>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

なぜだッ!日産は日本国内で新型ジュークを導入しないと発表。気になる現行ジュークの行方、そして日産が2022年までに「新型ジュークの代わりに発売するクルマ」とは?

| 現行ジュークはイギリスと日本で生産、新型ジュークの生産はイギリスのみ | 報道によると、日産は新型ジュークを国内へと導入しない、とのこと。この主な理由としては日本国内で小型SUVの競争が激しくなっているということを挙げていますが、ジュークを投入しないかわりに、新しくBセグメントのSUVを投入するとしています。そして、このBセグメントの新型SUVについては先進技術を装備した「競争力のある」モデルだとしており、つまり「ジュークよりも競争力がある」SUVだと考えて良さそう。

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】レクサスLFAはなぜ特別なのか?今なお色褪せないLFAのレビューを米メディアが公開

| 生産終了から7年経つのが信じられない | ドーナツメディアがレクサスLFAのレビューを公開。ドーナツメディアはこれまでに様々なカスタムカーのレビューを公開しているものの、「ノーマル」を対象とするのはけっこう珍しい、と思います。なお動画では実際にエンジンをスタートさせ、その甘美なサウンドを披露していますが、レクサスLFAのサウンドチューニングはヤマハがチューンしており、世界でもっとも美しいサウンドを奏でるスポーツカーだとも言われていますね。 【動画】レクサスLFA等に積まれる「V10エンジン」が最高のサ ...

ReadMore

>アウディ(Audi) >パガーニ(PAGANI) >フェラーリ(Ferrari) >フォード(FORD) >ランボルギーニ・アヴェンタドール関連 >ランボルギーニ・ウラカン関連

インスタグラムでもっとも投稿されているスーパーカーは?1位はランボルギーニ・」アヴァンタドールなるもフェラーリはベスト15に最多の4台を送り込む

| 検索や投稿だとランボルギーニの方がフェラーリを上回ることが多い | CompareTheMarket.comが「インスタグラムにて、もっとも多くのハッシュタグがみられるスーパーカー」を公開。以前にも同様のランキングが公開されており、それによると1位はフォード・マスタング、2位はホンダ・シビックでしたが、今回は”スーパーカーに限って”というランキングとなっています。インスタグラム上では、どういったスーパーカーの人気が高いのかを見てみましょう。 あのクルマは何位?「インスタグラムに最も投稿されている」クル ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン・セナにリコール。「ケーブルと金属パーツが接触しケーブル破損の可能性。最悪はエンジンストール」。”炎上”については今のところ触れられず

| 現在、リコールはオーストラリア市場のみ | マクラーレンが、オーストラリアにて「セナ」に対してリコールを届け出。不具合の内容としてはエンジンのハーネスがメタルリンクパーツと接触してダメージを受けることがある、というもの。もしダメージを受けた場合はエンジンの失火やストール、エキゾーストシステムの断裂やパワーダウンを誘発し、事故の可能性がある、としています。もちろんこういった症状は「最悪」の場合だと思いますが、ケーブルの損傷でここまでの問題が出るのか、と思うと恐ろしくもあり、その重要性もわかります。 こち ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) >その他アメリカ車 >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover) >スバル(SUBARU) >スズキ(SUZUKI)

【動画】日米欧オフローダー10車勝ち抜きバトル!スバルXV5位、ジムニー4位、1位はランドクルーザー

| オフローダーにおいても日本車は価格性能比が優れているようだ | What Car?が日米欧のオフローダー10車種を集めて悪路走行を行い、その走行性能をテスト。最終的にはそれらをランク付けしていますが、そのランキングには「価格性能比」も含まれ、消費者目線の”公平な”判定となっています。参加するメンバーはスズキ・ジムニー、ダチア・ダスター、ジープ・レネゲード、スバルXV、トヨタ・ランドクルーザー(プラド)、三菱ショーグン・スポーツ、ジープ・ラングラー、ランドローバー・ディスカバリー、レンジローバー、そして ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 >日産/インフィニティ(Infinity) ■ニュース

【動画】アメリカで14台しかない「合法に登録したR34 GT-R」のうち一台に乗る男!ポルシェ、レクサスLFA等が収まるガレージを見てみよう

| レクサスLFAのリアウイング動作は初めて見た | おなじみユーチューバー、Shmee150氏がアメリカのカーコレクターを訪問するシリーズ。今回はかなりカジュアルなガレージを紹介しており、ポルシェの他には日産、トヨタといったクルマを収めています。なお、ポルシェだと991世代の911カレラ、そして911GT2 RSが見られますが、911GT2RSはこんな感じで「戦闘機風」にラッピング。911、そしてGT2 RSにこういったラッピングを施すのはかなり珍しいと思います。 こちらもオススメ、関連投稿10選海の向 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

