ad-728





>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

トヨタが「86 GR SPORT」発売。専用装備多数、ザックス、ブレンボ、ボディ補強も入って378万円

| カスタム前提、86 GR SPORTが登場 |

トヨタが「86 GR SPORT(3,780,000円~)」を発売。
トヨタはすでに「GR」ブランドを強化することを発表しており、「ブランドヒエラルキー」も構築済み。
トップはGRMNで、すでに「ヴィッツGRMN」が発売されていますね。※トヨタからのプレスリリースはこちら

002

今回の86については上から三番目の「GR SPORT」からのリリースとなり、その定義は「ライフスタイルにあわせて走りを楽しむエントリースポーツモデル」。
ただしその一つ上の「86 GR」用として開発されたパーツ群、たとえば専用スポイラー/メーター/リヤサスペンションメンバーブレースといった上級装備を与えられているようですね。
加えてアフターパーツを揃える「GR PARTS」からも86用パーツが一挙リリースされています。

なお、86は2016年に100台のみ限定で「86GRMN」を追加しており、「86 GR(4,968,000円)」も発売していますが、今回の「86GR SPORT」はカスタムを前提とした車両だとアナウンスされており、その特徴は下記の通り。
エンジンはFA20(2リッター/207馬力)でトランスミッションは6速マニュアル/6速オートマチック。

専用フロントスポイラー(アンダーリップ無)+専用フロントバンパーサイドフィン
brembo製17インチ対向フロント4ポッド・リヤ2ポッドベンチレーテッドディスクブレーキ
17×7 1/2J brembo専用アルミホイール(ブラック塗装/215/45R17 87Wタイヤ)
専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+GRエンブレム+スポーク部 : ブラック加飾)
専用コンビネーションメーター(ホワイトプレートタコメーター/GRロゴ付)

そのほか専用フロントスポイラー、ドアミラー、サイドステップ、リヤスポイラー、フェンダーガーニッシュがグレーメタリック塗装に、そしてトヨタエンブレムは「アクリル+ブラック」に。

86_s_grade_grs_exterior_pic_1

 

86_s_grade_grs_interior_pic_1

インテリアはこんな感じでスパルタン。
専用小径ステアリングホイール、ホワイトプレートタコメーター、専用オープニング画面、専用スタートスイッチ、そしてセンタークラスター/サイドレジスターベゼル/とアグリップにはブラックの加飾も。

carlineup_86_exterior_carviewer_item_grs_k1x_angle02

ボディカラーはピュアレッドのほか、クリスタルホワイトパール、クリスタルブラックシリカの3色のみ。

carlineup_86_exterior_carviewer_item_grs_d4s_angle02



GR PARTSからも86 GR、86 GR SPORT用パーツがリリース

今回の86GR SPORT発売にあわせ、トヨタは86 GR用としてGRフロントスポイラー(アンダーリップ付)&バンパーサイドフィン、86 GR SPORT用のGRフロントスポイラー(アンダーリップ無)&バンパーサイドフィン、GRリヤスポイラー、GRスタートスイッチ、モータースポーツに特化しラップタイム計測などが可能なGR T-Connectナビゲーションを(限定200台)を発売。
その内容は下記の通りとなっています。※一部は10月発売

GRフロントスポイラー(アンダーリップ付)&バンパーサイドフィン 178,200円
GRフロントスポイラー(アンダーリップ無)&バンパーサイドフィン 162,000円
GRリヤスポイラー 58,320円
GR小径本革巻き3本スポークステアリングホイール 60,480円
GRスタートスイッチ 15,120円
GR T-Connectナビ(7インチ/200台限定) 162,000/TOYOTA GAZOO Racing Recorder付 261,360円
GRアルミホイール(17インチ鍛造軽量 RAYS製)&フロント6ポッド・リヤ4ポッドブレーキセット 1,238,220円
GRアルミホイール(鍛造軽量 RAYS製) 385,020円
GRアルミホイール(鍛造軽量 RAYS製) 315,360円
GRフロントステアリングラックブレース 20,520円
GRリヤサスペンションメンバーブレース 48,600円

トヨタ86は腕を磨くにはもってこいのクルマ

なお、ぼくはトヨタ86を高く評価していますが、それは「基本運転技術がしっかりしていないと乗りこなせないから」。
コーナーではしっかり減速してフロントに荷重を乗せてステアリングを切り、そこからアクセルを踏んで後輪の駆動力で車体を曲げるという動作をしないと「速く走れない」クルマであり、それはとくにアウディのように「とりあえずアクセルを踏んで、とりあえずステアリングホイールを切れば」そこそこ速く走れてしまうクルマに慣れていると「その難しさ」に衝撃を受けるほど(クルマの挙動を感じながら、そして考えながら走る必要がある。ズボラな操作をしていると曲がらない)。

自分はこんなに運転が下手だったのかと教えてくれるクルマでもあり、その意味ではポルシェ911に通じるところがあるかもしれません。

あわせて読みたい関連投稿

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), ■ニュース
-, , ,