>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アルファロメオがステルヴィオの下に位置する小型SUV発売?ジュネーブに「新型コンセプトカーを持ち込む」と明言

アルファロメオの小型SUV、大型SUV発売の話は以前から出ていた アルファロメオが3月5日に開幕するジュネーブ・モーターショーに「新型コンセプトを展示する」と発言。これはアメリカのカーメディアに対し、アルファロメオの北米法人のスポークスパーソンが語ったもので、「我々はジュネーブに全力で臨む」とも付け加えたと報じられています。

ReadMore

>ランボルギーニ・アヴェンタドール関連

まさかの超限定モデル、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJの「中古」が市場に登場

ホワイトとゴールド、高貴ささえ感じるカラーコンビネーション すでに完売している限定車、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJですが、なんとドイツにて売り物が登場(James Editionにて掲載中)。 アヴェンタドールSVJはアヴェンタドールの軽量ハイパワーモデルで、「ランボルギーニSV」の後継にあたるモデル。 「SV」=スーパーヴェローチェ(超速いという意味)にランボルギーニのハイパフォーマンスモデルを象徴する「J(もとはFIA競技附則J項に由来)」が付与されるという、名称のみでも”最強”を誇るクルマ ...

ReadMore

●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマン洗車。ダッシュボード、ドアインナーパネルの素材は汚れやすい

今回は主にインテリアの清掃について触れてみたい さて、ポルシェ718ケイマン洗車。冬季は融雪剤や降雪によって他の季節とはかなり異なる汚れ方をすることになりますが、気をつけないといけないのは「そういった汚れは塗装に対する攻撃性が高いこと」。つまり、融雪剤や雪とともに付着した汚れは「ヤスリ」のように塗装を傷める可能性があるということで、できるだけ多くの水を使用したり、洗剤を泡立ててから洗わなくてはならない、と考えています。 そんなわけで慎重に洗車を行い、そのためかかった時間は今回2時間ほど。 718ケイマンの ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) >その他ポルシェ関連/ニュース

ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一族にとって「20億円」は資産4500万円の人の「2000円」と同じレベル

もともとポルシェ創業者の孫、フェルディナント・ピエヒはハイパワー車が大好き ブガッティが先日「20億円のハイパーカーを発売」とも報じられましたが、それを予想したというわけではないものの、デザインスタジオのE.Milanoがシロンをベースに「ブガッティの新しいハイパーカー」をデザイン。主にはリアを延長し、さらにルーフからテールエンドには空力向上のためかカバーが装着され、純正よりも更に大きなサイズのタイヤとホイールを装着してローダウンしています。 つまりはロングテール化というか、マクラーレン「スピードテール」 ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >その他他ドイツ車

一見レトロな911、しかし中身はカーボンモノコックフレーム、プッシュロッドサス採用!710馬力、最高速360km/hのルーフCTRアニバーサリーが発表

光見えて灯火類はLED、ドアハンドルはポップアップ式のフラシュマウント ルーフが「見た目は昔の911、中身は最新レーシングカー並みの911」、”CTRアニバーサリー”を発表。なお、これは昨年にプロトタイプとして公開された「RUF(ルーフ)CTR 2017」のプロダクションモデルという位置づけで、ルーフの創業80週年を記念したもの(ポルシェは昨年に70周年を迎えたので、ルーフの歴史はポルシェよりも古いということになる)。 ※「CTR」は「カレラ・ターボ・ルーフ」の略 え?これが2017年の新車?ルーフが驚愕 ...

ReadMore

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンが新型ハイパーカー「003」のティーザー画像公開。ミドシップレイアウト採用、ヴァルキリーに続く”新たなる神話”がはじまる

デザインはヴァルキリー似、価格は1億円、限定台数は500台 アストンマーティンがコードネーム「003」と題されたハイパーカーのティーザー画像を公開。これはつまり「第三のハイパーカー」となり、ヴァルカン、ヴァルキリーに続く3台目、ということを意味します。ポジションとしてはヴァルキリーの下となりますが、アストンマーティンは「ヴァルキリー」にて初のミドシップスーパースポーツ(過去にはコンセプトカーで”ブルドッグ”-下の画像-なるミドシップもある)に挑戦。

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

これまでフロントにあったNACAダクトが消えた?最新のポルシェ911GT3(992)スパイフォト

ポルシェはいくつかのプロトタイプを用意、もしくはオプションパッケージを準備か 992世代の新型ポルシェ911 GT3が冬季テストを行う様子がスパイフォトとして公開に。これまではニュルブルクリンクを走行する姿が主に目撃されたものですが、今回は比較的鮮明な画質にて捉えられており、これまでになく細部がよく分かる内容となっています。なお、992世代の911においてはフロントフード先端形状に変更があり、「911/930/964世代」に近いデザインとなっていて、これまでの水冷世代の911(996/997/991)とは ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

