>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

やはりBMW 8シリーズは大人気!またまた納車がはじまっていないのにチューナーが「621馬力チューン」を公開

マンハートは「マンハートらしい」ブラックとゴールドで攻めてきた まだ納車が開始されていないにも関わらずチューナー各社がチューニングメニューを発表しているという異例のニューモデル、「BMW 8シリーズ」。エンジンやトランスミッション含むドライブトレーンが既存モデルと共通ということからチューン/カスタムの予測を行いやすいためだとも思われますが、やはりその人気の高さがこれらチューナーを動かしている、と言えそう。 BMW 8シリーズはBMWにとって久々のラグジュアリークーペであり「ビッグネームの復活」。メルセデス ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

メルセデス・ベンツのトラック「Xクラス」が6輪化!外装フルカーボン、ブレーキはカーボンセラミック

内装チューナーがトラック専門ブランドを立ち上げ。メルセデス・ベンツXクラスをハードにカスタム 内装スペシャリスト、「カーレックス」が新たにトラックにフォーカスしたチューニングブランド「ピックアップデザイン」を立ち上げ。そして今回その第一弾としてメルセデス・ベンツ初のピックアップトラック「Xクラス」のカスタムを公開しています。 ただしその内容は「ただのXクラスのカスタム」ではなく、なんとメルセデス・ベンツG63 AMG 6×6ばりに「6輪化」。たしかに以前カーレックスはXクラスのカスタムカーを公開していたも ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】1000万円チョイで格安のマクラーレン12Cを購入した男。トラブルを乗り越えて幸せになれるか?

| トラブルを承知で格安マクラーレンを購入したユーチューバー。果たしてどうなる? | ユーチューバー、Tyler Hoover氏が格安のマクラーレンMP4-12Cを購入。 MP4-12Cはマクラーレンの市販車部門、マクラーレン・オートモーティブ初の量産ロードカーで2011年に発表されています。 発表時は「MP4-12C」という名称で、その後スパイダー版が2012年に登場した際に「12C」へと改名。 そして650S登場にあわせて生産の一時休止が発表され、そしてそのまま「二度と戻らぬ人」となっています。 なお ...

ReadMore

>マセラティ(Maserati)

その名は「高貴」。マセラティがギブリ、レヴァンテ、クワトロポルテに貴族的なスペシャルモデルを追加

| マセラティが見るからに高貴なスペシャルエディションを発表 | 残念ながら北米市場専用にはなるものの、マセラティがギブリ、クワトロポルテ、レヴァンテに対してスペシャルモデル「Edizione Nobile(エディツィオーネ・ノービレ)」を設定。 これは高級グレードの「グランルッソ」のみに選択可能なオプションという扱いになるようですが、これを選ぶとボディカラーは3層コートの「Blu Nobile」、20インチホイール、シルバーのブレーキキャリパーが専用装備として与えられることに。 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

内装チューナーがBMW M3をカスタム。非レザーを使用した新感覚インテリアに

内装だけじゃなく外装もしっかりカスタム ブルガリアの内装スペシャリスト、VilnerがE30世代のBMW M3の内外装をカスタム。Vilnerはリマック・コンセプト・ワンの内装を担当するなどその高い技術が認められたショップですが、外装をカスタムするケースは非常に希。しかしながら内装で培った高いカスタムセンスが遺憾無く発揮され、外装も非常に美しい仕上がりに。 こちらもオススメ、関連投稿BMW135iにM3のV8エンジンを積んだ挙句ボアアップしたツワモノ登場(動画あり)BMW M3に超アメリカンな30周年記年 ...

