないこと」2つ。「ブガッティはもはやVWとはなじまなくなった」とも

ブガッティ・リマックCEOが語る「やりたくないこと」2つ。「ブガッティはもはやVWとはなじまなくなった」とも

| ブガッティ、リマックともに究極のパフォーマンスを標榜するブランドではあるが、構成される要素はそれぞれ異なる | いずれも重要なのは「ほかのクルマとは異なる、完全オーダーメイドであること」 さて、昨 ...

【動画】リマック・ネヴェーラが「最終の」破壊テストをクリア!1台2億円のクルマを10台破壊しなければならないクラッシュテストはこうやって行う

【動画】リマック・ネヴェーラが「最終の」破壊テストをクリア!1台2億円のクルマを10台破壊しなければならないクラッシュテストはこうやって行う

| 欧州だと5つのテスト、アメリカだと22の項目でクラッシュテストをパスせねばならない | さすがに意図的にクルマを破壊するのは心が痛むが、心を鬼にしてやるしかない さて、リマックは2021年6月に1 ...

新会社「ブガッティ・リマック」が11月より正式に発足!資本関係が公開されヒュンダイが「遠縁の関連会社」に、そしてブガッティCEOは交代

ブガッティ・リマックCEO、シロン後継モデルについて語る。「ガソリンエンジンは生き残り、しかし誰もが見たことがないような驚愕のハイパーカーになるだろう」

| おそらくは文字通り「ブガッティとリマック」が合体した、”ハイパーな”ハイパーカーになるに違いない | シロン後継モデルはてっきりピュアエレクトリックになると考えていたが さて、ブガッティはつい先日 ...

ブガッティ・シロン

ブガッティ・シロン、ボリードがついに完売!今後は現行モデルを注文できず、ブガッティは2024年までかけて現在の注文分を生産することに

| 更にブガッティは「ブガッティの歴史上、2021年はもっとも成功した年になった」とアナウンス | ニューモデルについては、すでにVIP顧客にはアナウンスがなされているというが さて、フォルクスワーゲ ...

【動画】リマックCEO自らが1台2.6億円のハイパーカー「ネヴェーラ」を駆り、自社の新社屋建設予定地となる悪路をドリフト!こんな事ができる人はそうそういないだろうな

| いろいろな意味で、これほど羨ましい人生を歩んでいる自動車人も少ないだろう | 33歳でブガッティを配下に置き、自分の開発したハイパーカーで自分の会社のための広大な土地を走り回る さて、リマックはネ ...

新会社「ブガッティ・リマック」が11月より正式に発足!資本関係が公開されヒュンダイが「遠縁の関連会社」に、そしてブガッティCEOは交代

新会社「ブガッティ・リマック」が11月より正式に発足!資本関係が公開されヒュンダイが「遠縁の関連会社」に、そしてブガッティCEOは交代

| ブガッティCEOからステファン・ヴィンケルマン氏が退いたのは残念だ | 今後ブガッティ・リマック名義にてどういった活動がなされるのかは気になるところ さて、ブガッティとリマックとが手を組み、「ブガ ...

ブガッティ・シロンの生産枠は残りあと40台!1年以内に後継モデルを内覧し3年以内に発売開始。なお、ほかにも数台のニューモデルが控えているというが

ブガッティ・シロンの生産枠は残りあと40台!1年以内に後継モデルを内覧し3年以内に発売開始。なお、ほかにも数台のニューモデルが控えているというが

| ブガッティ・シロンの売れ行きは「想像を超えたもの」であったに違いない | これだけの価格の車がこの台数売れるというのは驚きだ さて、ブガッティが「シロンの生産がそろそろ終わりに近づいている」と発表 ...

人気ユーチューバー、ピニンファリーナ・バッティスタに試乗!ドライブモードに合わせて変化する「EVサウンド」には要注目

【動画】人気ユーチューバー、ピニンファリーナ・バッティスタに試乗!ドライブモードに合わせて変化する「EVサウンド」には要注目

| ピュアEVはガソリン車とは異なる世界観をアピールすることで優位性を構築できるか | ハイパーEVがどこまでガソリン車に(人気の面で)迫れるかは要注目 さて、我らがShmee150氏がピニンファリー ...

ブガッティ・シロン

新型ブガッティは1年前から開発が進められていた!12ヶ月以内に有力顧客には案内され、3年後に発売される模様

| ただしこの「新しいブガッティ」がシロン後継なのか、追加バリエーションなのかはわかっていない | さらにはガソリンエンジンを積むのかどうかもわかっていない さて、ここ最近様々なウワサが耐えないのがブ ...

リマックとブガッティがついに手を組む!新会社「ブガッティ・リマック」が誕生すると公式に発表

ブガッティを配下に置いたリマックCEO語る。「私は安全策を取るような人間ではない。絶対にだ。だから、ブガッティ・リマックでも保守的な役員とは衝突するだろう」

| ブガッティ・リマックではなにか「とんでもない」クルマが発売される可能性がありそうだ | リマックはテスラとともに「ソフトウエア開発会社」型の考え方をする企業だと言える さて、リマックばブガッティを ...

ブガッティが1台6億円以上、限定台数40台のディーヴォをすべて作り終えたと発表!最後のディーヴォは「EB110 LMブルー」、ホイールはゴールド

ブガッティ・リマックCEO、メイト・リマックはこう語る。「誰も思いつかないようなクレイジーなクルマをブガッティから発売するかも」。なお今後車種を拡大する模様

| ブガッティからは「グランツーリスモ」「SUV」発表の可能性も | 一方、リマックは「1車種」のみの構成を貫くようだ  さて、まだ10台しかクルマを販売していないのに世界有数のハイパーカーメーカー、 ...

「市販車加速王」決定戦!2.6億円のリマック・ネヴェーラ、1350万円のテスラ・モデルSプラッドがガソリン車とは別次元の戦いを繰り広げる

【動画】「市販車加速王」決定戦!2.6億円のリマック・ネヴェーラ、1350万円のテスラ・モデルSプラッドがガソリン車とは別次元の戦いを繰り広げる

| 事実上の市販車加速キング決定戦 | この勝負が市販車加速”最速”1位と2位を決するといっていいだろう さて、多くの人が気になっているであろう、リマック・ネヴェーラとテスラ・モデルSプレッドとの最速 ...

リマック・ネヴェーラが公式にて「市販車最速ゼロヨン記録」更新!路面状態を自動学習してグリップを調整する機能があり、走るたびに速くなるようだ

【動画】リマック・ネヴェーラが公式にて「市販車最速ゼロヨン記録」更新!路面状態を自動学習してグリップを調整する機能があり、走るたびに速くなるようだ

| さらに、リマックによればもっとゼロヨンタイムは速くなるという | おそらくはこの他の記録も続々更新してゆくことになりそうだ さて、リマックが発表したばかりのピュアエレクトリックハイパーカー、「ネヴ ...

まさに無慈悲!リマック・ネヴェーラがポルシェ・タイカン・ターボSとBMW M5を加速競争でどうしようもなく打ち負かす

【動画】まさに無慈悲!リマック・ネヴェーラがポルシェ・タイカン・ターボSとBMW M5を加速競争でどうしようもなく打ち負かす

| エレクトリックスポーツの納車が進んでくると、もはやこれまでの常識を修正する必要がありそうだ | しかもテスラ・モデルSとやモデルXのように、セダンやSUVでも速いから手に負えない さて、リマックは ...

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5