>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ホンダ初のEV、ホンダeの詳細がちょこっとだけ公開。プラットフォームは専用設計、重量配分は50:50、駆動輪はなんと後輪

| ある意味では今のホンダで一番スポーツカー的 | 先日欧州にて予約の受付を開始したホンダ初のEV、「ホンダe」。予約開始時はその詳細が不明であったものの、今回ホンダがその内容について公開しています。なおEVについてはホンダeに限らず、「詳細不明」「価格も不明」のまま予約を開始することがありますが、それでも「数千から数万」の申し込みがあることには驚かされます。 欧州にて初代シビック風EV「ホンダe」予約開始!ボディカラーは5色、納車は2020年春より開始

ReadMore

>アウディ(Audi) >ポルシェ・ボクスター関連 >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

【動画】ポルシェ718ボクスターGTS、BMW Z4、アウディTTSロードスター。オープンスポーツ3車が競った結果は意外なものだった

| ここまでBMW Z4が速いとは。「GTS」でなければ718ボクスターは勝てなかった | CARWOWがBMW Z4 M40i、ポルシェ718ボクスターGTS、アウディTTSロードスターの三者を競わせた動画を公開。つまり高いスポーツ性能を誇るオープンもトップモデル同士の争いということになりますが、今回の動画を見るとやはりポルシェがトップという結果に。ただしBMW Z4 M40iの運動性能はポルシェ718ボクスターGTSに肉薄しており、相当に高いポテンシャルを持つことを感じさせます。 こちらもオススメ、関 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ポルシェCEO「タイカンは911同様のドライバビリティを持つ」。たしかに理論上だとポテンシャルは911より上だが、なぜか心が踊らない

| 結局EVとはそういうものかもしれない | すでにティーザーキャンペーンが開始され、全世界では2万台を超える予約が集まっていると言われるポルシェ初のEV、「タイカン」。日本でも9月頃から予約が開始されると言われ、納車はその1年後から開始されるとも伝えられていますが(欧州では今年から納車開始)、ポルシェはタイカンに対して大変な自信を見せる発言を行うこともしばしば。

ReadMore

>ジャガー(Jaguar)

世界限定15台!ニュル最速セダン「ジャガーXE XVプロジェクト8」の外観を地味にした「ツーリング」登場。価格は2000万円オーバーか

| より地味な外観を好むコレクター向けの、過激なセダン | 2018年にジャガーが発売したニュルブルクリンク最速セダン、ジャガーXE SVプロジェクト8。このプロジェクト8は自動車史上もっとも過激なセダンと言ってよく、というのも「4ドアなのに2シーター」だから。後部座席は取り払われ、かわりにゴッツいロールケージが車体後部に鎮座しているわけですが(後部ドアを開けてもそこに座席はない)、その他にもフルバケットシートが装備されたり「セダンと呼ぶには抵抗がある」ほどのエクストリームなマシンです。 そして今回ジャガ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >ベントレー(Bentley) >BMW(ビー・エム・ダブリュー) >スバル(SUBARU) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

香港にはこんなクルマが走っている(2)!トヨタ・アルファードなど人気のミニバン、シビック・タイプRや他のクルマも見てみよう

| 日本のミニバン人気は圧倒的 | さて、香港にて見かけたクルマたち。今回は日本車を中心にお送りしたいと思いますが、その前に上の画像はペニンシュラ香港(ホテル)のエントランス。ここは週末になると様々な高級車やスーパーカーがやってくることで知られます。加えてタイミングが合えばペニンシュラ仕様のローロスロイス、ミニ・クラブマン、そしてトヨタ・アルファード(ヴェルファイアかも)を見ることも可能。なお、このペニンシュラ仕様のクルマたちに使用されるグリーンは特別に調合されれたもので、いかなる要望があったとしても各自 ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

サイドステップを擦ったポルシェ718ケイマンの修理完了。その費用46,000円、高い授業料になったな・・・。

| サイドステップの着脱なし、かかった期間は5日間 | さて、先日サイドステップを擦ってしまったぼくのポルシェ718ケイマン。完全に自分の不注意であり、誰のせいにもできず、誰にも請求できない損傷であります。ただ、幸いなことに「通常は見えない」位置にしか傷がなく、そのために修理せずにおこうかとも考えたものの、やはり気分的にほうっておくことも出来ず修理を行うことに決定。 今日のポルシェ718ケイマン。サイドステップをうっかりヒットし傷を作ってしまう。修理を検討してみた こちらもオススメ、関連投稿ポルシェ718 ...

