■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスではコードネーム「オメガ(”究極”という意味がある)」にてその計画が進められ、2019年にもそのコンセプトカーが公開されるだろう、とのこと。 そして報道によれば、この「オメガ」はピュアエレクトリックカーとなるとのことですが、現在エレクトリックカーを推し進めているボルボのサブブランド「ポールスター」を同じグループに ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

メルセデス・ベンツが生き残る道は誕生時と同じ「高級」路線のみ?コンセプトモデル二連発

メルセデス・ベンツはやはり優雅でラグジュアリーでないと レンダリングアーティスト、Dahye Jeong氏が「メルセデス・ベンツ・ノスタルジア・コンセプト(Mercedes-Benz-Nostalgia Concept)」を発表。ノスタルジアと名がつくものの、未来を強く意識したコンセプトカーであり、サイドの窓の視認性を鑑みるにおそらくは「自動運転」。なお、車体後部のデザインは「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ」の影響が強く見られるようです。 メルセデス・ベンツが「ヴィジョン・メルセデス・マイバッハ6」の ...

ReadMore

>ミッションE/タイカン関連

ポルシェ「タイカンの受注は洪水のように押し寄せてくる。大半はテスラからの乗り換えだ」

ポルシェ・タイカンの受注は予定を大きく上回る水準で推移 ポルシェ北米の社長、クラウス・ツェルマー氏がロサンゼルス・モーターショー会期中にCNETに語ったところによると、「タイカンの予約は文字通り”溢れかえって”いる。予想を遥かに超える反応だ」。以前にも欧州で受注好調だという話はあったものの、ポルシェは目標販売台数や受注台数を公開しておらず、よって「どの程度の受注があったのか」は現時点で全く不明です。 ポルシェがタイカンの受注をこっそり開始。「受注は予想より多い」←買うのはどんな人? こちらもオススメ、関連 ...

ReadMore



>アウディ(Audi) ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記) ■ニュース

【試乗:アウディQ5】外観はキープコンセプト、中身は激変。これ一台であらゆるシーンをカバー

更新日:

見た目よりも変わったのは中身

フルモデルチェンジを受けたアウディQ5に試乗。
新型Q5はメキシコ工場での生産ということ、プラットフォームが一新されたことが大きな特徴。
まず、新型アウディQ5のスペックはこんな感じ。

ボディサイズ:全長4680/全幅1900/全高い1665ミリ
エンジン:直42リッターターボ
出力:252馬力
トランスミッション:7AT(Sトロニック)
駆動方式:4WD(クワトロ)
重量:1820kg
タイヤサイズ:235/60R18
価格:6,620,000円(Q5 2.0 TFSI quattro)/6,910,000円(Q5 2.0 TFSI quattro sport)/8,920,000円(SQ5)








まずは新型アウディQ5の外観を見てみよう

新型Q5を見た第一印象は「あまり旧型(先代)との変化はないな」というもの。
先代Q5はアウディにとって大変な稼ぎ頭であり、A3やA4に次ぐ出荷台数を誇りますが、価格を考えるとそれらよりも大きな利益をもたらすモデルだと考えられ、よってアウディとしては「大きく変えないほうがいい」と考えたのかもしれません(そうすると中古市場の下落も多少なりとも防げ、Q5全体のイメージを保持できる)。

DSC04103

ただしヘッドライトやテールランプなどアウディ得意の「光りモノ」は最新のものが与えられ、フロントグリルもアルミ調のフレームがついた「烏天狗」ルックになって「最新世代」へ。

サイドにもA5やTT同様のプレスラインが設けられていますが、相変わらずアウディのプレスラインの「曲げ」精度と角度は群を抜いており、これは他社の追随を一切許さないところですね。
もちろん昔からこだわっている「チリ」の狭さも一級品で、これは他メーカーの車と並べると一目瞭然。
たとえばアウディ以外の車に乗ってアウディディーラーを訪問し、最新のアウディに囲まれると「かなり自分の車のチリが気になる」ことに。