さよならメルセデス・ベンツSLC。23年の生涯に幕を閉じるにあたり初代をイメージした最終記念モデル登場。同時に現行SLも終了に伴い特別仕様が登場

メルセデス・ベンツSLKは一つの時代を築いたと言っていい メルセデス・ベンツが「中国で売れないから」後継モデルはないとしていたSLC(旧SLK)に「ファイナル・エディション」を設定(日本への導入は未定)。つまりこれで現行SLCの寿命も終了ということになり、ついにその灯火が消えることに。「ファイナル・エディション」が設定されるのはSLC300とAMG SLC43で、面白いのはSLC43ボディカラーが「(初代SLK発表時のカラーをイメージした)サンイエロー」のみ、SLC300のボディカラーがセレナイトグレーで ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■近況について ■ニュース

意外とSクラスっぽい?やっぱりCLSとは別モノの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」を見てきた

思っていたよりもかなり大きなクルマだった さて、日本でも発表されたばかりの「メルセデスAMG GT 4ドアクーペ」。さっそく大阪はグランフロント内にあるのメルセデス・ミーへと展示車を見にゆくことに。展示車は「メルセデスAMG GT 63 S 4MATIC+」、つまり最強グレードで、ボディカラーはオブシディアンブラック、インテリアはレッドペッパー(AMGスポーツシート仕様)。理由は不明ですが、ショールーム内ではなく地下駐車場にて、施錠した状態かつ内装にはビニールのかかったままでの展示です。 メルセデス「4ド ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】その名は「ヒデト・ブルー」!世界で最も高価なペイントを持ち、オプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンが東京にいた!

オーナー友人の開発による、特殊なメタルフレークを使用した「世界にひとつ」の塗装 世界中からスーパーカーのレビューを届けてくれる女性ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。これまでにもケーニグセグ・レゲーラや5000馬力のデヴェル・シックスティーン、アポロ・インテンサ・エモツィオーネ(IE)の試乗レビュー、ピニンファリーナ・バッティスタなどレア中のレア車のを紹介しています。そして今回はなんと「東京」から世界に一台のボディカラーを持つ、そしてオプション総額1億円を超えるブガッティ・シロンをレポート。 こち ...

ReadMore



●ポルシェ718ケイマン(982) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること) ■ニュース

スポーツカーはなぜオワコンになり、なぜ一方でスーパースポーツは人気なのか?その理由を考える

投稿日:2018/09/25 更新日:

| スポーツカーはもはや壊滅状態 |

最近の報道でよく見られるのが「スポーツカーはその販売が壊滅状態」ということ。
ただしその内容を見てみると、スポーツカーすべてがオワコンなのではなく、むしろスーパースポーツの販売は好調なようです。
以前はスーパースポーツというとフェラーリやランボルギーニといったところが主な選択肢でしたが、今はマクラーレンがここに参入し、アストンマーティン、ポルシェもパフォーマンス的(価格的にも)にはスーパースポーツに足を踏み入れたと言って良さそう。

そのほか少量生産ながらもパガーニやケーニグセグ、そのほか新しいメーカーも誕生していますが、これらはいずれも「連続して前年を上回る好調ぶり」。

つまりブランドが増えたのに、各ブランドとも成長している(古参のフェラーリ、ランボルギーニがシェアを食われているわけではない)ということになり、つまりこれはスーパースポーツ市場そのものが活性化している、と言えますね。








スーパースポーツよりも価格帯の低い「スポーツカー」のほうが売れない現状

そう考えると「縮小」しているのはスーパースポーツではなく、その下のスポーツカーということなりますが、アウディTT、メルセデス・ベンツSLC、BMW Z4といったあたりが大きく販売を落としていると考えて良さそう。

実際のところこれらモデルの存続が危ぶまれ、ほかモデルとの併合、もしくはほかメーカーとの共同開発にてコストを削っての生き残り模索というのが現状です。

これ(スポーツカー市場の縮小)についてはいくつか理由があると思うのですが、かつてのスポーツカーの役割を、いまや他のボディ形状でも持ちうるようになった、というのがその大きな理由ではないか、とぼくは考えています。

たとえばスポーツカーのような「クーペ」スタイルは今やセダンでも再現しているモデルがあり、かつそのほうが人やモノも乗るわけですね。



そしてライトウエイトスポーツカーの持っていた俊敏性はコンパクトハッチ(ゴルフGTI、ゴルフRや、シビック・タイプR、フォーカスRS、アウディRS3、メガーヌR.S.など)のほうが優位性を発揮している状態。

そしてスポーツカーのウリのひとつである「パワー」「スピード」についても、セダンやSUVに対してスポーツカーはアッサリと負けを認めることになり、中にはアルファロメオ・ジュリアのようにスポーツカー顔負けのニュルブルクリンクにおけるラップタイムを記録するものも。

スポーツカーは「スポーツカー以外」のクルマになろうとしてきた?

