>アウディ(Audi)

0-100キロ加速2秒!アウディPB18 e-tron市販化に向けてアウディ幹部が動き始める

| アウディPB 18 r-tron市販の可能性がわずかながら浮上 | アウディのエクステリアディナー統括責任者、アンドレアス・ミント氏が英国Autocarに語ったところでは、ペブルビーチにて公開したコンセプトカー「PB18 e-tron」の市販化に向け、現在本社に強力に働きかけている、とのこと。 なおPB18 e-tronの大きな特徴はインテリアにあり、ステアリングコラムとシート、その他操作系が一緒になったユニットが右に左にと動き、つまり「右ハンドルにも、左ハンドルにも、センターハンドルにも」なる、とい ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

ブラバスが新型メルセデス・ベンツAクラスのカスタム「B25」公開。ベースはAMGではなくA250、これはいいかも

| ブラバスがなぜかメルセデスAMG A35ではなくA250をチューンした | ブラバス(BRABUS)がメルセデス・ベンツA250のチューニングプログラム「B25」を発表。 AMGモデルの”A35”ではなく、通常ラインのA250をベースとしたところがミソとなっています。 エンジンはブラバスの「PowerXtra」パッケージによってノーマルの224馬力から46馬力アップの270馬力となり、0-100キロ加速は5.9秒、最高速度は時速250キロをマーク。 なおメルセデスAMG A35は306馬力、0-100 ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

「セイコー×ジウジアーロ」復刻腕時計を買ってみた!イタ車乗りには「イタリアンカラー」バージョンだ!

| 予約していたセイコー・ジウジアーロがやってきた | さて、先日”19年ぶり”に復刻されると紹介した「セイコー×ジウジアーロ」デジタル腕時計ですが、予約していた”エストネーション”モデルが早速やってきたので紹介したいと思います(セイコー本体が販売するものに比較すると発売が1ヶ月近く遅く、おそらくはセイコーがオリジナルモデルとの競合を避けるためにデリバリーを遅らせたのだと思われる)。 このセイコー×ジウジアーロはもともと35年前に「スピードマスター」として発売されたものですが、その後商標の関係か「スピード ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >マツダ(MAZDA) >韓国の自動車メーカー ■ニュース

【統計】最も壊れにくいのはトヨタ、修理費が最も安いのはマツダ。疑惑の韓国勢も上位にランクイン

故障のカウントはチェックランプベース。韓国車はチェックランプが簡単に点かないのか 今回、「CarMD」が各メーカーの自動車に発生するトラブル(エンジンチェックランプの点灯回数をカウント)をまとめ、かつ修理コストについて統計をとった結果を発表。これは1996年式から2018年式までの560万台を調査した大々的なもので、その母数を考えるとけっこう「アテにしていい」データかもしれません。 こちらもオススメ、関連投稿2018年品質調査。韓国勢が1-3位独占、もっとも改善したのはマツダ、一番信頼できるクルマはポルシ ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■新型車情報/スパイフォト/噂など

新型ポルシェ911カブリオレには蛍光っぽいグリーンも追加?新しい形状のヘッドライトも

ポルシェは1990年代風の明るいボディカラーを復活させる? さて、すでに新型ポルシェ911カレラSが発表されていますが、続々とそのバリエーションがテスト中。これまでにも911カブリオレ、911ターボ、911GT3といったバリエーションが目撃される中、今回はそのうちの911カブリオレ、しかし「これまでに無い「新ボディカラー」を身にまとったプロトタイプが激写されることに。 そのボディカラーはなんと「蛍光グリーンっぽい」明るい緑で、マカンに採用された「マンバグリーンメタリック」も驚きではあるものの、このグリーン ...

ReadMore

>ポルシェ911関連 ■ニュース

ニュル最速、ポルシェ911GT2RS「MR」の価格が公開。7秒を削るのに1226万円の「MRキット」装着が必要

「標準の」911GT2RSは3656万円、つまり合計で4882万円 現在、ニュルブルクリンクの「王座」争いはランボルギーニとポルシェによって行われており、まず2017年に、2013年以来王座にあったポルシェ918スパイダーの記録(6:57.00)を、ランボルギーニが「ウラカン・ペルフォルマンテ」で更新(6:52.01)。するとその直後にポルシェが「911GT2 RS」にてさらにタイムを短縮し(6:47.03)、さらにランボルギーニは6:44.97にてこれを破ることとなっています。そして問題は「その後」で、 ...