DSC04112

最近のアウディは上述のように「エッジの立ったプレスライン」が一つの特徴ですが、Q5ではフロントフェンダー/フロントドア/リアドア/リアフェンダー、と4つのパネルの「プレスライン」が見事に連続。
なかなかこういった品質を持つ車はなく、よって殆どのメーカーはこういった「パネル間にまたがる、連続するプレスライン」を避けるものですが、アウディはそれだけ「自信がある」のでこういったデザインを採用しているのでしょうね。

DSC04109

なお、こちらの展示車は「スポーツ」グレードなのでちょっと張り出したアンダー周りをもっています。
これは「路面から跳ね上げた水など」をブロックし、ボディが汚れるのを防いでくれそう(その意味でもスポーツグレードを選びたいと思ったほど)。※バンパーのアンダー中央部は、実際の役割は果たさないと思われるものの、ディフューザーのような形状となっていてちょっとカッッコイイ

DSC04105

新型アウディQ5のインテリアを見てみよう

次いで新型Q5の内装。
こちらも先代から大きく変更されたという印象はありませんが、あらゆるパーツが最新世代のもの、そして線と面を強調した、洗練されエッジの立ったものに置きかえられています。

DSC04115

バーチャルコクピット(液晶メーター)はオプションで、通常だとこれまで通りアナログメーターが2つ、そしてその間に液晶表示が設けられるという仕様となり、そこには標準装備となるアダプティブクルーズコントロールなどの情報が表示されることに。

DSC04114

実際にシートに座ってみると、サイドのベルトライン、フロントウインドウの下端(とダッシュボード)が低いのでかなりオープンなイメージがあり、実際の数字以上に「背の高い車」のようにも感じられ、つまり「見晴らしの良い車」。
このあたりは同乗者にも喜ばれそうですね。

アウディQ5で走ってみよう

キーはTTと同じく最新の形状となっており、ドアをアンロックしてQ5へ乗り込みます。
気づいたのはシートの座面は意外と低いということで、これはレンジローバー・イヴォークよりもかなり低く、ある意味では乗用車的。
新型Q5はVWアウディグループのキモ入りプラットフォームであるMLB"Evo"を使用していますが、MLBプラットフォームはA4などにも採用されるもので、もともとSUV用ではないためにこういった「シート位置」となっているのかもしれません(もしくは最低地上高があまり高く設定されていないか)。

DSC04118

センターコンソールにあるエンジンスタートボタンを押してエンジンスタート。
かなり振動やノイズが抑え込まれているのがわかり、さすがはアウディにおける最重点車種、と思わせるところでもあります。
そしてシフトレバーをDレンジに入れてパーキングブレーキを解除して路上に出ることに。

乗り味はスムーズそのもので路面からの衝撃をほぼキャビンには伝えない印象。
試乗車は「Q5 ファーストエディション」なので20インチサイズのタイヤ/ホイールを装着していますが、こういった「乗用車のプラットフォームを利用したSUV」にありがちな、不快な突き上げや揺すられる印象はナシ。

DSC04107

乗用車の車高を上げると重心が上がって挙動が不安定になり、それをカバーするために足回りが固くなったりするのですが、そうなると乗り心地が悪くなるので今度はダンピングを弱める車も多く、となると今度は揺れが収まらなくなったり、という支離滅裂な足回りになることも。

実際にそういったSUVも少なくないのですが、アウディはさすがに(乗用車ベースの)SUVを作り慣れており、Q5も2代目ということもあって、この部分はかなり研究されているようですね。

DSC04116

エンジンは2リッターながらも252馬力(先代比で+32馬力)、車体重量は逆に70キロも減っており、そのために加速は俊敏そのもの。
いつも乗っているアウディTT(2リッター234馬力)よりも出だしやそこからの加速に優れるという印象で、「TTよりキビキビ走るんじゃないか」という印象です。