スポーツカーにおけるメリットは「パワー」「スピード」のほかに「重心」「重量バランス」といったものがあるかと思いますが、現在では駆動方式(4WD、さらにはトルクベクタリング)やトラクションコントロール、アダプティブダンパーによってセダンやSUVでもスポーツカー並みに(しかもドライバーにとっては意識させないレベルで)姿勢を制御でき、スポーツカー顔負けの走りができるクルマが多数。

もちろんコンマ一秒を削るような走りだと生粋のスポーツカーに運動性で劣りはするものの、実際はサーキットを走らない人が大半で、しかも日常性を考えると、もはや「スポーツカーではないといけない理由」が現代では希薄なのだと思われます。

つまり、スポーツカーしか持ち得なかったものが、現代ではどのクルマ(セダンでも、コンパクトハッチでも、SUVでも)持ちうるようになり、スポーツカーがそれらに「代替されてしまった」ということになりそう。

かつ、スポーツカーはこういった現状の中で「いろいろな要望を満たそうと」して鈍重になってしまったものも多く、であれば加速を求める人はメルセデスAMG、ハンドリングを求める人はシビック・タイプRやメガーヌR.S.、といった感じで需要も「分化」しているのかもしれません。

つまり、近年のスポーツカーは販売を落としてきたために「スポーツカー以外になろうと」進化していて、スポーツカーは、スポーツカーをライバルとして性能向上を遂げているのではなく、サルーンやSUVをライバルとして開発されてきたのかもしれない、ということ(スポーツカーというよりは、GT的性格が強くなってきている)。

スポーツカーを求める人は、運動性能以外を求めていない

ただ、スポーツカーを好む人は、使い勝手が良かったり、快適であったり、モノや人が乗るクルマを求めていないと考えられ、求めているのは「ピュアさ」なんじゃないかと思うのですね。

だれもSUVやセダンと比肩しうる快適性や日常性をスポーツカーに求めていなくて、そんなスポーツカーよりは「快適で日常性があって」しかもパワフルなセダンやSUVのほうがいいワケで、よって「スポーツカーはオワコン」になっているんじゃないか、とも考えています(ここで需要と供給側の思惑との不一致が生じている)。

しかしながらこういった状況の中にあって面白い動きを見せているクルマが2つあるとぼくは考えています。
ひとつはポルシェ718で、もうひとつはアルピーヌA110。

ポルシェ718については、これまで「ボクスターとケイマン」であったものを、往年のレーシングカー「718」の名を冠することでイメージと機能の刷新を図ったもので、基本的にほぼ同じ構造を持つ981世代のボクスター/ケイマンに比べてぐっとスパルタンなクルマへと変身を遂げています。
ぼくは実際に981、718を自分のクルマとして乗っていますが、正直言うと「別のクルマ」。
それくらい印象が変わっており、「ポルシェは完全に718をピュアなスポーツカーだと割り切ったな」という印象を持っています。

そしてもう一台のアルピーヌA110ですが、こちらはGT的要素を排除してライトウエイトスポーツカーというベクトルに特化したクルマで、当然セダンやSUVとは比較もできない、共通性もない、代替性もない、というクルマ。

つまりスポーツカーはもともと「代替性の無い」特別なクルマであったものの、今や「代替性のあるスポーツカー(他のクルマの性能向上、スポーツカーがほかのクルマに寄っていったというふたつの理由において)」が多く、そのために存在意義を失い、結果として「他に取って代わられて」自らその生息地を狭めているように思えてならないのですね。

逆に「スーパースポーツ」はそのスタイリング、パフォーマンスとった面においても代替性がなく、そのために生息地を拡大しているのかもしれません。

よってスポーツカーが復権するには、スーパースポーツまでとは行かなくとも、「代替性のない」特徴を持つ必要があると考えていて、そこをどう製品に反映し、知らしめてゆくか、が重要な要件となるのだろう、と考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

-●ポルシェ718ケイマン(982), ■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■駄文(日々考えること), ■ニュース
-, , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.