■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

オーデマピゲの仕掛け人が立ち上げた腕時計ブランド「ゴリラウォッチ」。その新作発表会へ行ってきた

場所は神戸、カミネ旧居留地店 さて、カミネ旧居留地店にて開催のゴリラウォッチ新作発表記念パーティー「Gorilla Watch New Timepiece Drift-in Party」へ。 これは新進気鋭の腕時計ブランド「ゴリラ」より発売となる新型ウォッチ「ドリフト」の新作発表会ですが、スペシャルゲストとしてゴリラウォッチ設立者であるオクタヴィオ・ガルシア氏、そしてルーカス・ゴップ氏が来場するという豪華イベントです。なお、オクタヴィオ氏はオーデマピゲにて2004年から2015年まで在籍しチーフ・アーティ ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

新型プジョー「208」公式画像がリーク。508よろしく「牙」的フロントマスクを持つ男っぽいデザインに変身

新型208のデザインは207、先代208から大きくシフト フルモデルチェンジ版となる新型プジョー208の公式画像がリーク。「プジョー208」はプジョーの発売するBセグメントに位置するクルマで、もともと205→206→207、そして先代208(というか2012年に登場した現行モデル)という流れでモデルチェンジ。つまりこれまではモデルチェンジの都度、一つづつ数字が増えていたものの、今回は「208→208」という同じナンバーの中でモデルチェンジを行うことに。この意図は不明ですが、単に「数字が足りなくなるから」な ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

【動画】フェラーリがジュネーブ・モーターショーにて、488GTB上位となる新型ハイブリッドスポーツカーを発表?

以前からフェラーリは488の「上」にみならず「下」にもスポーツカーを投入すると言われてきたが フェラーリがジュネーブ・モーターショーにおいて新型スーパースポーツを公開するのでは、というウワサ。これはカーメディアAutoNewsが報じたもので、488GTBの上位に位置し、ハイブリッドパワートレーンを持つ、と言われます。なお、ほかメディアの報道だとこれはフェラーリ488GTBの「別モデル」ではなく488GTBの後継だという説、そしてV6+ハイブリッドパワートレーンを搭載した「ディーノ」だとする説も。

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >プジョー(PEUGEOT)

プジョーがイケてる5ドアセダン「508スポーツエンジニアード・コンセプト」発表。ワイドボディに過激エアロ装備、市販化も検討中

プジョーが新型コンセプトカー、508スポーツ・エンジニアード・コンセプト(508 Sport Engineered Concept)を公開。実車はジュネーブ・モーターショーにてお披露目されるとのことですが、まずは大量の公式画像をリリースしています。この508スポーツ・エンジニアード・コンセプトは「508ハイブリッド」をベースにしたもので、より「エレクトリック」「パフォーマンス」にフォーカスしていることが特徴。

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■ニュース

日本ではまだ展示車すら配備されていない新型BMW 3シリーズ。早速BMW正規ディーラーが公式カスタムを行う

やはり新型3シリーズのカスタム一番乗りは「BMWアブダビ」だった BMWアブダビが発表されたばかりの3リーズ(G20)、330iを早速カスタムして展示。BMWアブダビは、BMWはもちろんのことロールスロイス、ミニというBMWグループのブランドすべてを扱う正規ディーラーで、ロールスロイスに関しては「世界で最も台数を売る」と言われています(BMWブランド単体だと、アメリカのロングビーチにある正規ディーラーが最大という話)。 まだまだ新型3シリーズについてはディーラーへの配備はもちろん、メディアへの試乗車手配も ...

ReadMore

>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH) ■近況について ■ニュース

アルファロメオ・ステルヴィオの最強モデル「クアドリフォリオ」を見てきた!標準モデル比5センチワイドなフェンダーはダテじゃない

標準(2リッターターボ)モデルのステルヴィオとはずいぶん違う印象 さて、アルファロメオ・ステルヴィオのトップレンジ「クアドリフォリオ」の展示車と試乗車が登場し、さっそく見にゆくことに(後に試乗レポートも公開)。ステルヴィオ・クアドリフォリオは「ジュリア・クアドリフォリオ」同様にフェラーリ設計による2.9リッターV6ツインターボエンジンを搭載して510馬力を発生。 ▲こちらは2リッターモデル アルファロメオは「このエンジンはフェラーリとは全く違う」と主張するものの、一気筒あたりの排気量、ボア&ストロークはカ ...

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティの「20億円ハイパーカー」は1930年台のT57SCをモチーフに?世界に3台しかない「T57SC」とは?

T57SCアトランティークは「世界でもっとも美しいクルマ」と言われる ポルシェ創業者であるフェルディナント・ポルシェの孫、フェルディナント・ピエヒ氏が「ブガッティに、20億円にも達するワンオフハイパーカーを注文したのでは」というウワサが出ていますが、どうやらこれは「本当」のようで、そのウワサに呼応するかのように、ブガッティが突如かつての「タイプ57SCアトランティック(アトランティーク)」を起用した動画を立て続けに公開。 ポルシェ創業者一族が注文したというブガッティの20億円ハイパーカーはこうなる?なお一 ...

