>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

天皇陛下即位パレード用の「トヨタ・センチュリー」公開!天皇家の人々はそもそもどんなクルマに乗ってるの?

| トヨタ・センチュリーはいい選択。なおカスタム費用含めて8000万円とのウワサ | 首相官邸(皇位継承式典事務局)が「祝賀御列の儀における天皇皇后両陛下のお車について」というプレスリリースを発行し、パレードにて使用するクルマを「トヨタ・センチュリー」に決定し、月内に納車される予定である、と公表。なお、車両やボディ形式については式典委員会が決定したといい、さまざまな議論があったのかもしれません(特にオープンカーとすることについては、安全性が問われたとは思う)。 今回公開された画像については「式典バージョン ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリSF90ストラダーレのコンフィギュレーター公開。ボディカラーは26色、内装は15色から選択可能

| それで満足できなければカスタムプログラム「テーラーメイド」も | フェラーリSF90ストラダーレのカーコンフィギュレーターが公開に。現時点ではまだ本国バージョンのみですが、その内容もほかのモデルに比べると簡素なものに止まり、オプションの詳細がまだ決定していないのかもしれません。ただ、ボディカラーやインテリアカラーなど「おおよそ」のところは選択でき、ここで「どんな仕様が選べるのか」を見てみましょう。 こちらもオススメ、関連投稿10選意外と出てくるのが遅かったな。「スープラ・シューティングブレーク」のレン ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マツダ(MAZDA) ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

マツダからスーパースポーツ登場?ランボルギーニやマクラーレン同様のスペースフレームを持つ特許図面が公開に。もしかすると電動ターボ+トランスアクスル

| これが実現するとマツダは一気に世界のメインストリームに躍り出る | マツダが「FRスポーツカー」に関する特許を出願し、それが公開となっていることが判明。これは「特開2019-151130/151131」にて開示されているもので、タイトルそのものは「車両の衝撃吸収構造」となっています。ちなみに同時期に出願され、かつ開示となっているものの中には「低温プラズマの生成方法及び圧縮着火式エンジン」「自動変速機(特開2019-143708/143707/143706)」「電動過給器付きエンジン(特開2019-13 ...

ReadMore

>その他アメリカ車

ル・マンに新設のハイパーカークラス参戦第一号、SCG007が公開。これでアストンマーティン・ヴァルキリー、トヨタGRスーパースポーツと戦うことに

| プライベートチームが大手メーカーとどこまで戦えるかはちょっとした見もの | ル・マン24時間レースには来年より「ハイパーカークラス」が設立されますが、これは従来の最高峰であるLMP1クラスに取って代わるもの。現在参加を表明しているのはアストンマーティン、トヨタ、そして今回車両を公開したスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス。その他にもドイツのレーシングチーム、ByKollesも参戦を表明しているものの、こちらは規定をクリアできずに実際の参加は難しいかも。 そのほか、ケーニグセグ、ランボルギーニが参 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連 ■ニュース

来年「ロードスター」でニュルに挑戦すると発表したテスラ。アヴェンタドールSVJのタイムを破りニュル最速王については「確実だ」

| ロケットに使用するスラスターを使用して強烈な加速とコーナリングを実現 | テスラは数日中にモデルSにて「ニュルブルクリンクでのEV最速記録」を公開するものと思われますが、来年に発売することになる新型テスラ・ロードスターについてもやはり「ニュルブルクリンク最速」を狙うと公言しています。なお、「ニュルブルクリンク最速」とは言っても様々な「最速」があり、「セダン最速」「EV最速」「FF最速」「SUV最速」といったものから「クーペ風セダン最速」まで多種多様。ただ、テスラが「ロードスター」で狙うのは「市販車全部 ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

とにかく長い!新型メルセデス・マイバッハSクラスの試作車が目撃に。ボディ表面はフラッシュサーフェスに

| インテリアはおそらくテスラ風の「フルデジタル&タッチパネル」に | メルセデス・マイバッハSクラスと思われるプロトタイプが目撃に。現在マイバッハはメルセデス・ベンツのひとつのブランドに格納されており、Sクラスのバリエーションのひとつとして展開されています。これはSクラスが新型になったとしても変わらないと思われ、よって時期マイバッハもSクラスと多くを共有することになりそうですね。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

