ad-728





>ポルシェ911関連 >その他ポルシェ関連/ニュース ■ニュース

信じられないが本当だ!ポルシェが「新型935」を発売した!限定77台、価格70万ユーロ

| いつもポルシェはぼくらを驚かせる |

ポルシェが70周年記念モデルの一環として、新型「935」を発表。
最初に画像を見たときは「またCGアーティストの作成した”もしも”レンダリングか・・・」と思ったのですが、まさかのポルシェ公式で、「いやいやいやいやちょっと待って」というのが正直な印象です。

ポルシェが935に対して強い思い入れを持っているのは理解していますが、よもや「新型935」が出てくるというのは驚き以外の何ものでもありません。

ベースとなるのはポルシェ911GT2

ベースとなるのはポルシェ911GT2で、これにかつての935風のボディパネルを装着し、しかし各部の要素は「新しく」。

かつ、過去のアイコン的モデルの要素が取り入れられているのも特徴で、たとえばテールパイプは「908」にインスパイアされデザイン、そしてドアミラーは911のレーシングカーである「911RSR」風、インテリアだと911GT3Rに用いられていた軽量バルサ材を使用したシフトレバーなど。※ポルシェはバルサ材をよく使用していて、カレラGTのシフトノブにも使われる

porsche-935 (1)

デザイン的にはオリジナル935特有の、クジラ(モビー・ディック)に例えられたほどのロングテール、そしてリアウイングもしっかり再現。
ホイールは935/2ベイビー風ですね。

PAG_Infografik_935_EN

エンジンは3.8リッター・フラットシックスで、もちろんGT2RS同様にツインターボで加給され700馬力を発生。
トランスミッションは7速PDKのみという設定で、エレクトロニック・スタビリティコントロールがアップグレードされ、データロガーも追加に。

いいニュースと悪いニュースが

この935登場というのは驚愕のニュースですが、さらにこれについて「いいニュースと悪いニュース」も。

悪いニュースの方から紹介すると、この新型935は「公道走行不可能」。
さらにはFIAのどの規定にもマッチしていないため、公式レースへの参戦も不可能だそう。

porsche-935 (2)

しかしながら「いいニュース」だと、これはコンセプトカーではなく実際に市販されるモデルだということ。
台数は77台に限定されるものの、価格は70万ユーロ(一応70周年記念とかけている。ポルシェはボーナスの数字も”911”とかけたり、こういった数字遊びが大好き)、日本円だと約9250万円という設定です。

リアにはちゃんと「マルティニ(MARTINI)」の名も入っていますね。

porsche-935 (3)

ポルシェいわく、「この935は、ポルシェからの、世界中のファンに対するバースデープレゼントだ」とのこと。
手に入れることはまず不可能だとはわかっていますが、いちポルシェファンからしても、これはまさに最高の贈り物だと考えています。

porsche-935 (4)

インテリアは911RSRほど「レーシングカー寄り」ではなく、まだ市販車らしい部分も。
スポーツクロノがメータークラスター左端に埋め込まれていることもわかります。

これを見るに、マクラーレンP1 GTRやアストンマーティン・ヴァルカンに比較するとまだ「公道走行可能な仕様へコンバート」するのは難易度が低いかも(たぶん実際にコンバートした車両が出てくるかもしれないが、ポルシェは必要な書類を発行しない可能性も)。

porsche-935 (5)



ポルシェ935はこんなクルマ

935/78モビー・ディックは上述の通り「バカでかい」リアウイングを持ちますが、845馬力という出力、それに対してわずか1025キロという軽量性、最高速度366km/hという圧倒的なパフォーマンスが特徴。
「モビー・ディック」はその長大なテールとウイングがクジラを連想させることからついた愛称です(ポルシェによる935/78の紹介はこちら)。

ベースは当時のポルシェ911ターボで、グループ5への参戦を目的に開発されていますが、とにかく速く(速いという言葉では不十分なほど)、レースでは圧倒的な戦績を収めたクルマとしてポルシェのモータースポーツ史に燦然と輝くモデルであり、1977年の登場から1984年の製造終了までの間、ル・マン、デイトナ24時間ほか150ものレースで勝利を収めた伝説のレーシングカー。

1978-Porsche-moby-dick-935

過去にはポルシェ英国のディーラーが「935モビー・ディック」をモチーフにカスタムした911を公開したことも。

ポルシェが「935/78”モビー・ディック”」風カスタムを施したワンオフの911GT2RSを公開

最近だと「DPモータースポーツ」がポルシェ911を935風にカスタムした車両を公開していますね。

ポルシェ964改、「935風」。レトロな逆行カスタムに飽きたら次はレーシングカー風だ

さらに935はポルシェが公式に認める「もっとも巨大なウイングを持つクルマ」。

ポルシェ公式「ワイルドなリアウイング、トップ5」が動画にて。1位は935”モビー・ディック”

なお、ポルシェは数年前にボクスター/ケイマンに対して「718」の呼称を復活させていますが、今回の「935」発表を見るに、過去のヘリテージを活用するという傾向を強める模様。
ちょうどフェラーリが新しい限定モデルで過去のレーシングカーにモチーフを求め、「50-60年代のイメージを反映させる」と発表したのとよく似ていますが、新規参入が多数出てきたスポーツカー市場において、こういった「歴史」を活かすことができるメーカーはやはり「有利」だと言えそうです。

ほか、ポルシェは70周年記念として「911スピードスターコンセプト」を発表していますが、こちらも過去のモデルへのオマージュが随所に見られるコンセプトカーですね。

ポルシェが「911スピードスターコンセプト」発表。70年前の今日「ポルシェが誕生」した記念モデル

VIA:PORSCHE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



->ポルシェ911関連, >その他ポルシェ関連/ニュース, ■ニュース
-, , , , , , ,