ReadMore

>日産/インフィニティ(Infinity) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

驚くほどキープコンセプト!モデルチェンジ版日産ジュークのプロトタイプが初めて補足される

モデルチェンジを迎える新型日産ジュークのプロトタイプが初めて捕捉。一見するとジュークだと判断することは難しいものの、「細長」デイタイムランニングランプに”バグアイ”ヘッドライト、そしてサイドウインドウの形状を見ると「やっぱりジューク」。つまり新型ジュークは「キープコンセプト」でのモデルチェンジとなり、現在のデザインを引き継ぐこととなりますが、現行ジューク(画像下)と比較するとAピラーの角度、後部ドアハンドルの位置(ピラー内蔵)、盛り上がったリアフェンダー、そして突き出たテールランプなども引き継がれる模様。 ...

ReadMore

>ポルシェ・ケイマン関連 >ポルシェ・ボクスター関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

何この謎ポルシェ718ボクスター?911の3リッターターボ、つまり「6気筒」搭載の718シリーズが登場する?

ポルシェは911シリーズ並に718のラインアップを拡大するのかも 先日、「謎のポルシェ718ケイマン」が目撃されましたが、今回は「謎のポルシェ718ボクスター」。一体何が謎なのかということですが、これは先日のケイマンと同じく「テールパイプの位置」。現在ラインアップされる718ボクスターはいずれも「センター出しテールパイプ」を持つものの、今回目撃されたボクスターは「微妙に左右へと移動させられた」テールパイプを持っています。 ポルシェ718ケイマン「謎プロトタイプ」が目撃。前はGTS、後ろはウイングなしのGT ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレンが600LTスパイダー「新色」の画像をリリース。「この位置にマフラーエンドがあるメリット」ほか試乗レポートなど動画も続々公開に

600LTはいろいろな意味でマクラーレンの集大成だ ▲車体真ん中が細くて折れそう マクラーレンが最もハードコアなオープンモデル「600LTスパイダー」のカラフルな画像を公開。撮影されたのはアリゾナで、ボディカラーはマイアンオレンジ、ランタナパープル、ライムグリーンの3色が登場しています。600LTスパイダーは「600LTクーペ」同様に570S/570Sスパイダーをベースにしたスパルタンなモデルで、軽量化に加えて出力向上、エアロダイナミクスの向上が図られたクルマ。 マクラーレン600LTスパイダー参上。グロ ...

ReadMore



>ポルシェ・ボクスター関連 ●ポルシェ・ボクスター(981)

運動性もデザイン性も期待以上だった。ポルシェ981ボクスター(2013-2015)

投稿日:2015/04/06 更新日:

IMG_7136

ポルシェ・ボクスターはぼくにとって特別な車です。
それは今までにも何度かアップしてきたとおりですが、ぼくにとって最初のポルシェであった、というところからも思い入れは大きなものがあるわけですね。
この981ボクスターは、ぼくにとって2台目のボクスター、そして3台目のポルシェになるわけですが、ポルシェというメーカーには常に驚かされ、何もかもが購入前に想像・期待していた以上(期待も相当に高かったのですが)。








最初のボクスター(986S)購入後、911カレラ(997)を購入したわけですが、その時にぼくが思ったのは「やはりボクスターでないと」ということ。
具体的にはミドシップ特有の旋回性能やバランスの良さに惹かれるわけですね。

運動性能だけではなく日常性にも優れ、フロントには人が入りそうなサイズのトランク、ミドにエンジンを積んでいるのに、後部にも立派なトランクがあるというのはちょっとした驚き(後部にこれだけのトランクスペースを持つミドシップカーを、ぼくはほかに知らない)。

扱いやすさも特筆すべきで、所有していた間に走った34000キロの間、「車庫入れで切り返した」ことは皆無。
つまり思ったところにドンピシャで収めることができる車だと言えます(こういった車は非常に少ない)。
ステアリングが切れすぎることも、思ったよりも切れないこともなく、切ったら切った分だけ曲がる車ですね。

IMG_7168

981ボクスターについては、それまでの986/987に比べて大きく進歩しており、981ボクスターの2.7版でも986世代の「ボクスターS」を超える馬力を誇ります。
ブレーキ性能や旋回性能も向上しており、 981ボクスターSにおいては無印の911カレラをサーキットでは脅かすほど。

ただ、ぼくはさほど強烈に走るわけではなく、注目したいのはそのスタイリング。
それまでの「どちらが前なのか後ろなのかわからない」スタイリングから一変し、981ボクスターでは前後フェンダーの抑揚が大きくなり、「後ろ上がり」つまりウエッジシェイプに。
フロントウインドウは角度が「寝る」ようになり、さらには全高が低くなったことで、スーパーカーに近いルックスになっています。
とくにサイドのエアインテークのデザインについては衝撃的で、今までは911とドアを共有してきたという歴史を切り捨ててボクスター・ケイマン系専用に。
テールランプもウイングと一体化するなど、大きくデザイン性が向上し、それまでぼくがポルシェに抱いていた「質実剛健」というイメージを完全に覆してしまうほどです。