【動画】フェラーリ488にリバティーウォークのワイドボディを装着して直管仕様に!セレブ御用達ショップのやることは思い切りが違う

| お金を持っている顧客はなんでも自由にやらせてくれるようだ | アメリカ周遊中のユーチューバー、Shmee150氏がアメリカのチューニングショップ、RDB LAを訪問。その目的は「直管仕様、リバティーウォークのオーバーフェンダーを装着したフェラーリ488GTB」を見るためであったようですね。そしてこのフェラーリ488GTBはノヴィテック製のダウンサスを装着し、思いっきり車高を落とすなど完全な「西海岸仕様」となっています。 こちらもオススメ、関連投稿10選この内容でカスタム費用「680万円」は安い?フェラ ...

ReadMore

>マツダ(MAZDA)

ネットフリックス「ハイパードライブ」に登場するマツダRX-7のカスタムがスゴいと話題に。なおドライバーは数学教師

| ハイパードライブはよほどクルマと人間がタフでないと走れそうにない | ネットフリックスの新コンテンツ、「ハイパードライブ」。ネットフリックスによると「 腕に自信のある世界各国の走り屋たちが、思い思いに改造したカスタム車に乗って挑むのは、世界屈指の巨大自動車障害物コース。それはまさに、自己の限界への挑戦 」とあり、わかりやすく言うと自動車版SASUKEみたいなもの。いかにもアメリカっぽい内容ではありますが、ぼくはこういった「信じるのは自分の腕とクルマのみ」、そして不可能にチャレンジするという状況が大好き ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >マクラーレン(McLaren)

マクラーレン「我々のコアは軽量性だ。それが実現できない以上、ピュアエレクトリックスーパーカーには手を出さない」

| マクラーレンはエレクトリック化に積極的だが、それでも”NO” | マクラーレンが「エレクトリックハイパーカーについては急いでおらず、今のところは具体的な計画はない」とコメント。これはオーストラリアのカーメディア、Car Salesに対してマクラーレンのマーケティング部門のボス、ジェイミー・コースターフィン氏が語ったもので、「マクラーレンにとって今、最も重視すべきは軽量性だ。それはエレクトリックモデルであっても変わらない。ただ、エレクトリックモデルは現在の技術ではどうしても「重く」なってしまう。よって、 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) >その他アメリカ車

ジープ「GT-Rのオーナーが次々とグランドチェロキー・トラックホークに乗り換えている」。たしかにパワーウエイトレシオは両者とも同じ3.14

| ジープ・トラックホークは「便利な日産GT-R」? |  ジープはグランドチェロキーのトップレンジとして「トラックホーク」を設定しており、これは6.2リッターV8/710馬力のHEMIエンジンを搭載するモンスターSUV。現在SUV最強の部類としてはランボルギーニ・ウルスが存在しますが、こちらは「650馬力」にとどまり、実を言えば出力についてはグランドチェロキー・トラックホークのほうが上。さらにグランドチェロキー・トラックホークはブレンボ製のブレーキセット、20インチホイール、ビルシュタイン製のアダプティ ...

ReadMore



●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■ニュース

ポルシェ718ケイマンの12ヶ月点検終了!その内容はこんな感じ(メンテナンスパッケージに加入していたので、オイル交換含め費用はゼロ)

投稿日:

| メンテナンスパッケージの「モト」が取れるかはちょっと微妙 |

さて、早いものでぼくのポルシェ718ケイマンも納車から1年が経過し、12ヶ月点検を受けることに。
走行距離については17,500キロ程度を走っていて、月あたり1,450キロくらい走行している計算になりますね。

ちなみにぼくはケイマン購入時に、3年分のメンテナンスが無料になる「ポルシェスケジュールドメンテナンス(288,360円)」を付けているので、12ヶ月点検に費用はオイル等消耗品の交換含めてかからず、ここはちょっと嬉しいところです。

そしてこの「月1,450キロ」というのはかなり走行距離としては多いほうだと思われ、このままだとタイヤやブレーキパッド、その他「ポルシェスケジュールドメンテナンス(メンテナンスパッケージ)」でカバーできない消耗品の出費がかさみそうでもあり、ホンダCBR250RRの購入については、718ケイマンの走行距離を抑えるという目的もあったわけですね(そうやって無理やりCBR250RR購入の理由をデッチあげたとも言える)。

