>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連 ■近況について ■ニュース

【動画】ランボルギーニのツーリングに参加してきた!空港滑走路を借り切ってゼロヨン大会を走ってきたぞ

合法にてフル加速できる機会はそうそうない さて、ランボルギーニ大阪/神戸さん開催のツーリングに参加してきましたが、今回はそのレポート「二回目」。ツーリングの目的地は和歌山県にある「南紀白浜空港」。ここの旧滑走路を借り切って、公道では試すことが出来ない、ランボルギーニの持つ加速性能を体感しようというのがこのツーリングの主な目的となります。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納車直後のアヴェンタドールSVJも登場ポルシェ718ケイマンのキーホルダーを「作って」みた。ボッテガ・ヴ ...

ReadMore

>その他ポルシェ関連/ニュース

最新レストア事情。ポルシェ356のレストアついでに「あえて」58年を過ごした風の褪色カスタムを

なにもピカピカの新車に戻すだけがレストアじゃない ちょっと新しい、いや古い「レストア」を施したポルシェ356B(1961年製)が登場。レストアというとすべてのパーツを新品状態に戻し、ピカピカの新車状態へと組み上げる作業を想像しますが、この356Bは修復すべきところは修復しながらも、「当時から今までそのまま時を経ていたらどうなっていたか」という想定のもと、あえて「古く」レストアしたもの。なお、こういったレストアはちゃんとした一つのジャンルとして存在するようで、「Patina Restoration(パティー ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

タイ発、ランボルギーニ・アヴェンタドールのリバティーウォークカスタム。ほかにもGT-R×JPSカラー、S660×マールボロカラーを公開

このボディカラーは刺激的 タイのチューニングショップ、インフィニティ・モータースポーツがなんとも格好良いランボルギーニ・アヴェンタドールのカスタムカーを公開。これはリバティーウォークのオーバーフェンダーキットを装着した上でレーシングカーのようなグラフィックへとラッピング。なお装着されるエアロキットはフロントバンパー、フロント/リアのリップスポイラー、ワイドフェンダー、リアウイング、フロントフードだと報じられています(車高が落ちており、かつロゴがあることからもエアサスペンションも装着していると思われる)。 ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI)

20台のみの限定モデル、ブガッティ・シロンスポーツ110Ansが転売。その価格5億円、納車は10月28日

どうしても転売だけは抑えることができない さっそくブガッティの限定モデル、シロンスポーツ110Ans エディションの生産枠が転売に。これはブガッティ設立110周年を記念して20台のみが発売されたレアカー。今回販売情報が掲載されているのはMobileですが、ここではこれまでにもメルセデスAMG ONE、アストンマーチン・ヴァルキリー、マクラーレン・セナ、ブガッティ・ディーヴォ等の生産枠が転売されています。 はじめてブガッティ・ディーヴォの転売が登場。12/28に生産が完了する「生産枠」が2.3億円増しの8. ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■外国ネタ・旅行など ■ニュース

メルセデス・ベンツがいい動画を公開した!ベンツ婦人が自動車の有用性を知らしめるために「人類で初めて自動車で旅行した女性」となった様子を実写化

当時、自動車は邪魔者扱いでだれもその有用性を理解していなかった メルセデス・ベンツがこれまでとは一風変わった動画を公開。これはメルセデス・ベンツのルーツに触れるもので、まるで映画のような仕立てを持つものとなっています。内容としては「自動車を発明した」メルセデス・ベンツ創業者(当時の社名は今とは異なる)であるカール・ベンツの妻、ベルタ・ベンツが「女性で、かつ世界で初めて」自動車によって旅行したときの様子を再現したもの。 当時は自動車自体の存在が知られておらず、知っている人にとっても「うるさく、馬よりも遅い」 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フェラーリが香港のオーナー向けにワンオフ「プロトティーポ」を製作。フェラーリ史上、”もっともエクストリームなクルマ”に