ReadMore

>フォード(FORD) ■ニュース

現代風にカスタムされた初代フォードGT。ハードカスタムで1000馬力を発生

フォードGTの発売は意外と新しくて2005年だった 先代フォードGTはアメリカ初のミドシップスーパースポーツとして知られますが、その生産は1,500台のみという希少車。ただし、それでもフォードGTをカスタム/チューンするオーナーは多く、このオーナーもその一人、ということになりますね。 なお、フォードGTについては、クライスラーにて「ヴァイパーのミドシップ化計画を進めていた人物がフォードに移籍して実現させたプロジェクト」である、という衝撃の事実も明かされています。 知られざる過去。ダッジ・ヴァイパーもミドシ ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■ニュース

内外装はモノトーンで統一。世界で28台のみ、アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが2億円で販売中

| あまりに美しいアストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスター | アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターが中古市場に登場。 走行わずか17キロの個体がJames Editionに登録されていますが、その価格はなんと2億円。 アストンマーティン・ヴァンキッシュ・ザガート・スピードスターは「クーペ」「ヴォランテ」「シューティングブレーク(ワゴン)」とともにリリースされた限定シリーズのひとつで、その中でも最も少ない限定台数「28台」を誇るレアカーです。 「2億円」というと ...

ReadMore

■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■近況について ■駄文(日々考えること) ■ニュース

ボクがよくみる車の夢「狭い路地」「ぶつける」「やたら小さい車に乗っている」の意味を調べてみた!こんなことを暗示していたぞ

ぼくは自分の見た夢を克明に記憶している さて、ぼくは自分の見た夢をかなり正確に記憶しており、かつそれを思い出すことが可能。よって色々と思い起こしてみると「いくつかのパターン」に分類されますが、「クルマ」に関する夢は大別して下記の三つ。 大きなクルマに乗る羽目になり、車庫入れや狭い路地で苦労する自分が運転している車をぶつけたり破損してしまうなぜか、やたら小さな車に乗っている こちらもオススメ、関連投稿こんな夢を見た。「猫と銭湯に」「ただ穴を掘る」「宝探しで小判を探し当てる」ポルシェ718ケイマンのキーホルダ ...

ReadMore

>その他アメリカ車 ■ニュース

こういったジープもアリ!2ドアクーペのアクティブなオフローダー、「ジープ・フリーダム・コンセプト」

ジープがこれからシェアを広げようとすると、今と違うデザインの別ラインを投入するしかない レンダリング・アーティスト、アントニオ・パリア氏が作成したレンダリング「ジープ・フリーダム・コンセプト」。文字通りジープのコンセプトカーとなりますが、なんとボディ形状は「2ドアクーペ」。かつ、これまでのジープにはない(違う意味で)エッジの効いたデザインを持っています(7つのスリットをモチーフにしたフロントグリルは健在)。 こちらもオススメ、関連投稿ジープが自ら7つのカスタムモデルを公開。スピード系、レトロ系、「Gクラス ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

明るいカラーの大型セダンは魅力!BMWアブダビがイエローのカスタムM5を公開

BMWアブダビは派手なボディカラーを持つサルーンが好み いつも様々なカスタムカーを公開するBMWアブダビが、今回オースティン・イエローのBMW M5コンペティションを公開。この「オースティン・イエロー」はBMWがもともと持っているボディカラーではありますが、M5には標準で設定されておらず、それを正規ディーラーであるBMWアブダビが、BMWのカスタム・プログラム「インディビデュアル」を使用して特別にオーダーした、ということになります。 なお、BMWのボディカラーは「フェニックスイエロー」「ダカールイエロー」 ...

ReadMore



●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4

ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4雑感。シフトモード、日常性、発熱など

更新日:

ランボルギーニ・ガヤルド雑感。ガヤルドに乗ることによってパラダイムシフトが発生する

IMG_2954

やはりeギアの威力は絶大

ランボルギーニ・ガヤルドはやはり衝撃的。
それはいろいろな意味においてですが、やはりぼくにとって初体験のEギアがもっとも衝撃的だと感じます(EギアはクラッチレスMTであって、ATではない)。
クラッチを踏まなくて良いことやステアリングから手を離さずにシフトチェンジできることが、これほどまでに便利とは思わず、シートに座ったまま、ほぼ手足の先っちょだけを動かせば車を操れるのですよね。








そのようなわけで比較的安楽に車を運転でき、「これから時代は2ペダル」とか思ったり。
パドルやウインカーレバーについても指先だけでコントロールできるのでステアリングを持ちかえることもなく、妙に力むこともなく操作できます。
最初は違和感のあった操作系ですが、慣れると「良くできているなあ」と思えるのが不思議。