12ヶ月点検の内容はこんな感じ

そして12ヶ月点検の内容ですが、ざっとこんな感じ。

(12ヶ月点検基本整備)
・車両リフトアップ、アンダーカバー着脱、サスペンション及び下回り点検
・4輪タイヤ空気圧点検、調整、各ホイールボルト締め付けトルク点検
・エンジンルーム内部各部動作点検
・専用テスターPIWISによるオンボード診断、各動作、機能点検
(消耗品交換)※メンテナンスパッケージ加入のため無料
・オイル交換
・オイルフィルター交換
・ワイパーブレード交換
・エアコンフィルター交換

なお、改めて整備記録簿を見るに、ポルシェは1年間の走行距離をおおよそ「1年15,000キロ」に想定しているようで、つまりぼくの場合はやはり「走りすぎ」。
ちょっと走行を抑えたほうが良さそうですね。

そのほか、整備手帳をよく見てみると、12ヶ月点検の「チェック項目」としては以下が含まれる、との記載があります。
タイヤの溝、ブレーキパッドの「残量」がどれくらいなのかはちょっと気になっていたのですが、特にそのあたり記載はなく、ということは「まだまだ大丈夫」ということなのかもしれません。

・パワーステアリング装置のベルトの緩み、損傷
・ブレーキペダルの遊び、踏み込んだときの床板との隙間
・ブレーキの効き具合
・パーキングブレーキレバーの引きしろ
・パーキングブレーキの効き具合
・ホース、パイプの漏れ、損傷、取付具あ
・マスターシリンダー、ホイールシリンダー、ディスクキャリパーの液漏れ
・ドラムとライニングとの隙間
・シューの煽動部分、ライニングの摩耗
・ディスクとパッドとの隙間
・パッドの摩耗
・タイヤの溝の深さ
・タイヤの空気圧
・タイヤの亀裂、損傷
・ホイールナット、ホイールボルトの緩み
・トランスミッション及びトランスファーの油漏れ、油量
・プロペラシャフト、ドライブシャフトの連結部の緩み
・点火プラグの状態
・点火時期
・ディストリビューターのキャップの状態
・バッテリーターミナル部の接続状態
・排気の状態
・エアクリーナーエレメントの状態
・エンジンオイルの漏れ
・冷却装置の水漏れ
_エキゾーストパイプの取り付け緩み、損傷、腐食

とりあえず点検も受けて異常がないことがわかり、今後は「ブレーキキャリパーの塗装」を行うかどうかを検討し、塗装を行うのであれば塗装後に、塗装を行わないのであれば塗装せずに「コーティングのメンテナンス」をお願いしようと考えています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。 現在は複数カーメディアにて記事を連載中。

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

| レクサスLFAの相場はちょっと下降気味? | ちょっと前までは非常に高いプライスタグを提げていた、レクサスLFAの中古相場がやや下がり気味。6000万円くらいを記録していた時期もありますが、それが ...

4

フロントバンパーレス、悪魔のZっぽい インテリアのカスタムで知られるVilnerがフェアレディZの内外装をカスタムして公開。なんとも魅力的なボディカラーを持つフェアレディZですが、この個体にはちょっと ...

5

「オレ、ランボルギーニ買うわ」 (一般的な収入の人が)そう言ったときの、奥さんもしくは彼女さんの反応はほぼ一様だと思うんですよね。 あきれたり、「絶対無理」と一蹴されるよりも先に、結婚前だと「あたしと ...

6

ランボルギーニ・アヴェンタドールSの購入を検討開始。 ぼくはガヤルド、ウラカンと二台ランボルギーニを乗り継いだ割にはV12モデルには疎く、その標準装備やオプションについてはほとんど無知。 まずは見積も ...

7

一定以上から増えた年収は「余剰金」のようなものだ 収入について、ふと思うことが。 例えば、年収400万円から倍の年収800万円になったとして、使えるお金が倍ではなく「それ以上」になる、ということ。 一 ...

8

フェラーリ売却価格が高く、はある意味「もっとも割安な」車なのかもしれない 世の中には残価設定ローンというものがあり、ぼくはこれが大好きです。たとえば1000万円の車を購入する際、3年ローンで残価が50 ...

9

高額な腕時計(どれくらいから”高額”なのかは人によって意見が分かれるのでここではあえて触れない)をしていると周囲の反応が変わる、ということはよく聞きますよね。 レストランやホテルでの待遇が良くなったと ...

10

| フェラーリ=速い、という印象があるが | 「速い」と思われたものの、実際はそんなに速くなかった車ベスト(ワースト)8が公開に。その順位は下記の通りですが、フェラーリが8車種のうち2つ、ポルシェが1 ...

-●ポルシェ718ケイマン(982), ■近況について, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.