■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

まさかのコラボバッグ「吉田カバン(ポーター)×フェンディ」シリーズ登場!その価格は25万〜43万円と吉田カバンの20倍くらい

投稿日:

| さすがにこれはちょっと高い |

最近はハイブランドにおいて多数のコラボが見られますが、今回はまさかの「フェンディと吉田カバン(ポーター)」とのコラボレーション。
発売はフェンディから行われているのでフェンディ側が持ちかけたのだと思われ、これにはさすがに驚きを隠せません。

なお、吉田カバンはMARNI等いくつかのハイブランドとのコラボレーションを行っているものの、フェンディとの場合はあまりにかけ離れた価格差、そしてポジションの相違から「接点がない」ともいえるわけですね。

フェンディ×ポーター バゲットはサイズ二種類

こちらはフェンデイ得意の細長い小型バッグ「バゲット」。
生産国は日本だとされているので、吉田カバンがフェンディに生地を提供してフェンディが製造したのではなく、吉田カバンが「フェンディブランドでOEM生産を行った」ということになりそう。

カラーはシルバー、ブラック、レッド、ブルーがあり、もちろん生地は「あのポーターのナイロン素材(Porterナイロン)」。

ff

ちなみに価格は258,000円に設定され、吉田カバンから発売されるウエストバッグの20倍くらいですね。

f2

そしてかなり大きなバゲットもラインナップされ、こちらは「ブラック」のみ。
価格は305,640円です。

f3

ミディアム ピーカブー フェンディ×ポーター

こちらもフェンディの人気シリーズ「ピーカブー」をポーターの生地にて作ったもの。
価格は438,430円と異常に高い設定ですが、それでも「フェンディ単独」よりはずいぶん安い設定です(フェンディ自身のバッグは上質な皮革を使用しているので、素材の分だけ高価になる)。

bf

なお、コラボの証となる「スペシャルタグ」はこんな感じ。

f

現在「バゲット」は予約受付中、「ピーカブー」は販売中。
こういったブランド間コラボは「ルイ・ヴィトン×シュプリーム」のように一瞬で売り切れる事が多いものの、ピーカブーはさすがに高すぎるのか、まだまだ在庫があるようです。

なぜブランド間コラボが人気に?

こういった「ブランド間コラボ」については、老舗ブランドが新しい客層を取り入れるために行うことが多く、たとえば客層が高齢化したルイ・ヴィトンが、若年層の取り入れを狙ってシュプリームとのコラボを行ったのが好例。

実際にルイ・ヴィトンの客層はすっかり入れ替わり、お店にいるのは10代や20代の若者ばかりになっていますが、これは「旧来の」顧客からすると嘆かわしい自体なのかも。

異常な盛り上がりのシュプリーム×ルイ・ヴィトン。フェラーリをシュプリーム風にラッピングした車両も登場

ただしこういった(旧い)顧客はいずれ歳をとって製品を買わなくなるので、ここで「かつての客層を切り捨てて」若い顧客を取り入れ、その若い顧客たちとともに成長することをルイ・ヴィトンは選んだのでしょうね。

なお、フェンディは現在ルイ・ヴィトン筆頭のLVMHグループに属し、LVMHグループの方針に従ってこういったコラボには非常に熱心。
数年前に吊り目のグラフィックでおなじみの「バッグ バグズ」で一斉を風靡しています。
その後は徐々に価格帯を上げており、現在は自ら大ヒットシリーズのバッグ バグズを捨ててシックな路線に転じ、LVMHグループ内での「渋線」を担当しているようですね。

fendi4

こんなものを買った。フェンディのバックパック。知らない人から見るとただの子供用リュック

VIA:FENDI

こちらもオススメ、関連投稿10選

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

こちらもどうぞ。人気記事

1

| 乗ってゆくクルマでディーラーの対応は間違いなく変わる | 高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。 ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、 ...

2

| ロレックスは「在庫が足りずに」値上がりしているわけではない | さて、高価なこと、そして値上がりが継続することで知られるロレックス。今回は「なぜ」値上がりするのか、その構造について考えてみたいと思 ...

3

この記事のもくじ この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮それではニュルブルクリンクのラップタイム「トップ100」を見てみようこちらもオススメ、関連投稿10選 この2年ほどでニュルブ ...

4

スーパーカーを購入したことで何かが変わったか? 最近ふと「スーパーカーを購入して変わったこと」について考えることがあります。 まず、スーパーカーを購入して何かが変わったかという問いに対しては、間違いな ...

5

さて、ランボルギーニ・ウラカンの12ヶ月点検が終了したということもあって、ここでこれまでの点検やメンテナンス、税金、保険、カスタムにかかった費用をまとめてみたいと思います。こうやって見ると「毎年けっこ ...

-■服や小物、時計、雑貨など, ■ニュース
-, , , , , ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.