ReadMore

>その他イギリス車

え?これで合法?1200馬力、重量930kg、最高速402km/hのアルティマRSが登場。トランスミッションはMTのみ

| おそらくどんなハイパーカーも太刀打ちできない | イギリスのスポーツカーメーカー、アルティマ・スポーツ(Ultima Sport Ltd. )が、そのトップレンジたる「アルティマRS」を発表。アルティマはこれまで「エボリューション・クーペ」「エボリューション・コンバーチブル」をラインアップしていましたが、今回はその上にこの”アルティマRS”を追加したということになります。 こちらもオススメ、関連投稿「最強GTI」、VWゴルフ GTI TCRのフル加速動画。ローンチコントロール使用で公称値より0.1秒速 ...

ReadMore

>パガーニ(PAGANI)

走行わずか1,126kmのパガーニ・ウアイラが中古市場に登場。その美しい内外装、エンジンルームを見てみよう

| ウアイラ以上に美しく芸術的なエンジンルームを持つクルマはほかにない | ときどき出てくるパガーニ・ウアイラの中古売物件。今回は2014年製のウアイラに、サーキット走行志向へとエアロパッケージ/設定を変更する「テンペスタ・パッケージ」を装着した車両が販売中。ウアイラの生産は100台に絞られており、その中でもテンペスタ・パッケージを装着した車両は非常に少ないと思われるため、今回の売り物は「かなり希少」だと考えられます。 こちらもオススメ、関連投稿パガーニ・ウアイラの中古がまた登場。ホワイトにカーボン柄、レ ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

ブラバスが800馬力のメルセデス・ベンツGクラスを2パターン発表。10台限定、価格は3400万円と4000万円

| ブラバスのカスタムセンス、そして技術は年々高くなっている | ここ最近、積極的にニューモデルを発表しているブラバス。ベースとなるメルセデスAMGのポテンシャルが向上するとともにブラバスのコンプリートカーのパフォーマンスも向上し、今回紹介するモデルの出力はなんと800PS。ベースとなるのはメルセデスAMG G63、そしてブラバスはこれをカスタムして2タイプのコンプリートカーを発表しています。 こちらもオススメ、関連投稿ありそうでなかった!ミリタリー調のメルセデス・ベンツG550カスタム登場。なおホイール ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

【動画】ポルシェ・ケイマンが例により店から出て数秒後にクラッシュ。なぜこういった事故が起きるのかを考える

| ボクらはクルマがいかに危険で、人の命すらも奪いうる乗り物だということを忘れがちだ | ブラジルにて発生したという、ポルシェ981ケイマンSの事故動画。この事故の様子について、ぼく自身もこれに似た状況を経験したことがあり、ちょっと思うところがあるために取り上げてみようと思います。簡単に言うと、今回の事故は「勢いよくショップから飛び出したはいいものの、テールスライドを抑えきれずに標識にぶつかった」というもの。 こちらもオススメ、関連投稿ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴェネ ...

ReadMore



■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

【試乗】ゴルフR最強伝説健在ナリ。加速性能はポルシェ911なみ、VWゴルフR(MT)に試乗

投稿日:2017/07/17 更新日:

ぼくの考える「最強」の車がゴルフR。フェイスリフト後も最強伝説は健在か?

