ad-728

●BMW i3について(自分のi3、ほか関連ネタ)

BMW i3洗車。なぜか後部座席のドアを開けると車内が臭くなる怪現象

2016/12/21

Pocket
LINEで送る

IMG_9624

BMW i3洗車。
最近は快調に走っているi3ですが、雨が多くけっこう汚れることも。
なお低ダストブレーキパッドは非常に優れた製品で、純正に比べると飛躍的にダストの量が軽減。
特にフロントはほとんどダストが出ず(なぜかリアの方が多い)、ブラックに塗装したホイールも綺麗なままです。

それでも雨などで汚れてくるのは仕方なく、ここで晴れ間を見つけてi3を洗車。
洗車自体は特に問題はなく、飛び石による傷なども見当たらないのですが、洗車していていつも気になるのは「後部座席のドア(観音開きの後ろ側)を開けると車内が臭くなる」こと。

これは不思議な現象でもあり、なかなか原因を特定できなかった現象でもあります。
雨の日に臭うのか?洗車してどこかに水が入ると臭うのか?洗剤と何かが反応して臭くなるのか?等考えましたが、最近になって「どうやら後部座席のドアをしばらく開けていると臭うようだ」という結論に。

加えて湿度が高い日や洗車したのちはこれが顕著で、洗車が終わり室内に掃除機をかけるためにドアを開け放し、そして閉じた時に「生ごみのような臭い」が発生するのですね。

なお、この臭いの正体は不明(ディーラーでも特定できず)ですが、ぼくの経験上、これは内装の接着剤の臭いでは、と思うのですね。
通常であれば接着剤は揮発性のものを使用しますが、最近では、そして特に欧州では色々と規制が厳しく、水性のものを使用しているケースが多くなっています。
さらにi3では「サステイナブル」を重視しており、工場にもクリーンエネルギーを使用するなど天然素材の使用を心がけています。

そこで、同じように環境に配慮した製品に多いのが「コーンスターチを使用した接着剤」。
以前にこういった製品を使用したことがあり、やはり湿度が高くなるとコーンスターチが溶け出して生ごみのような臭いを出すのですが、その臭いの種類やi3の性質を考えると、おそらくこれ(コーンスターチ)が原因じゃないかと僕は考えているのですね。

もしこの推測が正しかった場合ですが、残念ながら「手の打ちようがない」のが現実で、この臭いと共に乗って行くしかなさそうです。



-●BMW i3について(自分のi3、ほか関連ネタ)
-, , , ,