>シボレー(CHEVROLET) >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >スウェーデンの自動車メーカー >フェラーリ(Ferrari) >日産/インフィニティ(Infinity) >プジョー(PEUGEOT) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

もしも新型スープラがBMWではなく、他メーカーとの共同開発だったら!AMG、フェラーリ、アストンなど「もしも」なレンダリング

投稿日:2019/05/23 更新日:

| 中には「ないとは言えないな」というものも |

新型トヨタ・スープラは「BMWとの共同開発によるスポーツカー」。
その理由としては、トヨタ単独で開発を行うと”とんでもなくお金がかかる”ためで、というのもトヨタはスープラの「魂」とも言える、そしてスープラに”なくてはならない”直6エンジンを持っていなかったから(そしてBMWは直6エンジンを持っていた)。

よって、トヨタが単独で新型スープラを開発するとなると、プラットフォームだけではなく直6エンジンも開発しなければならず、よって「そうなれば、とうてい今の価格では販売できなかっただろう」とも語られています。

なお、トヨタは新型スープラのコンテンツにおいても他社との共同開発によって新型スープラが作られたということを記載するなど「隠そうとはしておらず」、海外生産や、それにともなう「納車期間の長さ」についても触れています。

そこで今回Budget Directが公開したのが、「もしもトヨタが、新型スープラを開発するのに、他メーカーとコラボしていたら」。

メルセデス・ベンツ(AMG)×トヨタ・スープラ

まずはメルセデスAMGで、これは「今ならアリ」と思うことも。
スープラの開発が始まった当時(2012年くらい)だとメルセデス・ベンツは直6エンジンを持たず、よってその頃だとメルセデス・ベンツに白羽の矢が立つことはなかったかもしれません。

ですが今やメルセデス・ベンツは直6エンジンを復活させ、BMW Z4同様に「SLC」において販売減少に悩んでいるため(よってSLCは販売終了に)。
よって、もしトヨタが(今であれば)共同開発を打診する可能性もあり、メルセデス・ベンツとしても「受けた」可能性がありそうです。

アストンマーティン×トヨタ・スープラ

そして次はアストンマーティンとトヨタですが、両社の接点は歴史的にはなく、しいて共通点を挙げるならば、両方とも「ボンドカーとして銀幕に登場した」ということくらい(厳密には、トヨタ2000GTはジェームズ・ボンドが運転したわけではない)。

ただ、価格が高くなろうとも、ヴァンテージやDB11と車体やエンジンを共有する「新型スープラ」を見てみたかったような気もしますね(レンダリングではフロントがヴァンテージ風)。

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/46987717085/in/dateposted-public/

フェラーリ×トヨタ・スープラ

そして「現実には絶対にないな」というのがフェラーリ×トヨタ・スープラ。
フェラーリは他社との共同開発を好まず純血を守る傾向があること、そしてそもそもトヨタにとっても(フェラーリベースだと)価格的に高くなりすぎることがその理由ではありますが、こうやって「もしも」を夢想するのは楽しいものだ、と思います。

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/40937227853/in/dateposted-public/

プジョー×トヨタ・スープラ

プジョー属するPSAとトヨタとは関係が深く、実際に車体を共有しているので、「アリといえばアリ」なコラボ。
ただしPSAはスポーツカーを作る意志はなさそうでもあり、やはり現実的には「無い」のかも。

レンダリングでは「コンパクトなスープラ」が再現されていますが(PSAはコンパクトカーに特化)、これはこれで面白そうですね。

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/47903808731/in/dateposted-public/

日産×トヨタ・スープラ

これはまさに「禁断のコラボ」ともいえ、画像のようにスープラとGT-Rとがなんらかの共有を行ったり、フェアレディZとの兄弟車になると面白そう。

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/47903809051/in/dateposted-public/

なお、日産は「共同開発を行わない」方針を持っているようです。

シボレー✕トヨタ・スープラ

こちらはC7世代のコルベットと合体したトヨタ・スープラ。
シボレーもあまりバッジエンジニアリングを行うというイメージは無いものの、過去にはスズキと関係があったことも。

アメリカ市場向けに「V8エンジン」を搭載したマッスルなスープラも面白そうですね。

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/40937228033/in/dateposted-public/

テスラ✕トヨタ・スープラ

テスラとトヨタとは「パナソニックを通じて」関係がないこともないようではありますが、もし新型スープラがテスラとの共同開発にて「フルエレクトリック」であったならば、これは相当な衝撃であったに違いありません。

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/40937227933/in/dateposted-public/

ボルボ✕トヨタ・スープラ

最後はボルボとトヨタとの共同開発による新型スープラ。
ボルボもスポーツカーを作ることに積極的ではなく、実現性は限りなくゼロに近そうではあるものの、この意外さがいいのかもしれませんね。

https://www.flickr.com/photos/[email protected]/47903808721/in/dateposted-public/

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->シボレー(CHEVROLET), >トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS), >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), >スウェーデンの自動車メーカー, >フェラーリ(Ferrari), >日産/インフィニティ(Infinity), >プジョー(PEUGEOT), >BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.