トヨタがノア/ヴォクシー、アルファード/ヴェルファイアを対象に52万台の大量リコール。クルマが複雑化するにつれ予想外のトラブルも

| ただし簡単な部分でも同時にリコールを出していた | トヨタが522,354台にも及ぶ大型リコールを届け出。内容としては2つあり、「1:燃料ポンプの問題でエンストの可能性」「2:シートのリクライニング不良」。対象となるのは「ノア」「ヴォクシー」「エスクァイア」「アルファード」「ヴェルファイア」の5車種で、製作期間は平成25年12月20日~平成30年7月18日。車種こそは少ないものの、人気車種だけにトータルの台数がかなり多くなっています。 こちらもオススメ、関連投稿10選トヨタ・ノア/ヴォクシー/エスクァ ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■ニュース

【動画】新型MR2が登場したらこうなる!カーデザイナーがCGを作成するも実際のところMR2は発売されるのか?

| トヨタは新型スポーツカーの発売を示唆してはいるが | カーデザイナーそしてユーチューバーでもあるスケッチモンキー氏が「新型トヨタMR2」のデザインを自身で考え、作成してみた動画を公開。「新型」MR2については様々なウワサが出ており、まずトヨタ自身は「86、スープラ、MR2をスポーツカーの3本柱にしたい」とコメント。86はエントリーモデルの役割を担い、スープラはよりハイパフォーマンスというポジショニングだと思いますが、そこでMR2がどういったポジションになるのかは気になるところです(エントリーだと86と ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

なんと南アフリカでは70系ランドクルーザーが現役で販売されている!さらにインフォテイメントシステム、LED室内灯を装備したニューモデル「ナミブ」を投入

| 驚くべきことにFJクルーザーも現役モデル | 70系ランドクルーザーというと従来型メルセデス・ベンツGクラス、先代ランドローバー・ディフェンダーとともに「80年代のオフローダー」を代表する一台。70系ランクルは1984年に発売されていますが、日本国内では1989年に80系、1999年には100系、2007年には現行200系へと移行しています。なお、70系ランクルは「発売30周年」を記念し、2014年8月25日から2015年6月30日までの期間限定モデルとして復活したものの現在は新車で(当然)購入できず ...

ReadMore

>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) ■ニュース

凄いの出た!未登録、「新車」のホンダS2000が競売に。しかも後期型AP2の最終モデル、開始価格は1000万円以上

| おそらく、これ以上のコンディションを持つS2000は二度と出てこない | 米ebayに走行わずか153km、つまり「ほぼ新車」のホンダS2000が登場。さらに驚くのは「このクルマは一度も登録されたことはなく」、書類の上でも新車であること。さらにモデルイヤーは2009で、後期型S2000(AP2)の最後の最後ということになりますね。開始価格は98,888ドル、つまり1000万円オーバーという値付けになりますが、コレクターにとっては何としても手に入れておきたい一台かもしれません。 こちらもオススメ、関連投 ...

ReadMore



■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

最近買ったもの3連発。「プーマ✕BMWのスニーカー」「コーチのリュック」「グッチのキャップ」

投稿日:2019/08/04 更新日:

| ボクは本来ブランド品を好む人間ではないけれど |

さて、最近購入したものを紹介してみようと思いますが、まずはプーマーのスニーカー。
これはPUMAとBMWとのコラボレーションによるシリーズで、「フューチャーキャット」というタイプ。
プーマのスニーカーは「なんとかキャット」というものがいくつかありますが(ドリフトキャットなど)、このフューチャーキャットは文字通り未来を意識したのか、シューレースが「端の方」にあるのが特徴です。

プーマとモータースポーツとは密接なつながりがある

プーマはモータースポーツと密接なつながりがあり、F1においてもフェラーリなどいくつかのチームにスーツはじめとするエクイップメントを提供していて、そのためBMWのほか、フェラーリ、レッドブル、メルセデスAMGといったシリーズのほか、最近になってピレリとのコラボ製品も発売しています。

L1130051

なお、今回ぼくがこのスニーカーを購入したのは「洗車はじめ、クルマのメンテナンス時に履く」ことが目的。

ぼくは洗車やメンテナンスの際に履く靴には比較的注意を払っていて、「靴でクルマを傷つけないように」、攻撃性の低い靴を選んでいるわけですね。

L1130041

このプーマ「フューチャーキャット」だと、ソール部分が最小の構成となっていて、つまり出っ張っていないので、靴のアッパーやサイドがクルマに当たったとしても攻撃製を最小限に抑えることができます。

かつ、ソールも丸く足の形に沿うような形状を持っているので、クルマの乗り降りの際についてもやはりクルマを傷つける可能性が少なそう。

L1130050

そしてこの靴のもう一つのメリットは、「水が侵入しにくい」ということ。
爪先部分に縫い目や継ぎ目がないため、そこから(洗車時に)水が入ってくる可能性が低いということで、これは冬場になると有り難みが実感できる部分です。