IMG_3205

なお最近はスポーツカーにおいても2ペダル車が当たり前になってきているわけですが、MT派のぼくであっても、やはり2ペダルに慣れると2ペダルに軍配をあげたくなってしまいます。
とにかく2ペダルはドライバーの仕事量が圧倒的に減るぶん、ステアリングとアクセル、ブレーキ操作に集中できるというメリットがあり、それはかなり大きなもの。その分余裕ができる、ということになります。

フェラーリ・カリフォルニアの試乗でも感じましたが、カリフォルニアがもしMTであったならドライブを楽しむことができなかったと思うのですよね。
そう考えると、「2ペダル」ということを前提において開発した車は、より制約が少なく、より自由な発想を盛り込めるとも考えられます。
つまり、「2ペダルに限定したからこそ可能となったこと」も出てくるわけで、となるとMTは技術的なものに加え、新しい観点からみた自動車の楽しみ、という点においても2ペダルに劣る可能性もあり、MT派のぼくとしてはちょっと悲しいような気もするところ。

P5200303

ガヤルドのドライブモードには、使用すると一発で保証が切れる「スラストモード」がある

ガヤルドのドライブモードについて、プログラム上いくつかの段階があります。
自動変速となる「A」がもっともマイルドかと思いますが、その上がデフォルト(ノーマル?呼称は不明)。
その上が「スポーツ」、その上が「コルサ」。つまり、ガヤルドのシフトプレートにはAを除くとデフォルトよりも上のものが2つも並んでいることになります。体感的には”スポーツ”がちょうど良い(自分の考えるシフトスピードと差が少ない)と感じていますが、その上に「コルサ」。
なお、その上の隠れモードとして「スラスト」モードがありますが、これは使用するとその後保証が適用されなくなる、という危険モードですね。

なおガヤルドのリバースボタンですが、これはダッシュボードに埋め込まれる形に。
位置はともかく、その取り付け方がなんとも不安定で、ボタンの周辺にある金属のスリーブがむき出しだったり(しかもその塗装がすでにハゲたり)、ツラが合っていなかったりするのですよね。

IMG_2970

通常国産やドイツ車であれば、トリムなどを装備してキッチリとツラをあわせるわけですが、ガヤルドはそうでなく、ちょっと見栄えに問題があったりして、自分でリングを制作し、取り付けようと考えています。
また、このリバースボタンがいつの日かダッシュの中に入り込んで落ちてしまい、機能しなくなるのではという恐怖もあります。

こういった事象について、およそ完ぺきに近いドイツ車(具体的にはポルシェ911/ボクスター)に比べると、イタリア車(ガヤルド)はかなり甘い部分があり、そこがなんとも「脱力系」に思え、それもガヤルドとドライバーとの距離感を縮める一因ではないかと考えることも(スーパーカーなのに親しみやすい)。
接していて疲れない親近感というものがガヤルドにはあるようで、たとえば、ポルシェであれば気になるようなことであっても、「まあガヤルドだから」といった感じで許容出来てしまうところがあるのです。

現在順調に走行距離が伸びているガヤルドだが

ランボルギーニ・ガヤルドについて、順調に距離が延びています。
ひとことで言うと「楽しい車」でありますね。
今まで乗り継いできたドイツ車、とくにポルシェとの差異が激しく、そのギャップに驚いたり楽しんだりしながらも過ごしているわけですが、ディーラーさん(ランボルギーニ大阪さん)の助けもあり、非常に快適に過ごせています。

さらに追加で気づいたことがあるので、ここでいくつか列挙。
1.発進時の燃費が異常に悪い
停止と発進を繰り返すと、また低速で走行していると、そしてアイドリングが長いと、燃費が異常に悪化して、すぐに「リッター3.5km」くらになります。
ですが走りだすと結構燃費が伸び、現在のところ、総合的には997カレラと同等かやや落ちる、といったところです。

