>ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

カーン・デザインがランボルギーニ・ウルスのカスタムに参戦。ボディカラーはなぜかピンク

投稿日:

| カーン・デザインがランボルギーニ・ウルスのカスタムに参入 |

過激なデザインで知られるカーン・デザインですが、今回はインスタグラムにてランボルギーニ・ウルスのカスタムアイデアを披露。
カーン・デザインはフェラーリやアストンマーティン、そしてランボルギーニなどスーパースポーツを対象にカスタム/チューニングを行なっていますが、今のところランボルギーニを対象にしたものだとアヴェンタドール向けにホイールを発売するのみ。

なお、カーン・デザインが今回公開したウルスのカスタムはボディパーツとホイール。
ボディカラーはなぜか「ピンク」ですが、フロントバンパーが交換されているようですね。

ボディし周りのブラックアウトでスポーティーに

こちらはノーマル状態のウルス。
ノーマルとカーン・デザインのウルスとを比べてみるとフロントバンパーそのものが変更されているようですが、カーン・デザインのウルスに装着されるバンパー形状は標準装着されるデザインを(グリル含めて)下敷きにしたもので、「純正だ」といっても通用しそう。

ボディサイドについては純正のサイドステップをそのまま使用し、しかしブラックの面積を拡大することでボディを「薄く」見せ、かつサイドを絞り込んだかの様な視覚効果を演出していて、かなりスポーティーな印象も。

加えてフロントバンパー下部やホイールもブラック仕上げなので、かなり引き締まった印象も受けますね。

このカスタムはフロントバンパーを交換しなくとも実現できそうで、もしウルスを購入することがあれば「この案いただき」といった感じです。

urus2

こちらもカーンの公開した画像ですが、ボディには手を加えておらず(フォトショップでボディカラーを調整し、サイドにKAHNのロゴを入れたくらい)、ホイールはブラックにシルバーの切削加工。

すいぶん上の「ピンク」とイメージが異なり、しかしこれはこれでボディサイドのシルバー部分とマッチしている、と思います。

urus

 

View this post on Instagram

 

#PINK Top or Bottom? Lamborghini Urus wearing 23” Type 53 Forged wheels by KAHN®

Afzal KAHN®さん(@afzalkahn)がシェアした投稿 -

VIA:KAHN DESIGN

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ・ウルス関連, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.