>パガーニ(PAGANI)

走行わずか1,126kmのパガーニ・ウアイラが中古市場に登場。その美しい内外装、エンジンルームを見てみよう

投稿日:2019/06/15 更新日:

| ウアイラ以上に美しく芸術的なエンジンルームを持つクルマはほかにない |

ときどき出てくるパガーニ・ウアイラの中古売物件。
今回は2014年製のウアイラに、サーキット走行志向へとエアロパッケージ/設定を変更する「テンペスタ・パッケージ」を装着した車両が販売中。

ウアイラの生産は100台に絞られており、その中でもテンペスタ・パッケージを装着した車両は非常に少ないと思われるため、今回の売り物は「かなり希少」だと考えられます。

今回のパガーニ・ウアイラのコンディションは新車並み

このウアイラの走行距離はわずか1126キロに留まり、「ほぼ新車」と言っても差し支えないレベル。

生産番号は「57」なのでちょうど「100台の真ん中」くらいということになり、最初の納車先はアメリカ合衆国。
販売価格については例によって「ASK」ですが、おそらくは3億円前後では、と見られています。

ボディパネルのほとんどはネイキッドカーボン(カーボンむき出し)、そしてフロント、ルーフ、ピラー、サイド、エアインテーク周辺はレッドのアクセント。

414efba5-pagani-huayra-tempesta-2

ホイールもレッドとブラックに彩られ、全体的に統一感の高い仕様です。

4699f512-pagani-huayra-tempesta-4

テールパイプはおなじみ「クワッド」。
もちろんチタン製ですね。

20f50dfa-pagani-huayra-tempesta-16

ナンバープレート取付部にはホワイトで「PAGANI」のレター。
その下にはバックカメラ、そしてリアフォグランプも。
リアディフューザーはネイキッドカーボンです。

8810bd73-pagani-huayra-tempesta-17

ヴィンテージっぽいマーブル柄のレザーでつくられた専用バッグ。
本当にこれだけ収納できるんかいな?と疑問になるものの、ちゃんと収納できるのでしょうね。

eaf655e2-pagani-huayra-tempesta-8

パガーニ・ウアイラのインテリアは独特の雰囲気を持っている

そしてインテリアはブラックとレッドのレザー、そしてアルカンタラをベースにカーボンとアルミがふんだんに使用され、「豪華きわまりない」雰囲気に。

92acdeb8-pagani-huayra-tempesta-5

インテリアはレトロな雰囲気、そしてサイバーパンクな雰囲気も。
ウアイラのキーが「ウアイラ型」を持つことは知っていましたが、センターコンソールにこうやって挿すというのは初めて知りました。

0dab98c3-pagani-huayra-tempesta-6

メーターもレトロかつサイバーパンク。
削り出しそしてポリッシュのかけられたアルミパーツの質感が非常に高く、同時に優れたクラフトマンシップが感じられるところ。

ca17c798-pagani-huayra-tempesta-21

メーターパネル内のフォントや指針もパガーニならでは。

e7ced076-pagani-huayra-tempesta-9

パガーニほどエンジンルームが美しいクルマはほかにない

そしてこちらはウアイラのエンジンルーム。
ウアイラはカーボン製のバスタブシャシーを持ちますが、前後セクションはスペースフレーム構造。
エンジンはメルセデスAMGから供給を受けたV12ツインターボです。

ただしエンジンは「AMG」の文字を除けば、それがAMG製であるとわからないほど大きくカバー類が変更に。

072ec0db-pagani-huayra-tempesta-10

クロスバーやジョイント、ボルト、パイプ類やバンドに至るまでが「芸術品レベル」。
なお、面白いのはバー類のジョイントが「ピロボール」であること。
つなり前後方向の剛性は担保しつつも、ねじれは許容するということになりそうですね(走行する際にはけっこうガチャガチャと音を発しそうではある)。

20d70700-pagani-huayra-tempesta-12

とにかく「美しい」としかいいようのないエンジンルーム。
何時間でも眺めることができそうですね。

ab79f3db-pagani-huayra-tempesta-11

パガーニに関しては生産終了から長い期間が経過するも「ゾンダ」の人気が高いようですが、こうやって見るとウアイラは(ゾンダにはない)高い芸術性、美しい仕上がりを持っており、甲乙つけがたい魅力を持っているようです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

4

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

5

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

->パガーニ(PAGANI)
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.