ReadMore

>フォード(FORD) >ランボルギーニ・ガヤルド関連 ■ニュース

まさかの「ランボルギーニをマスタングに」改造したクルマ。見た目はFR、実はミドシップ

ポルシェ911ターボのパーツも使用、この仕上げは驚くべきレベル アメリカンマッスルカーとイタリアンスーパースポーツとは「パフォーマンスは似ていても」その性質は大きく異なり、それぞれにファンが付いている、という状況かと思います。そしてイタリアンスーパースポーツにはミドシップが多く、アメリカンマッスルにはFRが多いようにも思いますが、なんと今回登場するのは「その両方」をかけあわせてしまったクルマ。 こちらもオススメ、関連投稿これまで見たカスタム・マスタングの中でNo.1。英国空軍モチーフのマスタングGTが登場 ...

ReadMore

>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

フェラーリはパーツだけでもやっぱりフェラーリ!399台が限定販売されたエンツォフェラーリのエンジン単体が4100万円で販売中

フェラーリのパーツは「腐っても(腐ってないけど)」鯛。どんな状態でも最高の価値を発揮する ebayにて、エンツォフェラーリ(2003)のエンジン単体が販売中。6リッター自然吸気V12、出力は650馬力というスペックですが、販売者の掲げる即決価格はなんと「4100万円」。フェラーリ812スーパーファストの新車価格が3910万円ということを考えると「異常」とも言える価格設定とも考えられそう。 ただ、エンツォフェラーリは現在3億円近い価格で取引されるクルマでもあり、その価格を考えると、クルマの中でも大きな価値を ...

ReadMore

■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

こんなものを買った。ナイキのテックパックダウンベスト、テックフリース ジョガー

ナイキは誕生月には15%オフのクーポンを送ってきてくれる さて、最近買ったもの三連発。すべてナイキの製品ですが、これはナイキオンラインストアに会員登録しておくと、誕生月に「全ての製品を15%引きで購入できる」ため(そう、ぼくは12月が誕生月)。よって、安く買える機会を狙って購入したということになりますが、この「15%引き」は誕生月であれば何度も利用できるのがいいですね。 こちらもオススメ、関連投稿最近買ったもの。ナイキのテックフリースパンツ、プーマ ×STAMPDコラボパーカーナイキがテックフリースの新作 ...

ReadMore

■新型車情報/スパイフォト/噂など >ロータス(Lotus)

ロータスがまさかの「1000馬力級エレクトリックハイパーカー」計画中。コードネームは「オメガ」、2019年にコンセプト発表とのウワサ

| 中国企業にとってエレクトリックハイパーカーは「未来」そのもの | なんとロータスが3億円クラスのハイパーカーを計画している、というウワサ。 これは英国Autocarが報じたもので、現在ロータスではコードネーム「オメガ(”究極”という意味がある)」にてその計画が進められ、2019年にもそのコンセプトカーが公開されるだろう、とのこと。 そして報道によれば、この「オメガ」はピュアエレクトリックカーとなるとのことですが、現在エレクトリックカーを推し進めているボルボのサブブランド「ポールスター」を同じグループに ...

ReadMore



●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)

結局どうなん?売ると後悔しそうな1年半、3万キロ走ったBMW i3の去就について考える

更新日:

IMG_9244

さて、BMW i3ですが現在保有期間1年半、走行距離は3万キロ。
ここでもういちどその印象など振り返ってみたいと思います。
まずは費用ですが、カスタム費用抜きで、直近1年において保険、税金や電気代など「純粋に維持や走行に必要なもの」のみを抽出。

  • 自動車税・・・29,500円
  • 任意保険・・・89,950円
  • 電気代・・・約65,000円
  • メンテナンス費用・・・0円(SBI加入のため)
    合計・・・184,450円

一方、ポルシェ・ボクスター(981)に要した年間での維持費はこちら。

  • 自動車税・・・51,000円
  • 任意保険・・・140,000円
  • ガソリン代・・・240,000円
  • メンテナンス費用・・・オイル交換55,000円、12ヶ月点検30,000円
    合計・・・516,000円

