ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

新車

中国

2022年の「国別新車販売ランキング」!日本はインドに抜かれ4位に転落、ほかにはブラジルや東南アジアが伸びており、新興国の元気がいい

| 中国はなんと2位の米国にダブルスコアというぶっちぎりの1位 | おそらくはEV販売が増加するにつれ、このランキングも大きく変動することになるだろう さて、2022年の自動車販売において、トヨタがN ...

トヨタ

米にて「新車を購入し、ローンを払えない人」続出。取り立て屋の仕事も急増し車両の差し押さえも。経済評論家は「本格的な景気後退の全長である」と指摘する

| この状況は2008年のリーマンショックに酷似しており、未払い率が増えれば実際に大規模な経済後退も | この「未払い」には想定外の要因も絡んでいる さて、コロナウイルスのパンデミックにはじまりロシア ...

トヨタC-HR

2023年は新車価格が2.5-5%、中古車価格が10~20%下落するという調査結果。しかしボクは「少なくとも2023年前半は下落に転じない」と予想

| インフレ、部品不足がまだまだ続くこの状況にて、新車の製造コストが下がったり中古車の需要が下がるとは考えにくい | この予測はやや楽観的にすぎるように思う。まだ危機は脱していない さて、JPモルガン ...

ポルシェ

「販売満足度指数」2022年最新版が公開!万年下位のアルファロメオがなぜかトップに立ちポルシェは2位、レクサスは3位へ。新車不足等の混乱によって順位が大幅変動

| かつてここまで自動車の販売現場が混乱したことはないだろう | まだまだあと1-2年は混乱が続きそう さて、調査会社であるJDパワーが毎年実施、そして公開している「販売満足度指数」。コロナ禍に突入し ...

ミニ・モーク完全復活!EVとして英国に続いてアメリカでも販売開始、日本でも新車で買えることを期待したい

ミニ・モーク完全復活!EVとして英国に続いてアメリカでも販売開始、日本でも新車で買えることを期待したい

2022/10/20    , , , ,

| もともとミニ・モークは軍用として企画されたが、結果的に正反対のリゾート地で使用されることが大半だったという | 日本への導入にも期待したい さて、昨年欧州にて復活した「ミニ・モーク」。これはモーク ...

ランボルギーニのV12エンジン

カリフォルニアがついに「2035年までに内燃機関を搭載する新車販売を禁止」。ゼロエミッション車を2026年に35%、2028年には51%、2030年には68%、2035年には100%へ

| 多くの州がカリフォルニアの判断に追随する可能性が指摘され、自動車メーカーは苦境に立たされる | ただしEUの決定を考慮すると、このスケジュールは無理なく達成できるのかも さて、米国カリフォルニア州 ...

納車前の新型フェアレディZをディーラー従業員がドリフトさせ案の定クラッシュ!修理はできそうだが、これを新車として納車を受けることはできないな・・・

納車前の新型フェアレディZをディーラー従業員がドリフトさせ案の定クラッシュ!修理はできそうだが、これを新車として納車を受けることはできないな・・・

| なぜ「最悪の結果が容易に予想できる」ことをやろうとする人々がいるのかはわからない | いずれにせよ、この従業員は高い代償を支払うことになりそうだ さて、現在世界中にて新型フェアレディZへの注文が殺 ...

レクサス

この状況でも米自動車ディーラーの平均利益が2.4倍に伸びる!米ではモノの価格が日本に比較して変動しやすく、ディーラーが「新車不足を理由に」値上げしていることが原因か

| さらにアメリカの消費者は「品不足→値上げ」に慣れている | この傾向はまだ2-3年は続くことになりそうだ さて、現在は資材や半導体(マイクロチップ)不足、そしてロシアのウクライナ侵攻によって輸送上 ...

シボレー・コルベット

アメリカにて新車不足に乗じて正規ディーラーによる便乗値上げやブローカー行為が横行中!コルベットやハマーEVが新車の倍以上で販売される例も

| 車両価格を値上げするとさすがに問題があると見え、オプションの押しつけや希少性の強調にてそれを正当化しているようだ | たしかにアメリカは市場動向によって価格に流動性をもたせることが多いが さて、現 ...

公道未走行、新車時から空調つきガレージに保管され手厚くメンテされたマツダRX-7(FD3S)が販売中!お値段なんと2180万円

公道未走行、新車時から空調つきガレージに保管され手厚くメンテされたマツダRX-7(FD3S)が販売中!お値段なんと2180万円

2022/5/2    , , , , , ,

| この価格でも「手に入れたい」と考える人は少なくはないはずだ | この個体は極端ではあるが、マツダRX-7の価格が上昇するのは間違いないだろう さて、先日はホンダS2000CRが2600万円という信 ...

