ad-728





●アウディTT(8S) ■近況について ■ニュース

アウディTTにて高速道路走行中、落下物にヒット。バンパーにちょっとだけダメージ

2018/06/05

| 時々遭遇する落下物 |

アウディTTにて高速道路走行中、前のトラックが落とした落下物にヒット。
落としたものは石灰のようなものが入っていた空の袋で、それがトラックの荷台からヒラリと落ちて宙を漂い、ぼくのTTの右フロントに当たった、と言う次第。
なお、ぼくは月間で2000キロくらいを走行しますが、過去に何度かこういった事態に遭遇しています。
今回はまだ被害が軽微ですが、以前にフォルクスワーゲン・シロッコに乗っていた際に落下物と接触した際は修理に70万円、期間にして1ヶ月を要するほどの大きな破損で、しばらくはトラウマとして残ったのが思い出されるところ。

どうにも逃げ道のない状況でのヒット

さて今回は高速道路上で、走行していたのは法定速度。
そして先行車はもちろん、後続車もいて、ぼくは追越車線を走っていたために、右には車がなく(壁面)、左側には車がいた状態。

そこで前を走る車からハラリと空袋が落ちてきたのですが、そこでガツンとブレーキを踏めばヒットを回避できた可能性が大。
一方でそうすれば後続車に追突される可能性もあり(後続車からは落下物が見えないので、ぼくが急ブレーキを踏むのは想定外)、そして左に避けるのは他の車がいるので不可能。

そして空袋は質量が小さく、風に吹かれてその動きが安定しないため軌道が予測できず、避けようにも「どちらへ避けるべきか」の判断が難しく、そこでもっとも安全に避けることができる右側へ、そして可能な限り後続に影響を与えないようにゆっくりブレーキを踏んだのですが、それでもやっぱり右(運転席から見ると左側)フロントに袋がヒットした模様。



バサっという音があったたために接触が確認できたわけですが、その後ミラーで確認しても袋が後方に飛んでいっていないので、どうやらぼくのTTのフロントバンパーに張り付いたようですね。
その後走行を続けると「ピュー」という風切り音が耳につくので、どうやらその袋が風にはためいて音を発している模様。

audi-tt2

思ったよりも被害は軽微

マズいなこれは。袋がナイロンの編み込みだったらかなり塗装面に(そのバタつきで)傷がつくんじゃないか?と考えるのですが、高速道路上でもあり、かつけっこう車が多いので停止するのはまず不可能。
仕方なくそのまま走行してから高速を降り、車を停止させたところでその貼り付いていた袋がハタと落ちたようで、ミラーで確認すると白い袋が路上に残されています。

その袋が接触していた部分はこんな感じで、幸いにも塗装を抉るような傷、摩擦で塗装が摩耗するような傷はないものの、よく見ると微細な傷多数。
まあ仕方ないなという感じで、ポリッシュをかければ多少はマシになるだろう、と考えています。

不慮の事態とはいえどもやはり気分がいいものではありませんが、もしぼくの車の前にもう一台いて、その車がこの落下物に遭遇していたら「前の車が予期できない急ブレーキを踏んで」ぼくがその車に追突していたかもしれませんし、もっとひどいことになり得た可能性もありますし、まあこの程度で澄んで良かったと思うより他はなさそう。

今までけっこう落下物にヒットしているような気もしますが、他の車もそれは同じであり、そしてよく考えると「うまく避けることができた」落下物も今までにけっこうあるので、今回は「確率的にもやむなし」なのかもしれませんね。

なお、ちょっと気になったのは「自動運転車」だったらこんなときどうするんだろうな、ということ。
落下物を回避すべく何らかの行動(急ブレーキや車線変更)を行うのか、しかしそれによる弊害(追突の可能性など)を考慮して「自分が落下物に当たるしかない」と考えるのか、さらに落下物の「質量やサイズ」は考慮に入るのか、落下物が移動する「軌道」も考慮するのか。
疑問は尽きませんが、自動運転車がこういった事態に遭遇し、その対応によっては二次的被害もあるかもしれない、と思った次第です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●アウディTT(8S), ■近況について, ■ニュース
-, , , ,