981ボクスターが発表された時、ぼくはレンジローバー・イヴォークの納車待ちだったのですが、あまりの981ボクスターのデザイン性の高さに、イヴォークの注文を後悔したほど(結果、1年未満でイヴォークからボクスターに乗り換えることになるのですが)。

DSC03066

そして購入して思ったのは、何もかもが期待以上、ということ。
今までポルシェに乗っていた経験から、かなり高いレベルの期待を持っていたのですが、それをはるかに超える素晴らしさを持つのが981ボクスターでした。
結果、非常に長い距離をこの981ボクスターとともに走ることになるのですが、その間トラブルはほぼ皆無。
燃費もリッターあたり11キロ弱とまずまず満足の行くレベル。

タイヤの消耗も少なく、ミドシップではありますが前後ほぼ均等にタイヤが減り、ポルシェの性能が「タイヤに依存していない」ことも理解できます。

3.2リッター(ボクスターS)と比べると、2.7リッターは明確に軽さを意識したセッティングになっており、3.2リッターのどっしりとした印象と比べると非常に軽快。
ステアリングやアクセルレスポンスなど、すべてにおいてライトなイメージがあります(ギア比も2.7のほうが日本の道路事情にマッチしているように思う)。

内装も大きく進歩しており、ようやく他の欧州車に「追いついた」ことも特徴(ポルシェは内装の地味さがずっと指摘されてきていた)。
飾り気が無く事務的な室内から、やっと「見た目にも高級感の感じられる」インテリアになったわけですね。

これだけ大きく進化しながらも価格は今までとほぼ変わらないという点では非常に「お買い得」な車と言え、そして911の価格がどんどん上昇していることを考えるとボクスターは「非常にコストパフォーマンスの高いポルシェ」と言えるでしょう。

例えて言うならば、超一流レストランのディナーが911シリーズだとすれば、ボクスターは同じレストランのランチ、という印象です。
同じシェフが、同じ材料を使って、より多くの人にその味を楽しんでもらうために作ったお得なセットメニュー(おいしいトコロ取り)、ということですね。

ぼくは、あらゆる意味において981ボクスターとくに2.7Lはとてもバランスが取れた車だと考えており、今後エンジンは2Lターボにスイッチすることになると思いますが、それでもきっとポルシェのことなので「今以上」のコストパフォーマンスを発揮してくれると考えています。
まず「期待を裏切らない出来」になるであろうことは間違いなく、きっと次の世代のボクスターにおいても、その素晴らしいバランスは変わらないでしょう。

ぼくの人生において、「ポルシェ・ボクスター」は無くてはならないものであり、おそらく次世代のボクスターにおいても、やはり購入し、乗ることになるであろうと考えています(そのためには、今以上に頑張らなくてはなりませんが)。

ボクスターに対しては感謝してもしきれないだけの恩義があるとぼくは考えており、少しでもボクスターのファンを増やすことで、それを返してゆければ、と思います。

過去に乗っていた車の関連記事一覧

運動性もデザイン性も期待以上だった。ポルシェ981ボクスター(2013-2015)

初ランボルギーニ。乗ると人生が変わるガヤルドLP560-4(2009-2014)

何もかもがジェントル。レンジローバー・イヴォーク(2012-2013)

素晴らしい車だが印象と存在感が薄い、アウディTT(2010-2011)

スタイル抜群。しかし知名度は低いVWシロッコ(2009-2010)

2番めに所有期間の長かった、ミニクーパーS(R56、2006-2009)

自分には過ぎた車だった?ポルシェ911カレラ(タイプ997、2005-2008)

珍車中の珍車。また買いたいと思わせるホンダ・エレメント(2004-2005)

ポロかルポGTIを狙うべきだった。妥協して購入したVWルポ(2003-2004)

まるでプラモデル。何もないのに楽しかった日産パオ(~2003)

自分の原点。ポルシェ・ボクスターS(タイプ986、2002-2005)

欧州車に目覚めるきっかけ。BMW Z3ロードスター(1999-2002)

色々試し、学んだ車。日産フェアレディZ(Z32、1995-1999)

2台目のプレリュード。大きく進化したBA型(1993-1994)

当時のフェラーリよりも低いボンネット。ホンダ・プレリュード(1991-1993)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



  • この記事を書いた人

JUN

新しいモノ、テクノロジー好き。「クルマ好き」に分類されるはずだが、一般にはそれを隠して生きている。クルマだと軽自動車、スーパーカー、電気自動車まで興味を広く持つ。どんなクルマにも作られた人の魂が込められていると信じていて、そのため「よりデザイナーが情熱を注いだであろう」珍車がとくに好き。座右の銘は「情熱と愛情さえあればなんとかなる」。職業は(それが職業と言えるならば)投資家、ブロガー。

->ポルシェ・ボクスター関連, ●ポルシェ・ボクスター(981)
-, ,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.