香港には高名なコレクターが多数存在する フェラーリが明日に「史上もっともエクストリームなワンオフプロジェクトを発表する」と公開。今回Facebook上にてその予告がなされていますが、プロジェクト名は「Prototipo(プロトティーポ)」。なお、このプロジェクトをフェラーリに依頼したのは「Blackbird(ブラックバード)」で、これは香港の正規フェラーリディーラーでもあり、つまりこのワンオフモデルは香港のオーナーがオーダーしたものだということになりそう(TK Makなる人物だと言われている)。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 ■近況について ■ニュース

ランボルギーニのツーリングに参加!なんと納車直後のアヴェンタドールSVJも登場

限定車とはいえ、まさかこれが市販車とは さて、先日アップしたとおり、ランボルギーニ大阪/神戸さん主催のツーリングへ参加。画像や動画、内容が盛り沢山なので、数回に分けてお送りしたいと思います。まず今回は、ツーリング前日に納車になったばかりという、アヴェンタドールSVJ。目にするのは今回二度目ですが、何度見ても驚きを隠せない迫力、そして遠目からでも「何かが違う」と一瞬でわかるオーラを持っていますね。 こちらもオススメ、関連投稿ランボルギーニ大阪/神戸新サービス工場へ。限定ムルシエラゴ、アヴェンタドールを画像に ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがまたまたトンデモ特許出願。「クルマを盗もうとしたヤツには催涙ガスを噴射してやる」→事故して自分に噴射されるとちょっと嫌だ

さすがに催涙ガスを積んだクルマを運転する気にはなれない これまで数々の奇っ怪な特許を出願してきたトヨタ自動車ですが、今回はなんとも驚くべき盗難防止装置を考案。トヨタはアメリカと日本では「盗難車ランキング上位」にあり、その対策としての意味合いもありそうですが、その内容はなんと「不法にクルマをスタートさせようとすると催涙ガスが噴射される」。 英国で最も盗まれるのはBMW X5!トップ10はBMW、ベンツ、ランドローバーのみ。日本とアメリカの盗難車ランキングも見てみよう その名は「ビークル・フレグランス・システ ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

フィアットの格好良いコンセプトカー「ファストバック」。デザイナーが「アバルト版」、しかも市販バージョンのレンダリングを作成

たぶん市販時には「ファストバック」という名前ではなくなりそう FCA(フィアット・クライスラー・オートモビル)は2018年のサンパウロモーターショーにて「ファストバックコンセプト」を発表していますが、フィアットはこれを南米市場向けとして2020年に市販する、とアナウンス。つまり、残念ながら南米以外では発売されないということになり(実際にFCAは南米向けに「トロ」なるピックアップトラックも販売中)、しかし今回レンダリングアーティストがその「市販モデル」、そして「アバルトバージョン(アバルトと言うからには南米 ...

ReadMore

>ベントレー(Bentley)

今度は中東。ベントレーに「真珠テーマ」のベンテイガを5台も同時注文したオーナーが現る

その名も「ベントレー・ベンテイガ・パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー」 ベントレーが中東市場向けにベンテイガのスペシャルエディション「パール・オブ・ガルフ・バイ・マリナー(Pearl of the Gulf by Mulliner)を5台のみ生産した、と発表。これは文字通り中東の真珠産業への歴史へのオマージュとなり、内外装は「パール」をイメージした仕様を持っていますが、驚くべきはベントレーが設定した限定モデルではなく、中東のオーナーがベントレーに(5台も)注文したものだそう。 こちらもオススメ、関連投稿 ...

ReadMore



>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

「レクサスは、なぜあんなにデカい口をあけているのか」。そのスピンドルグリルの秘密に迫る!