フェラーリ296GTBを注文してきたぞ!ランボルギーニ3台購入した身でもフェラーリのオーダーは異次元だった

フェラーリ296GTBを注文してきたぞ!ランボルギーニを3台購入した身でもフェラーリのオーダーは異次元だった

| フェラーリの注文システムは一般的なクルマとはかけ離れすぎていた | 意外とアッサリ契約が終了してしまったが、あとはひたすら待つしかない さて、めでたくフェラーリ296GTBを契約(ちょうどバーレー ...

【動画】日産は車内のにおいに非常に気を使っている!社内環境を改善する「ニオイマイスター」はこんな仕事

【動画】日産は車内のにおいに非常に気を使っている!社内環境を改善する「ニオイマイスター」はこんな仕事

| 現在、日本人の井野龍之介さんが日産車のにおいをグローバルでコントロールする頂点に立っている | ボクはにおいに鈍感なのでこの仕事はできそうにない さて、日産は車内の匂いを改善するため、昨年9月に「 ...

新型トヨタ・タンドラの納車が最長で1年半待ちに!フルモデルチェンジ版の人気化に加え、例の「チップ(半導体)不足」が大きく影響

新型トヨタ・タンドラの納車が最長で1年半待ちに!フルモデルチェンジ版の人気化に加え、例の「チップ(半導体)不足」が大きく影響

| ここまでチップ(半導体)不足が深刻化するとはほとんどの自動車メーカーが考えなかったに違いない | この問題は解決したとしても尾を引くことになりそうだ さて、トヨタは14年ぶりに「新型タンドラ」を発 ...

スバルBRZ

カナダのスバル正規ディーラーが「新車1台あたり90万円の割引」を開始!ただしその割引を受けるためのハードルがあまりに高かった・・・

2021/11/10    , , ,

| この条件を満たす人は「一握り」だが、その一握りの人々にとっては大変魅力的なオファーだと思われる | そしてその条件はあまりにハードルが高かった さて、スバルのカナダ法人が「新車購入1台あたり、10 ...

まさかの「お宝」!日本からアメリカへと輸出され「未開梱」だったヤマハSR500Hがショプオーナーの死後、遺品として競売に。とんでもない値が付きそう

まさかの「お宝」!日本からアメリカへと輸出され「未開梱」だったヤマハSR500Hがショプオーナーの死後、遺品として競売に。とんでもない値が付きそう

| しかもヤマハSR500Hが現地で販売を終了した1981年の「新車」 | これ以上のコンディションを持つヤマハSR500Hは二度と出てこないだろう さて、自動車やバイクについては、ときどき「とんでも ...

走行わずか17km、ほぼ新車状態のホンダCR-Xが販売中!納車されたのちにずっと4柱リフトの上に放置され、今まで一度も地面に降りたことがなかったそうだ

走行わずか17km、ほぼ新車状態のホンダCR-Xが販売中!納車されたのちにずっと4柱リフトの上に放置され、今まで一度も地面に降りたことがなかったそうだ

2021/10/24    , , , ,

さて、以前は「100万マイル(約160万キロ)」を走ったホンダCR-Xを紹介しましたが、今回ははんと「10マイル(約16キロ)」くらいしか走っていないというCR-Xが売り物として登場。この1990年式 ...

日産が新車の匂いを研究

日産が車内の「匂い」を改善するために「匂いエンジニア」を雇用!新車の匂いを嗅ぎ、より魅力的な新車の香りを実現する模様

2021/9/19    , , ,

| 一部の国や地域では新車の匂いが非常に好まれる | 年々、人々がクルマに求める要件はより厳しくなっているようだ さて、日産が「新車の匂いを嗅ぐスペシャリスト」を雇用したと発表。このスペシャリストとは ...

アウディのキー

アメリカで中古車価格が15〜40%も上昇し、新車価格を上回る車種も登場。日本でも同様の現象が散見され、その理由を考える

2021/6/28    , , , ,

| コロナウイルスのパンデミックや、チップ不足だとも言われるが、自動車メーカーの「売り方」、ユーザーの「買い方」が変わったためだとボクは考える | おそらく、この傾向はコロナ禍が収束しても変わることは ...

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5