>ランボルギーニ・ウルス関連

ランボルギーニ・ウルス向けになんと「アクラポヴィッチ製」チタンエキゾーストが純正オプションとして登場!その価格143万円

投稿日:

今後はアヴェンタドール、ウラカン用としてもアクラポヴィッチ製エキゾーストシステムが登場するかも

ランボルギーニ・ウルス向けの純正オプションとして、なんと「アクラポヴィッチ製」のエキゾーストシステムが追加。
これはランボルギーニ麻布さんのブログにて紹介されていたものですが、その価格は税抜きで1,433,870円。

非常に高価な製品ではあるものの、パフォーマンス10%アップ(ターボエンジンはマフラー交換によるパワーアップを期待しやすい)、重量-35%、テールパイプにはランボルギーニ(Lamborghini)とアクラポヴィッチ(AKRAPOVIC)のロゴ入り、そして販売はランボルギーニ正規ディーラーのみ。

アクラポヴィッチは多くのメーカーに純正採用される高品質エキゾーストシステム

なお、アクラポヴィッチは1992年創業と比較的新しいメーカーで、しかし現在ではすでに「欧州最大級のエキゾーストシステムメーカー」にまで成長。

当初はバイク(自動二輪)のアフターマーケットにて人気を博し、その後にBMWなど純正採用するメーカーも登場(アフター品のエキゾーストを純正採用するのは極めて珍しい)。

現在では4輪用ラインアップも拡充しており、ルノー、アルファロメオ、BMW、アウディなど純正オプションとして用意しているメーカーも多数あります。

さらにアフター品としてのアクラポヴィッチだと、対応メーカーだとフェラーリ、ランボルギーニ、マクラーレンといったスーパーカーから、BMW、アウディ、フォルクスワーゲン、アバルト、ポルシェ、ミニ、メルセデス・ベンツといったところまで。

なお、ケーニグセグ・レゲーラの”フィッシュテール”マフラーはアクラポヴィッチとケーニグセグとの共同開発だとアナウンスされていますね。

基本的にアクラポヴィッチのエキゾーストシステムは「フルチタン製」で、テールパイプに美しくデザインされたカーボン製のスリーブが装着されるのが特徴で(これがないものもある)、独特なデザインを持つことで知られます。

写真の説明はありません。

アクラポヴィッチはすでにアフター品としてランボルギーニ・ガヤルド(90万円くらい)、ウラカン(140万円くらい)、アヴェンタドール用(170万円くらい)のエキゾーストシステムを発売していますが、「純正」として発売されるのは今回がはじめてかもしれません。

加えてランボルギーニも「スポーツエキゾースト」を純正オプションとしていくつかのモデルにラインアップしているものの、アクラポヴィッチ製の採用そしてアクラポヴィッチとのダブルネームははじめて。

しかしながらランボルギーニの属するフォルクスワーゲングループでは、VWやアウディなど、アクラポヴィッチ製エキゾーストを純正オプションとして揃えているブランドもあり、今後はランボルギーニ、そしてポルシェといったグループ内のほかブランドもその流れに沿うことになりそうですね。

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

->ランボルギーニ・ウルス関連
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.