L1130043

同じようにクルマのメンテナンス、洗車に適したシューズとしては「フットサル用」のものがあり、これもプーマのフューチャーキャット同様に「裸足感覚で」履けるようにコンパクトに作られているため、やはり出っ張りが少なくクルマに対して優しい作りを持っている、と考えています。

ただ、フットサル用のシューズは、その性質上「つま先部分に、強化のためのステッチが入っている」ことが多く、そこから洗車時に水が入ってくることがあるので要注意でもありますね。

L1130048

ちなみに、こういった「自動車メーカーとコラボしているスニーカー」は意外と少なく、ほかは「ミズノとランボルギーニ」「サントーニとメルセデスAMG」がよく知られるところ。
フェラーリはプーマのほかに「トッズ」ともパートナーシップ関係にあり、多くのドライビングシューズを販売中。

以前、ポルシェデザインはアディダスとのコレボレーションを長年行っていましたが、現在は提携を解消しているのか、コラボ製品は発売されていないようです。

見栄を張るためにコーチのリュックを買ってみる

ぼくはブランド物のロゴが入っているものはあまり好きではないのですが、これまでにも「ロゴがドーンと入っている製品」をいくつか購入しています。

それはなぜかというと、ぼくは基本的にTシャツとジャージしか着ないので(冬になるとそこに長袖Tシャツとダウンベストがプラスされる程度)、ある程度高価なものを持っていないと「問題が生じる」場合があるわけですね。

L1130085

それは主に東南アジア、東アジア、中東において顕著で、「ブランド品を身に着けていないと」損をする場合、というのが往々にしてあります(ショップでも、レストランでも、買い物やタクシーに乗るときでも)。

よって、そういった対策として「あえて」ロゴが表に出ているものを身に着けたりすることがあるワケです。

L1130088

コーチがこういった「見栄を張れる部類」に属するかどうかは別として、中国人が非常に好むブランドでもあり、コーチの製品を身に着けていれば「お金持ちの中国人」だと間違われる可能性があり、簡単に言うとそれを狙ったものである、と言っていいかと思います。

L1130087

なお、このコーチのリュックサック(デイパック)は定価15万円のところ(アウトレットで)50%オフ、そこからタイムセールでさらに40%オフ、さらにはクーポンでまた20%というとんでもない値引率でもあったので、「ちょうどいい機会」だったということも。※ぼくは今回はじめてコーチの製品を購入した

L1130086

素材はレザーにPVCという構成ですが、同サイズ、同じような構造を持つルイ・ヴィトンの製品(クリストファーPMなど)に比較するとかなり重く、またジッパーの開閉もスムーズではなく、そこが「コーチが今の地位にとどまっている理由」なのかもしれません。

なお、ユーティリティについては、ポケットが多く、サイド部分からもモノの出し入れが可能となっており、「かなり便利な」製品だと思います。

冬用にグッチのキャップを買ってみた

そして最後はグッチの帽子。
ぼくはこれまでにも「見栄張り用に」いくつかグッチのキャップを購入していますが、グッチのキャップは縫製に優れ、かなり高く評価している製品の一つ。

L1130076

現在のグッチは「アグリーファッション」ばかりが目についていて、不当に評価を下げているように思いますが、アパレル製品については「世界トップクラス」のカッティングや縫製技術を持っていると認識しています。

複雑な曲線でも並行に複数ステッチを走らせたり、薄い生地に使用する糸の細さ、ステッチの間隔の狭さは特筆モノで(レクサスもステッチ間隔の狭さにはこだわっていて、その難しさを主張するコンテンツを公開しているくらい)、よく見ると「凄いなコレ」という製品が多数あります。

L1130078

なお、キャップについては各パネルどうしの接合が「ぴったり(表現が難しい)」で、これと同じレベルで完成させることができるのはほかにエルメスくらい(キャップは作ってないけど、トム・フォードもできそう)。

さらにグッチはキャップのサイズをS〜Lくらいまで揃えていて(モデルによる)、とにかくフィット感が抜群なのも強調しておきたい部分です。

L1130081

今回購入したキャップはウール100%で、ずっと「こんなものないかな」と思ってぼくが探していた製品。
以前にエルメスでも「ウールのキャップ」を見かけたのですが、フロントが「パネル」になっていて、一歩間違うと魚河岸の人みたいになりそうなので購入をためらっていたところ、ちょうどこの製品が出てきた、ということになります。

L1130077

本製品についてはグッチのロゴがかなり控えめで、GGマークがサイドに見られるくらい。
本来、ぼくはこの程度か、もしくはロゴがまったくなくてもいい、とも考えているほどです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

-■近況について, ■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.