IMG_2994

2.荷物が載らない
これははじめからわかっていましたので不便に感じることはありませんが、買い物に出かけたときには注意したい事項であります。たとえば、ダウンジャケットなどを出先で買うと、(2人乗車した場合)車内に購入したものを置くことができないので、フロントトランクを活用する必要が。
フロントトランクについて開けるのは構いませんが、閉める時にポルシェでよく言われた「閉めるときに押す場所を間違えると、フード先端が曲がる」ということを激しく恐れていて、精神的にあまり開閉したくない場所でありますね。
ちなみに足元(助手席)は広々としているので、足元にも若干荷物を置くことができます。

3.Eギア
これはどの状況で負荷がかかっているのか把握しにくいというのが懸念。
半クラッチ状態が一番負担がかかるとのことですが、なかなか半クラッチを認識するのが難しく、そのためできるだけ「ガツン」とスタートし、今までMT車で行っていた、ジェントル発進&ノロノロ走行は避けています。
それでもときどきクラッチがコゲ臭くなることがあり、けっこうクラッチに負担がかかっているのかもしれません。

自走式立体駐車場でけっこう狭いところを上ったり下りたりする場合、いつもぼくは極めてゆっくりと走るのですが、その場合でもガヤルドでは(半クラッチとならないよう)猛然と走るのですが、そのような狭い場所においてはバンパーやタイヤヒットの可能性と隣り合わせですので、クラッチ消耗との間でけっこうなジレンマを感じることに。※不必要に飛ばすわけではない。ただ、パワフルな車なので、半クラではなくクラッチが繋がった状態になると必然的にスピードが出る

下りの場合だとギアを抜いて惰性で下ろうかとも考えますが、やはり危機回避を考えるとニュートラルで走るのは好ましくなく、やはり1速でバリバリと降りる、ということになるのもまた事実。
実際のところ、ぼくは極めて運転が慎重な人間で、しかしそれが逆にクラッチには優しくない、といったところですね(よってガヤルドでは、自分本来の運転とは逆の運転を行う必要がある)。
できれば「半クラッチインジケーター」なるクラッチの接続状態を示すデバイスや、クラッチの温度を表示してくれるメーターがあれば良いと思います。

4.熱
これも事前にわかっていたことですし、とくに問題はありませんが、エンジンの発熱がけっこうなレベルに。
ボディ後半はかなり熱くなりますし、エンジンフード裏側などは触ると火傷しそうなくらい熱くなります。
夏などは走行後に地下の涼しいところに駐車していても、なかなか熱が抜けず、車内の温度が上昇していることも。

IMG_2991

気温によっても各部の作動音などが変わっているように思える

寒くなってくると同時に、車から感じる状態というものも変化します。
欧州車はけっこうデリケートというか、外気温や車自体の温まり具合によっても大きく音やステライングフィールなどの印象が変り、ガソリンの重量(満タンか空に近いか)でもかなり走行フィーリングが変わると思います。

その点、日本車はどのような状況でも確実に同一の性能を発揮し、運転したときも同一の印象を与えるので、たいしたものだなあ、と考えたりすることも(常識的に考えると、気温やガソリン重量で車の挙動が変わるのが普通のように思える)

それはさておき、ガヤルドにとってのはじめての冬ですが、エンジン始動から触媒が温まって排気音量が落ち着くまでの時間は夏季とあまり変らないように感じます。
大きく変るのが走行開始時のフロントデフの硬さで、ガレージから出すときにハンドルを切ると「ゴリゴリ」というか「ボリボリ」というか、とんでもない音と衝撃が出ることに。
事前にランボルギーニ大阪さんから話を聞いていたので(異常ではないので)気にはなりませんが、とにかく相当な音と衝撃でありますね。

もうひとつ冬になって気づいたことといえば、水温や油温。これらがなかなか上昇しない模様。
冷却系に関しては、あのコンパクトなボディにV10を押し込んでいますので相当に強力なのだと思いますが(そのため夏でも水温/油温が安定している)、そのかわり冬は上昇しにくいので注意が必要かも。※オイルやクーラントの量がかなり多いと思われる
また、停車後について、夏はあれだけ熱くなかなか冷えなかったエンジンも、冬はかなり速いスピードで冷えてゆきます(ポルシェ911は冬でもわりと熱が残っていた)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●ランボルギーニ・ガヤルドLP560-4
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.