>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フィアットの格好良いコンセプトカー「ファストバック」。デザイナーが「アバルト版」、しかも市販バージョンのレンダリングを作成

たぶん市販時には「ファストバック」という名前ではなくなりそう FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)は2018年のサンパウロモーターショーにて「ファストバックコンセプト」を発表していますが、フィアットはこれを南米市場向けとして2020年に市販する、とアナウンス。つまり、残念ながら南米以外では発売されないということになり(実際にFCAは南米向けに「トロ」なるピックアップトラックも販売中)、しかし今回レンダリングアーティストがその「市販モデル」、そして「アバルトバージョン(アバルトと言うからには南米 ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

今度は中東。ベントレーに「真珠テーマ」のベンテイガを5台も同時注文したオーナーが現る

その名も「ベントレー・ベンテイガ・パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー」 ベントレーが中東市場向けにベンテイガのスペシャルエディション「パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー(Pearl of the Gulf by Mulliner)を5台のみ生産した、と発表。これは文字通り中東の真珠産業への歴史へのオマージュとなり、内外装は「パール」をイメージした仕様を持っていますが、驚くべきはベントレーが設定した限定モデルではなく、中東のオーナーがベントレーに(5台も)注文したものだそう。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore

>中国/香港/台湾の自動車メーカー >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

まさに歴史的快挙。中国製イヴォークのパクリ車に対しランドローバーが勝訴。そして「海外の自動車メーカーが対中コピー訴訟で勝ったのはこれが最初」だという事実

「やられっぱなし」の状況がこれで少しは変化する? レンジローバー・イヴォークは中国において大変なヒットとなり、そのために中国の自動車メーカーが異ヴォークをすぐさまコピーして「Landwind X7」として発売したのは記憶にあたらしいところです。そしてジャガー・ランドローバーは当然これに対して法的措置を取り、しかしなんと中国の地方裁判所はジャガー・ランドローバーの主張を認めないという判断を下し、つまり「イヴォークのコピー車は合法」になってしまった、という後日談のおまけつき。 中国でイヴォークのコピー車「X7 ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

ちょっと待って!ポルシェ「カーボンブレーキはホイールを汚したくない人が選ぶオプションだ。サーキットでは鋳鉄ディスクを推奨する」

しかも「カーボンディスクはサーキットを走ると劣化する」とも。PCCBの立場はどうなるの? ポルシェがカーボンセラミックディスクブレーキについて衝撃の発言。これはポルシェのオーストラリア法人にて技術担当を務めるポール・ワトソン氏が、カーメディア「WhichCar」に対して語ったもので、「カーボンセラミックディスクブレーキの寿命が長いというのは間違いだ。サーキットを走るとすぐに劣化する。カーボンセラミックブレーキは、ホイールがダストで汚れるのを嫌う人々が選択すべきオプションだ」という内容。 こちらもオススメ、 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスのハイパーカーはこうなる?「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」が公開

ロータスはウィリアムズと提携。これでハイパーカー開発が加速する? CGアーティスト、Antonio Paglia氏がロータスのハイパーカーという設定の「ロータス・イーヴル・ヴィジョンGTコンセプト」を公開。ロータスはそのクルマの名称に「E」ではじまるネーミングを採用しており、たとえば「エヴォーラ」「エラン」「エスプリ」「エリート」「エリーゼ」といった具合です。このコンセプトカーはその法則にのっとったことになりますが、「Evil」は「邪悪」「悪魔」という意味があり、その名の通りこのコンセプトカーはまさに「悪 ...

ReadMore

■自動車各メーカー業績/統計/ランキング等 >ロールスロイス(Rolls-Royce) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

ロールスロイス「最近の顧客は運転手ではなく自身が運転するためにクルマを買う。しかも顧客は20代が多い」。日本でも時計とクルマが好きなニューリッチが急増中

アメリカでは「ニューマネー」、日本だと「アクティブ・ミレニアルズ」 ロールスロイスCEO、トルステン・ミュラー・エトベシュ氏によると、「最近の(ロールスロイスの)顧客は自身でクルマを運転するケースが増えている」とのこと。ロールスロイスというと古くから「ショーファードリブンカー」、つまり運転手付きのクルマとして知られ、自分で運転するほうがレアケース、というたぐいのクルマであったわけですね。 こちらもオススメ、関連投稿【試乗:ロールスロイス・カリナン】お金で買える最高の満足がここにある。”わかっている”人に向 ...

ReadMore

>アウディ(Audi)

アウディ専門チューナー、ABTがRS5を+60に仕上げた「RS5-R」を発売。限定50台の過激チューンドカーがこちら

外装パーツの多くはカーボン製へ。エアロフリックも追加 アウディのチューンで知られるABTより、アウディRS5のコンプリートカー「RS5-Rスポーツバック」が発売に。これは世界50台限定にて発売されるもので、2.9リッターツインターボエンジンは450馬力から510馬力へと出力が増強。これはABTの開発によるECU、ラジエターへのウォーターインジェクション、カスタムエキゾーストシステム、インテークのアップグレード等によって達成されたもの。 こちらもオススメ、関連投稿香港は知られざるスーパーカー天国。多くのスー ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデスAMG「将来的にすべてのモデルをHV化」。ただしその理由は性能向上ではなく環境対策

となるとスポーツカーメーカーとは決定的な差が生まれることに メルセデスAMGが「将来的には全てのモデルがハイブリッド化されることになる」と発言。現在メルセデス・ベンツ、AMGはともに直6エンジンを復活させ、これとエレクトリックモーターとを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを実用化。すでにメルセデスAMGではC53、E53、GLE53がハイブリッド化されている状態です。なお、これらはハイブリッド化といえども、スターター用モーターとアシスト用モーターを一体化させた「マイルドハイブリッド」という部類となり ...