投稿日:2018/07/25 更新日:

| レクサス「スピンドルグリル」の秘密に迫る |

GQジャパンにて、「レクサスは、なぜあんなにデカい口をあけているのか?」という記事が公開に。
デカイい口、つまりはスピンドルグリルを指しますが、このスピンドルグリルについて一歩踏み込んだ考察を行っています。

なお、スピンドルグリルの「スピンドル」は「糸巻き」を指し、紡績業をそのルーツとするトヨタの歴史を象徴すると言われてきたものの、レクサスデザイン部主幹が「あれはボディ下部からエアをより多く取り込もうとした結果、あのデザインになったもので、糸巻きとは無関係」とコメント。

ただ、無関係であれば「スピンドル」と呼ぶ必要もなく、エア吸入を考えても糸巻き型である必然性もないため、やはりぼくは「スピンドルグリル=糸巻き」だと考えています。








スピンドルグリルはこうやって生まれた

まず、記事においてはレクサスにおけるスピンドルグリルの「成り立ち」を、須賀厚一レクサスデザイン部長へのインタビューを交えて説明。
これによると「レクサス立ち上げ当初に打ち出した、静粛性や快適性だけでは将来的に競争力を保てない」ということから何か視覚的特徴が必要、という意見が社内で出てきたことが発端だとしています。

「グリル=家紋とも言えるものの、レクサスにはそれがない」ということだそうですが、特徴的なグリルを創り出すにはクレイモデルを制作し、様々な議論がなされた模様。

そしてスピンドルグリルの「はじまり」は2007年のレクサスIS Fで、423馬力を発生するエンジンのクーリングのためにエアインテークを広げる必要があり、もともとの「逆台形」グリルの下側と拡げた、とのこと。
その後レクサスCTでよる連続性の高いスピンドル形状となり、2012年のレクサスGSにて正式に「スピンドルグリル」という名称を使用開始、としています。
さらにGSではブレーキ冷却用のダクトをスピンドルグリル下部両端に設けており、これがさらに「デカい口」に繋がったようですね。

spindle2

レクサスLSは「ブランド生まれ変わりの決意」

なお、レクサスは2017年に「和」へとブランドシフトを図る、と公表。
その後に発表されたLSでは須賀厚一部長いわく「ブランドが生まれ変わろうとする決意を表現したかった」とのことで、ブランドを代表する「家紋」であるスピンドルグリルにも変化を取り入れようと決意。
植物や蜘蛛の巣などあらゆるものに着想を得てスケッチを描いたといいますが、これを3年半~4年も続け、レクサスLF-FCコンセプトにて採用した形状に落ち着くことに。

LF-FCの市販モデルである「LS」に採用されるスピンドルグリルは設計に6ヶ月を要したと言われますが、実際に見るととにかく手間がかかっていることがわかり、最近ではアストンマーティン、アウディもレクサスLSのような、非常に込み入った形状を持つグリルを採用し始めているところを見るに、レクサスLSは自動車業界にも一定のインパクトを与えたと言えそう。

the-story-of-the-spindle-grille-by-lexus-02-06-1

さらにはグリルを単独のものとして扱うのではなく、グリルのラインがボディへと繋がってリアフェンダーの膨らみを強調しているとも述べていて、「流れ」をも強調しているようですね。



メッシュのテーマは「うつろい」

そしてレクサスがこだわったのはグリルの「外形」だけではなくその内部構造にまで及び、これもグリル~ボディのライン同様、見る角度や光によって表情が変化するようにデザインされている、とのこと。

デザインにあたっては「放射線状の基準線」をプログラム化して基本形を作るものの、数値的には「規則正しく」とも、人の目で見ると違和感がある場合があって、これを解決するためにメッシュを一本づつ、そして0.1度という単位で調整したようです。

the-story-of-the-spindle-grille-by-lexus-03-05

そうやって設計されたグリルは実際に「金型」で成形されますが、その金型は「髪の毛一本よりも細い」精度で造られており、ここにも職人技が再現されることに。
レクサスLSのシートは一般的なクルマのシートに使用されるよりはるかに狭い間隔(ピッチ)で縫われ、木目についても積層に積層を重ねて独自の文様を創り出したとされますが、最近のレクサスにはとんでもない技術とこだわりが詰まっていると言えそうです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.