なおトランスミッションは7速Sトロニック、つまりデュアルクラッチですが、これはTTよりも「一段多く」、下のギアではクロスレシオになっているために「加速に優れる」と感じさせるのだと思われます。
変速ショックについてもかなり小さく(というか皆無)、パワートレーンが非常に優れている車だという印象。

なお、車内におけるノイズやバイブレーション、ハーシュネスは速度を上げたりエンジン回転数を高めても「そのまま」、つまり非常に低いレベルに抑えられたまま。

車の挙動も同じで、速度域が高くなっても動きに破綻がなく、あらゆる速度域で安定した加速やコーナリングを示す、という感があります。
ブレーキについても同様で、確実にスピードを落とすことができ、停止する際にも「ピタリ」と寸分の狂いもなく狙ったところへと停めることが出来るようですね。
加えてブレーキにナーバスさはなく、「安心してラフにブレーキを踏める」車でもあります(ガクンという挙動を示すシーンがない)。

DSC04117

実際どうなのアウディQ5?

(インゴルシュタットから移管され)メキシコ産ということで一抹の不安はあったものの、アウディからすると「絶対に失敗できない車」であり、本国生産と同じ品質を備えているであろうことは間違いのない車。
むしろ生産地の移転でコストが下がり、その下がったコストを車の魅力向上に充てていることも明らかで、その静粛性や快適性の向上は特筆すべきものがあります。

加えてエンジンもパワフル、トランスミッションも出来の良いデュアルクラッチ、駆動方式はクワトロ(通常はFFで、プロペラシャフトすらその時は回転しないように制御される)と動力性能もかなり高いレベル。

DSC04113

サスペンションもよくできていて、背の高い車、大きなタイヤを持つ車であるにもかかわらず、タイヤ/ホイールの質量を感じさせずに衝撃を吸収し、かつピッチやロールもしっかり抑えられている、と言えます。

ハンドリングは俊敏でスポーティ、室内は快適ということで「スポーツカーの運動性能とサルーンの心地よさ」を持つ車と言える車であり、そこに安全性がプラスされ、非常にコストパフォーマンスが高い車でもありますね。

どんな状況でどう乗っても、まず期待を裏切らないパフォーマンスと快適性を発揮してくれる車であり、まさにオールマイティ。
これまで以上のヒットになる可能性を感じさせる車であったと思います。

DSC04108

アウディはそのブランドイメージ的にやや中途半端なところがあり、メルセデス・ベンツの「圧倒的高級」イメージ、BMWの「スポーツ」イメージに対してアウディは「先進的」「なんとなく高品質」という感じで押しが弱いのも確か。
しかしながらその「先進」「品質」においては近年加速度的にレベルが上がっており、これらが大きな魅力となる日も近そう。

そしてQ5はアウディの目指す方向性が非常にわかりやすい車でもあり、メルセデス・ベンツGLC/GLE、BME X3/X4やレクサスRXあたりを検討している人は一度試乗し、比較対象に加えてみるのも悪くないのでは、と思います。

こちらはショールームに展示してあったアウディA5

これはアウディA5の限定車で、グリルやウインドウモールをブラック仕様としたもの。
フロントバンパー左右のエアインテークからフロントフェンダー内部へとちゃんとエアを流す構造を持っています。

DSC04121

シルバーのパーツが減ることで「アウディらしくない」印象があるものの、ぼく的にかなり気になった一台。

DSC04122

A5のプレスライン、パネルの合せ目も「恐ろしいまでに均一」。
やはりこの「ピッタリ感」はアウディ以外だと絶対に出せない、と感じるところ。

DSC04108

ホイールがブラックであればさらに格好良さそう。

DSC04123

相変わらず造形にこだわったヘッドライト。
とくにジャーマンスリー間での「ライティング競争」は激化しているようですね。

DSC04119

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






->アウディ(Audi), ■TEST DRIVE(色々な車の試乗記), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.