>アウディ(Audi)

0-100キロ加速2秒!アウディPB18 e-tron市販化に向けてアウディ幹部が動き始める

| アウディPB 18 r-tron市販の可能性がわずかながら浮上 | アウディのエクステリアディナー統括責任者、アンドレアス・ミント氏が英国Autocarに語ったところでは、ペブルビーチにて公開したコンセプトカー「PB18 e-tron」の市販化に向け、現在本社に強力に働きかけている、とのこと。 なおPB18 e-tronの大きな特徴はインテリアにあり、ステアリングコラムとシート、その他操作系が一緒になったユニットが右に左にと動き、つまり「右ハンドルにも、左ハンドルにも、センターハンドルにも」なる、とい ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

ブラバスが新型メルセデス・ベンツAクラスのカスタム「B25」公開。ベースはAMGではなくA250、これはいいかも

| ブラバスがなぜかメルセデスAMG A35ではなくA250をチューンした | ブラバス(BRABUS)がメルセデス・ベンツA250のチューニングプログラム「B25」を発表。 AMGモデルの”A35”ではなく、通常ラインのA250をベースとしたところがミソとなっています。 エンジンはブラバスの「PowerXtra」パッケージによってノーマルの224馬力から46馬力アップの270馬力となり、0-100キロ加速は5.9秒、最高速度は時速250キロをマーク。 なおメルセデスAMG A35は306馬力、0-100 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスではコードネーム「オメガ(”究極”という意味がある)」にてその計画が進められ、2019年にもそのコンセプトカーが公開されるだろう、とのこと。 そして報道によれば、この「オメガ」はピュアエレクトリックカーとなるとのことですが、現在エレクトリックカーを推し進めているボルボのサブブランド「ポールスター」を同じグループに ...

ReadMore



■自動車・バイクの購入検討/比較など ■その他自動車関連ニュース・ネタなど ■駄文(日々考えること)

高額な車に乗って自動車ディーラーを訪問すると対応は変わるのかを考える

更新日:

DSC01096

高価な車に乗ってディーラーを訪問すると態度が変わるのか?ということはよく言われます。

ディーラーのセールスの人もぼくらと同じ人間ですので、基本的に考えることは同じだと思います。
ただ、経験則上からぼくらよりも多くの人を見ているはずなので、そこはぼくらとは異なる反応をするかもしれませんね。

ぼくは色々なところに車を作業に出したりしますが、その際の代車は軽自動車や軽トラだったりすることがあります。
そんなわけで、ぼくは自分の車以外にも様々な車で様々なディーラーを訪問することがあるのですが、これはそういった場合の経験から思ったことです。








高額な車に乗って自動車ディーラーを訪問した場合、必ずしも「顧客」として見てくれるとは限りません。
たとえば軽自動車やコンパクトカーが中心のディーラーに高額な輸入車に乗ってゆくと、「ウチには関係なさそうな客が来た」と思われるかもしれません。
また、発売されたばかりの新型車、登録したばかりの車に乗ってゆくと、ほとんどのディーラーは「まだこの車は新しいから買い替えないだろう」と考えるかもしれません。
こういったケースもあり、必ずしも高級車や新型車に乗ってディーラーを訪問すると丁寧な扱いを受けるとは限らない、ということがあります。
こういったディーラーでは、「客の車は一家に一台で、車検が来てから乗り換える」というイメージを持っていると考えられます。

逆に、普及価格帯の自動車ディーラーに、けっこう年季の入った国産車に乗ってゆくと、「この客は買い替えそうだ」ということで熱烈歓迎を受けるかもしれません。
輸入車の場合も同じで、たとえばBMWディーラーに旧いアウディに乗って行ったりすると、セールスの人は「買い替えてくれるかも」と気合が入るかもしれませんね。

上記は「乗ってゆく車」の場合ですが、これは人物(外見)だとどうでしょう。

高級車ディーラーになるとお客さんが多様化していて、お金持ちの息子さんや娘さんが免許取り立てでフラっと車を買いに来たり、足グルマでゴルフの練習に行った帰りにお父さんがカジュアルな格好で車を買いに来たり、というケースを経験していると思います。
つまり、高級車ディーラーの場合、年齢や見た目でお客さんの購買力は判断できない、ということを知っているわけですね。
こういった場合は、まず訪問した人がどんな素性なのかを探ろうとするはずですし、となると丁寧に接してくれる可能性が高いと言えます(よって、見た目で判断するようなセールスマンは経験が浅いと考えている)。

反対に普及価格帯の国産ディーラーの場合、おあまりお客さんが多様化しておらず、見た目=収入の場合が多いので、見た目で判断する傾向は輸入車ディーラーよりも多いように思います。
渋滞を避けてバイクで国産車ディーラーを訪問すると、「そろそろ自動車の購入をお考えですか?」と言われたり、古い車(以前に乗っていた17年落ちの日産パオ=通勤車)で行くと「そろそろ買い替えましょうよ」と言われたり、ホンダがラグレイトを発売した時にディーラーに行くと「高いですよ?」と言われたり、けっこうな目にあったりしていますが、輸入車ディーラーの場合はそこまでモロに言われたことはありません。

ぼくはヘルニアを患った後は服を着るのがかなり辛く(着たり脱いだりの動作が腰に響く)、よって着脱が容易なジャージで外出することが多くなっています。
手術後も、まだ傷が痛いのでやはりジャージですね。
そういった格好でディーラーを訪問した場合、もちろん心のなかでは色々と思うところがあるのだとは思いますが、少なくとも高価格帯の車を扱っているディーラーのセールスさんはぼくを理解しようとしてくれる傾向があると感じています。
一方、こういった表現は好きではありませんが、比較的安価な車を扱うディーラーの場合は、外見で判断してしまう傾向があるようですね。

よって、経験上ですが、「高級車を扱うディーラーほど人を外見で判断しないが、その逆のディーラーは外見で人を判断する」というのがぼくの認識です。

セールスの寓話で、AさんとBさんという靴のセールスマンが僻地に営業に行った時、現地の人々はみな靴を履いていなかった、というものがあります。
Aさんは、「ここでは誰も靴を履いていないので、靴は売れっこない。帰ろう」と帰ります。
Bさんは、「ここでは誰も靴を履いていない。いくらでも靴が売れる」と会社に電話をかけて在庫を送らせた、というものですね。

はじめに記載したようにセールスの人も人間ですので、色々な感情があると思います。
セールスマンAの場合もあれば、セールスマンBの場合もあるかもしれません。
その意味では反応は一様ではなく、高級車に乗ってディーラーを訪問してもセールスマンによって真逆の反応がかえってきたり、古い車や徒歩で訪れてもそれは同じです。

一定の傾向はあるかもしれませんが、はじめてそのディーラーを訪問する際は相手がどんなセールスさんなのかを事前に知ることは難しく、であれば自分らしく堂々としていればいい、と思うのですね。

なお、ぼく自身としては、やはり場所を考えて相手に失礼の無い身なりをすべきとは思いますし、そこを訪れるほかのお客さんも不快にならないような格好をすべきと考えています。
ただ、諸々の事情であったり、病院の検査帰りであったりスポーツクラブ帰りであったりして、ジャージのことがときどきある、というだけのことです(それでも一応、オシャレジャージを着用するようにはしている)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう






-■自動車・バイクの購入検討/比較など, ■その他自動車関連ニュース・ネタなど, ■駄文(日々考えること)
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.