フォルクスワーゲン・ゴルフRに試乗。
現行世代のゴルフRではフェイスリフト前に何度か試乗していますが、フェイスリフト後のモデルに試乗するのは初めて。
フェイスリフト後のゴルフRについて、出力は310馬力へとパワーアップし、0-100キロ加速は4.8秒から4.6秒へ。
4.6秒というのはターボエンジンを搭載するポルシェ911(991.2)カレラと同じ数字であり、これは驚愕としか言いようがないスペックです。

ちなみに取得した見積もりはこちら。








まずはゴルフRのスペックを見てみよう

価格は6MTが5,499,000円、DSGで5,599,000円(価格はポルシェ911カレラの半額以下)。
駆動方式は4WD”4MOTION”(ハルデックス)を採用し、前後トルク配分は0:100まで無段階、つまり「後輪のみ駆動」という状態もありうるワケですね。

ドライブモード(アダプティブシャシーコントロール”DCC”)はタッチスクリーンで変更でき、「エコ」「ノーマル」「コンフォート」「カスタム」「レース(ゴルフR専用)」の5種類。
もちろんエンジンレスポンスやシフトプログラムも変化する他、ダンパーもモードに合わせて変化するなど「この価格としては異例の」装備を持つと言って良さそう。

サスペンションもゴルフR専用にチューンされ、車高は10ミリ低く。
ただし、「低く硬く」なっただけではなく、ハンドリングを重視した微妙なチューニングが施されているようですね。

その他にも電制デフ(XDC)、プログレッシブステアリング(可変ステアリングレシオ)など完全にクラスを超えた装備を持っており、この辺りポルシェやアウディ、ランボルギーニといった上位ブランドを有するフォルクスワーゲングループならではの恩恵を受けている、とも考えられます(もともとゴルフは戦略的に、性能に比して低い値付けがなされている)。

サイズは全長4,275×全幅1,800全高1,465ミリとコンパクトで、特に新型シビック・タイプRの全幅が「1,875ミリ」もあるということを考えると相当にコンパクト。
実際のところ最小回転半径は5.2メートル、とかなり小さくなっています。

加えて燃費はカタログ値でリッター13キロと非常に優秀な数値となり、5ドアハッチバックということを合わせて考えると「かなり使い勝手が良く、文字どおり街中からサーキットまでオールマイティに」使える車といえそうですね。

外装はフェイスリフト前に比べるとフロントバンパー下部が最近のアウディやランボルギーニっぽい「ハの字」貴重となり、さらに直線的かつシャープに。
リアはテールランプの衣装が若干変更になり(シーケンシャル点灯式の”ダイナミック・ターンインジケーター”付)、リアディフューザー形状が変更となっているものの、その範囲は非常に小さい、と思います(パっと見ても新旧の判別ができない)。

一方で内装は大きく変わり、その大きな要因は「デジタルコックピット」。
これはアウディ、ランボルギーニが採用するものと同じで、やはりVWアウディグループならではの「恩恵」と言える部分。
加えてジェスチャーコントロールも採用されています。

安全性に関してはトラフィックアシスト、アダプティブクルーズコントロール、レーンキープアシストシステム、ブラインドスポット・ディティクション、ダイナミックコーナリングライト、プリクラッシュブレーキシステム、リヤビューカメラ、リヤトラフィックアラート、パークディスタンスコントロールなどをひっくるめた「フォルクスワーゲン・オールイン・セーフティ」を装備。

310馬力、4WDでサーキット走行対応が車としてこの価格はちょっと他になく、かつこれだけの安全装備と快適性を持つとなるとコストパフォーマンス的には「比類ない」レベル。
この辺りがぼくに「ゴルフR最強」と思わせるところですが、とにかく価格性能比となると「無敵」ではないかと考えています。

プラットフォームはVWキモ入りの「MQB」

なおベースとなる「ゴルフ7」そのものもこのセグメントでは「最強」と考えており、その理由は「プラットフォーム」。

ゴルフ)のプラットフォームは「MQB=Modulare Quer Baukasten」ですが、MQBは設計やパーツを共有することで車種間のコストを抑えること、最高レベルの強度確保を目的に開発されたフォルクスワーゲン・アウディグループのキモ入りプラットフォーム。
「コスト削減」と聞くといい気はしないかもしれないものの、別の視点から見ると「削減した分のコストで別の部分にコストを掛けることが出来る」、「下位モデルであれば上位モデルと同等のプラットフォームを使わせてもらえる」という利点も。