ReadMore

>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど ■新型車情報/スパイフォト/噂など >ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニがウルスと別に「タフでワイルドなLM002直接の後継」オフローダー発売とのウワサ。実際に社内では検討中らしい

ウルスのヒットがランボルギーニの考え方を変えた? lamborghini-lm002-urus ランボルギーニがなんと「LM002」の直接の後継とも言える、タフ&ワイルドなニューモデルを発売するのでは、というウワサ。ランボルギーニは「ウルス」を発売したばかりで、ウルスの発売にあたってはLM002との関連性が強調されたものの、やはりマニアは「両車を別モノ」と判断したようで、LM002後継を望む声が多いとされています。※ウルスにも”オフロードパッケージ”が存在するが、ハードコアなマニアには到底満足できないとい ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】貧困層33%のナイジェリア。古い車を修理して乗る習慣があるため「とんでもない希少車」が生き残っていることも

初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツ300SLの姿も ナイジェリアにて、クラシックカーを保護する人々を捉えたドキュメンタリー映像が公開に。動画に登場するのは初代ポルシェ911、メルセデス・ベンツSL、ダッジ・チャージャーといったクルマたちですが、一般の認識からすると「かなりなポンコツ」。 こちらもオススメ、関連投稿意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレンダリングがようやく登場【動画】ボクの持ってるミニカーよりも多い。およそ「コレクションすべき」クルマをほぼすべて集めたであ ...

ReadMore



>ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど >ランボルギーニのコンセプトカー等 >ランボルギーニ・ウラカン関連 >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)

カウンタックより「時代を先取りした」ランボルギーニのデザイン元祖、”マルツァル”がこれだ!

投稿日:2018/03/15 更新日:

| ある意味ではランボルギーニのデザイン的元祖 |

ランボルギーニ・マルツァルがジュネーブ・モーターショーに登場。
マルツァルは1967年にジュネーブ・モーターショーにて発表されていますが、今回51年の時を経て再び同じ場へと展示されることに。
なおミウラの登場は1966年で、カウンタックの登場は1974年であり、驚くべきことにカウンタックよりも7年前にこの未来的なコンセプトカーが作られていた、ということですね。
なお、マルツァルは実際に走行可能で、1967年のモナコグランプリではレーニエ皇太子とグレース妃が実際にコースを走行。
シャシーはミウラのものを流用していますが、4座化のために「半分に」エンジン本体の片バンクをカットし、6気筒へとダウンサイジングされたエンジンを載せています。








マルツァルはこんなクルマ

デザインはベルトーネに在籍していたマルチェロ・ガンディーニ(ミウラ、カウンタックもデザインしている)で、完全なコンセプトカーのため生産は一台のみ。
ずっとベルトーネに保管されていたものの、ベルトーネが会社を閉鎖するにあたりオークションへと出品され、個人コレクターによって1億8000万円程度で落札されることに(よって、今回の出展はその個人コレクターの所蔵品ということになる)。

ちなみにこのマルツァルは「市販化前提」のコンセプトカーであったもののさすがにアグレッシブすぎ、ちょっと(というかかなり)調整して発売されたのが「エスパーダ」。

↓こちらがエスパーダ

シャシーはミウラと同じものを使用していますが、4人乗りとするためにエンジンを「半分に」割った6気筒を搭載。

リアの「ルーバー」は後ろから見ると六角形=ヘキサゴンとなっており、現代にまで続くデザインモチーフをこの頃から採用していたこともわかります。

Lamborghini-Marzal-2

こちらはムルシエラゴLP670-4のリアフードですが、マルツァルとの共通点も感じられるところ。

lamborghini16

なお、このリアフードは画像を見ると小さなパーツを組み合わせて「一枚のフード」に仕上げているようで、とんでもない手間がかかっていることがわかりますね。

Lamborghini-Marzal-1

フロントノーズはジウジアーロ・パルクール、もしくはアウディ・ナヌークっぽい雰囲気も。

Lamborghini-Marzal-9

こちらがジウジアーロ・パルクール。
2013年の作品ですが、このときジウジアーロ(イタルデザイン)はVWアウディグループに吸収されており、その後今に至るまでランボルギーニがその株式を保有しているので、もしかするとマルツァルを意識してパルクールがデザインされた可能性も。



マルツァルの内装はもはや宇宙船。
一周(もしくは二周くらい)回って現代でもこういったメタリックなスニーカーやバッグの人気が高まっており、「流行はめぐる」ということもわかります。

Lamborghini-Marzal-5

このグラスエリアは4.5平方メートルもあるそうですが、これが51年前に作られたというのはどう考えても衝撃的。

Lamborghini-Marzal-4

ダッシュボードやインパネはこんな感じ。
ダッシュボードやセンターコンソール、ステアリングホイールにも「ヘキサゴン」が見られます。

Lamborghini-Marzal-10

そしてこちらはランボルギーニ・ウラカン。
同様にダッシュボードにヘキサゴンモチーフのパネルがあることがわかりますね。
なんとなくセンターコンソールもよく似ているような気がするほどですが、こういった現代のランボルギーニとマルツァルとの類似点を見るにつけ、やはり「マルツァルはランボルギーニの原点では」と考えたりします。

VIA:CARSCOOPS

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ランボルギーニ関連ニュース・ネタなど, >ランボルギーニのコンセプトカー等, >ランボルギーニ・ウラカン関連, >ほかランボルギーニ(ムルシエラゴ、ディアブロ他)
-, , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.