>ジャガー(Jaguar) ■近況について ■ニュース

シビれるジャガー!ブランド初のEV、「I-PACE」を見てきた。ジャガーの伝統と未来、そしてSUVの利便性とスポーツカーの走りを併せ持つ新しい乗り物だった

投稿日:2019/05/26 更新日:

| 正直、これは期待以上だ |

ジャガー初のフルエレクトリックモデル、「I-PACE(I-ペイス)」。
さっそく展示試乗会へと行ってきましたが、まずはその内外装のインプレッションからお届けしたいと思います(のちに試乗編をアップ)。

初見にて感じるのは「SUVよりもスポーツカーに近い」というもの。
車高は意外に低く、フロントウインドウの傾斜が緩い(寝ている)ためにそう感じるのでしょうね。

ジャガーI-PACEはジャガーの未来と過去を併せ持つ

ジャガーI-PACEは「フルエレクトリック」ということで、間違いなく「ジャガーの未来」を示すクルマですが、よくよく見るとフロントフェンダーが盛り上がり、そのままサイドで一旦下がって(そのため横方向の視認性はかなりいい)またリアフェンダーで盛り上がる、というラインを持っています。

これは「D-TYPE」はじめ、クラシックジャガーに見られるデザイン的特徴でもありますね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そして各部の仕上げも「ジャガーらしく」、たとえばウインドウモールはポリッシュがかけられたアルミ(風?)が採用され、非常に高い質感を持っています(ここが樹脂やラバーだと著しく高級感を損なう)。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

フロントグリルは「非貫通」、つまり風を通さない「フタ」。
ただしジャガーらしさを演出するためか「グリルレス」としなかったようですね。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

ドアハンドルはポップアップ式。
これは新世代のジャガー・ランドローバーの特徴で、レンジローバー・ヴェラール/イヴォークにも採用されていますね。

画像に含まれている可能性があるもの:電話

ホイールは20インチ(グレード、オプションによって18〜22インチまで)。
ちなみにジャガーのクルマに採用されるタイヤ/ホイールはかなり直径が大きいことが特徴で、これはE-PACE、F-PACEも同じ。

この「大きなタイヤ/ホイール」については、デザイナーのイアン・カラム氏の意向によるところが大きいようですね。

ちなみに最低地上高はけっこう高く、しかしタイヤ/ホイールが大きいために「4輪で踏ん張っている」印象が強く感じられ、かなりな安定感が感じられるもの。
渡河水深は50センチ、とのこと。

画像に含まれている可能性があるもの:車

リアはこんな感じ。
フロントは低く、フロントウインドウはかなり寝ていて、ベルトラインは「後ろ上がり」。
そしてリアデッキは高く、リアウィンドウはクーペを連想させる傾斜を持っていおり、かなりスポーティーな印象もあります。

加えてサイド部分の下がぐっと絞り込まれ、これによって前後フェンダーが(相対的に)張り出しているという印象を持たせることに。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

リアの「ジャガー」エンブレムはけっこう巨大。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

リアデッキには小ぶりのスポイラー、そしてルーフスポイラーは左右端がツノのように尖った形状。
他の部分にこういった鋭い突起は見られず、ここだけに「鋭いエッジ」を使用するというユニークなデザインです。

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

そしてリアディフューザーもかなり巨大。
こういった部分がI-PACEをスポーツカーのように見せているのでしょうね。

画像に含まれている可能性があるもの:車

ジャガーI-PACEのインテリアはこんな雰囲気

そしてジャガーI-PACEのインテリアはこんな感じ。
ほかのジャガーとはけっこう違う印象があり、どちらかというとレンジローバーに近い雰囲気ですね(ジャガーは囲まれ感が強いコクピットデザインが特徴だが、レンジローバーは開放的)。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)

ダッシュボードのセンターには大きな液晶モニター。
操作のほとんどはタッチ式ディスプレイで行い、物理スイッチは最小限です。

写真の説明はありません。

エアコン操作はダイヤルにて。
ただしダイヤルのインナーにも液晶が内蔵されるなど「基本はデジタル」。
これを「回す」「押す」「引く」等の操作を組み合わせ、各種調整を行います。

写真の説明はありません。

メーターはフルデジタル。

写真の説明はありません。

シートは非常に上質。
座り心地も上々です。

画像に含まれている可能性があるもの:座ってる(複数の人)、靴

フロントトランクは(大きなフロントフードに比較して)極小。
リアトランクはけっこう広い構造を持ちますが、バッテリーを下に敷き詰めているためかフロアが高くなっています。※フロントは27リッター、リアは1453リッター

画像に含まれている可能性があるもの:車、屋外

なお、ジャガーI-PACEのスペックは下記の通り。
けっこう大きく、けっこう高価なクルマですが、その装備や走行性能を考慮すると、現時点では「お買い得なEV」だと考えています。

ジャガーI-PACE
ボディサイズ:全長4680ミリ、全幅2011ミリ、全高1565ミリ
駆動方式:AWD(2モーター)
車体重量:2208キロ
出力:400馬力
航続可能距離:480キロ※1時間で270キロ分の充電が可能
0−100キロ加速:4.8秒
価格:959万円〜1162万円

他の画像はFacebookのアルバム「ジャガーI-PACE」に保存しています。

こちらは(もちろんフルエレクトリックなので)無音でジャガーI-PACEが走行する動画。

そしてこちらはジャガーI-PACEの外装を収めた動画。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->ジャガー(Jaguar), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.