MQBが使用されるモデルはゴルフ7、ゴルフトゥーラン、B8パサート、AD1ティグアン、アトラス(北米専用)、最新モデルのアルテオン。
アウディでMQBを使用するのはQ2、8V型Q3、8S型TT、B9型A4。
つまりゴルフ7にとっては「上位モデルと同じプラットフォームが与えられた」ことになりますね(ゴルフ7はスポーツモデルのアウディTTと同じプラットフォームを使用している)。

こういった感じでグループ内からの多大なる恩恵をもっとも受けているのが「ゴルフ」と考えており、そのためゴルフはほかメーカーの同価格帯の車に比べるとひとクラス以上「上」のポテンシャルや装備を持っている、と考えています(ほかメーカーの開発担当者から見るとゴルフは「反則」のように思えるかもしれない)。

ゴルフのコストパフォーマンスがいかに優れているかはどれだけでも語ることが出来ますが、あまりそこだけにフォーカスも出来ないので、とりあえず試乗に移りたいと思います。

内外装についてはこれまで試乗したゴルフやゴルフGTIと同様なので詳細について触れることはしませんが、やはりVWアウディグループならではの高い質感を誇っており、アルミ調パーツ、ピアノブラックのパーツについては高級感をぐっと高めている、と言えます。

なおゴルフRのテーマカラーともいえるべきものはゴルフGTIのレッドに対して「ブルー」となり、夜間はこの照明が非常に美しく、かなり雰囲気を盛り上げてくれますね。

さっそくゴルフRに試乗してみよう

今回の試乗車は「マニュアル」となり、よってこれまで以上にしっかりとシートポジションを合わせる必要がありますが、このポジションは「クラッチペダル」を踏み切れるかどうか、というところがベース。
DSGだと「クラッチ」は関係ないものの、マニュアル・トランスミッションだとクラッチとの関係が最も重要だとぼくは考えています。

そうやってドライビングポジション、そしてミラーを合わせたのちはクラッチを踏んでエンジン始動。
結構太い音と共にエンジンが始動し、しかし車体が揺すられるような振動はなく、この辺り非常に堅牢な作りを感じるところ。
なおMT車でもアイドリングストップは装備され、エンジン停止時からの復帰は「クラッチを踏む」ことで行いますが、アイドリングストップ作動(エンジン停止/再始動)についてはほぼ意識させられることはなく、静粛性の高さが伺えます。



実際にしばらく走行してもその印象は変わらず、快適性、静粛性においては相当に高いレベルで、同門のアウディと同等レベルなのはまちがいない、と断言できるレベル。

サスペンションは「ノーマル」だと非常に柔らかく、段差や路面のうねりでも車体の揺れをしっかり抑えながらも柔らかく衝撃を吸収するセッティングで、これはフォルクスワーゲン・アウディグループの車に共通する美点ですね(これを「硬い」と感じる人はまずいないはず)。

スピードを上げても安定性は非常に高いままで、しかし乗り心地を損なわないのは特筆すべき点。
おおよそ「低速域で柔らかい」サスペンションはスピードを上げるとふわふわして「不安」に転じるものですが、ゴルフRではそれが一切ない、ということです。

コーナリングにおいてもそれは同じで、やはり4WD(4MOTION)の恩恵が大きく、どんなにラフに扱ってもしっかり曲がるという印象。
まさに路面に「吸い付く」という表現がぴったりの車であり、「ちょっとやそっとのことじゃラインを外さない」という印象がある車でもありますね。

ドライブモード変更によるエキゾーストサウンド、ステアリングレスポンスや重さ、アクセルレスポンスの変化について、その「幅」はかなりのもの。
これも「ゴルフR一台で」様々な楽しみ方をさせてくれるデバイスであり、設定次第で「快適なファミリーカー」から「スーパーカー顔負けのドライブフィール/サウンド」まで異なる表情を見せることになります。

「マニュアル・トランスミッション」のフィーリングは?