BMW i3購入前にはポルシェ・ボクスター(981)との年間維持費の差を298,500円と見積もりましたが、実際にはもっと大きな差(331,550円)、というのが現実です。
ただし、BMW i3はここにSBI加入費用を入れておらず、かつ任意保険の内容もポルシェ・ボクスターと内容が異なるので、「完全に同一」条件での比較ではありません(それらを考慮するとやはり当初の見積もり通りの差額なのかもしれない)。

BMW i3についてはやはり維持費の安さが一つの特徴で、車体を駆動するためのエンジンを持たないのでエンジンオイルの交換が基本的に不要(レンジエクステンダー用エンジンのオイル交換は必要)など、メンテナンスにかかる費用もガソリン車に比べて安価です。
家計の出費(固定費)を抑えるという点においては予想通り役立ってくれており、年間で30万円ほど「浮いている」計算ではありますが、購入時の価格の高さ、売却時の安さを考えるとこれは「帳消し」どころか”数字のみだと”マイナスと考えて良いでしょう。

IMG_9212

ただ、ぼくにとって車は移動の手段にとどまらないので、金額の高い安い、浮いた費用で「元が取れるか」というのはまた別問題。
加えてi3の売却が安いだろうというのは予め想定できたことで(それでも値下がり幅は予想を超えていますが)、BMW i3の先進性など「所有する満足感」を考えると”マイナスとは言い切れない”と考えています。

ぼくはかねてよりEVには強い興味を持っており、自動車に対しては「テクノロジー」を重視しているので、基本的に購入時には新型車を選びます。
これまで4WSやトルクベクタリング、直噴や初排気量ターボ、デュアルクラッチ等新しい機構を採用する車をその時々で選んできましたが、その意味ではBMW i3はもっともエポックメイキングな車(そう考えると高級かどうかはあまり選択基準に入っていない模様)。

BMW i3ははじめてのEVということで不安はありましたが、今のところ電欠に見舞われることもなく、行動範囲を制限されることもなく、ごく普通の車と同じように使えています。
ただ、「充電できるときに充電しておく」のは鉄則で、いつも通る道であっても予想外の事故渋滞などでバッテリーを消費する可能性があります。
EVのバッテリー消費が大きいのは加速・発進、高回転時で、停止時にはほぼバッテリーを消費しないのですが、夏場や冬場の「エアコン必須」な状況においては停車時でも大きくバッテリーを消費することに。
エアコンを使用しなければバッテリーの消費を抑えられますが、冬場であればまだ「着こめば」なんとかなるものの、夏場の炎天下でエアコンを使用しない、というのはまず無理。
そこまで我慢してEVに乗りたくはありませんし、そういった不慮の事態に遭遇して電欠になることを防ぐためには「とりあえず充電」は必須ですね。

IMG_9237

加えて何度か記載していますが、BMW i3は街中での使用に特化しているので、乗降性や積載性、取り回しなどはぼくの要求にはぴったりマッチ。
今までに多くの車を乗りましたが、利便性という点においては「これ以上ない」のがi3。
加えて外観や内装も独特で、今でも非常に新鮮な気持ちで毎日乗ることができています。

一方不満なのはやはり壊れること、そしてやたらと煽られたり(追い越し車線でなくても)割り込まれること。
タイヤが細いので軽自動車っぽく見えること、EV=遅いというイメージがあるので、i3がEVだと知っている人は「遅い車」だと思うのでしょうね。
なおタイヤの細さに起因する操縦安定性のナーバスさはi3特有であり、ドライビングプレジャーとはかけ離れた車ですが、ここも購入前にはわかっていたので問題は無し。
細かいところだとシートのクッションが薄いと感じていますが、これも致命的な問題では無いのでまあ無視できます。
車格においては個人の主観によるものなのでナントモですが、ぼくはi3をミニのような「クラスレス」な車だと捉えており、小さくとも他の車に対して引け目を感じることはない、と考えています。

総合するとかなり満足度の高い車であり、壊れることを除けば様々な小さな難点も見過ごせる車といえますね。
ときどき乗り換えようかとも考えますが、おそらく売ってしまうと後に「後悔」するのは間違いなく、なにか車を購入するのであればBMW i3を残したまま「増車」を考えることにはなりそうです。
これも維持費の安いi3ならではの選択ですが、欲を言うと自動車税がもっと安いと良いですね(都道府県によっては自動車税が70%程度減免される地域があり、そうなると駐車場を覗いたらバイク並みの維持費になる)。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう



-●BMW i3(自分のi3、ほか関連ネタ)
-,

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.