マニュアル・トランスミッションについてもよくできており、走り始めこそはミッションオイルが硬くシフトが入りづらい場面もありますが、それもトランスミッションが温まればスコスコと入るように。
クラッチは踏みしろが大きく、慣れるまではミートポイントがわかりにくいものの、これも慣れれば「繋がる」ところが明確にわかるようになるので、ここに気を使わずに走れるようになると思います(そういえば昔の車は基本的にMTばかりだったので、メディアによる車評についてもトランスミッションやクラッチに関する部分に重点を置いていたような気がする)。

シフトダウン時に回転を合わせたり、追い越しの際にシフトダウンしてエンジン回転数を上げ、同時に気分を高めるというのはMTならではの部分で、久々にマニュアル・トランスミッション車を運転すると「やっぱりマニュアル・トランスミッションはいいなあ」と感じますね。
実際に速いかどうかは別として、やはりMTにはそれなりの楽しさがあり、そこが「ポルシェ911Rが”億”をつけた」理由でもある、とぼくは思います。

ただ、慣れの問題、ぼくの運転技術の問題もありますが、ゴルフRのスピードだと「確実にDSGの方が気持ちよく走れるだろう」と感じたのも間違いはなく、ゴルフRを購入するのであればDSGを選ぶ可能性が大(追ってDSGのゴルフRがやってくるので、その時に改めて比較したい)。

というのもゴルフRの出力は310馬力で、これは「かなり」のもの。
さらにエンジンレスポンスは鋭く、タコメーターの針をパワーバンドに閉じ込めておこうとなるとMTではかなりのスキルを要求されることになり、「その速度域でその動作を」行うのは効率から言ってDSGの方が間違いなく優れている、と言えます。

ぼくは直近だとミニクーパーS、ポルシェ・ボクスターS、ポルシェ911にてマニュアルを乗り継いでおり、しかしマニュアル信奉者ではないのも確か。
ミニクーパーSの馬力や速度域だとマニュアルの方が楽しく走れると思いますが、ポルシェ・ボクスター以上になると「デュアルクラッチ」の方がキビキビ走れる、と考えています。

つまり、「シフトチェンジにかかる時間に進む距離」の問題で、ミニクーパーSだとそんなに問題とならない距離でも、ポルシェ・ボクスター以上になると「かなり進んで」しまうので問題となることがある、ということですね。
よってひとくくりに「マニュアルがいい/悪い」という問題ではなく、マニュアル。トランスミッションがいいのかどうかは「車による」と考えていて、これはぼくの思うところだと「300馬力」が一つの境界線。

これ以下だとMTの方が楽しく(トヨタ86はこっち)、これ以上(ポルシェ・ボクスターはこっち)だとデュアルクラッチの方が楽しい、ということです。

ゴルフRの場合は310馬力なので境界線を超えており、ぼくの技術を勘案するとMTだとこれを速く走らせるのは難しいだろう、という判断となります。

結局のところ、ゴルフRを試乗した印象は?

総括すると、ドライブモードを備えるため低速でも低く太いサウンドを楽しむことができ、かつドライブモードは「カスタム」ができるため、足回りは柔らかく、ステアリングレスポンスも緩めで、しかしサウンドだけはスポーティ、という設定も可能(サスペンションやステアリング、排気音などは個別に設定できる)。

さらにはコンパクトな車体、ドア5枚、低められたサスペンション、大きなタイヤ/ホイール、優れた燃費、高いパフォーマンス、快適な乗り心地、先進的な安全装備/ドライバーエイドを持った車で、この車にないものは「無い」んじゃないかと思えるほど。
しかも4WDでスタビリティが高いとなると「向かうところ敵なし」。

コストパフォーマンスを考えると、やはり「これ以外の選択は考えられない」という認識は今回の試乗でも全く変わらず、むしろ改めて確信させられるほどであり、ぼくの中での「ゴルフR最強伝説」がより強固になったと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。 ただ、経験則上からぼく ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

-■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), >VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.