ad-728

>マクラーレン(McLaren)

マクラーレン720S登場。「ウエルカム・シークエンス」など走り以外の質も大幅向上

Pocket
LINEで送る

マクラーレン720Sが公開に(スペシャルサイトも公開済み)。
MP4-12C、650Sと続く「スーパーシリーズ」の最新モデル、そして650Sの後継となり、V8エンジンをミドシップマウントし後輪を駆動するレイアウトは変わらず。
もちろん出力は車名の通り「720馬力」を発生しますが、排気量は650Sまでの3.8リッターから4リッターに拡大。
マクラーレンによるプレスリリースはこちら

加えてターボチャージャーも新しくなり、エンジンの実に41%が新しい部品に置き換えられている、とのこと。
出力自体はランボルギーニ・ウラカン・ペルフォルマンテの640馬力、フェラーリ488GTBの670馬力との中間ですが、カーボンモノケージⅡ(これだけで650S比-18キロ)へと発展したモノコックによって重量はウラカン、488GTBよりも軽量に。
ボディサイズは全長4543ミリ、全高1196ミリ、全幅1930ミリ、と公表されています。

追って動画が公開されると思われますが、720Sには「ウエルカム・シークエンス」が備わることが特徴で、ドアミラーの動き、ライティング、エンジンベイのイルミネーション、内装のスイッチ類含めてドライバーを「迎える」動作を行う模様(ドアを開けると例の折りたたみメーターパネルも展開)。
マクラーレンというと「走り一徹」のイメージがありますが、こういったところにコストをかけるのはちょっと意外。

ボディデザインは大幅に変更されていますが、よく見ると650S→570Sといったデザインの変遷が感じられ、720Sでは15%クーリング性能が向上。
ダウンフォースは50%向上、エアフローも15%改善、とされていますね。

室内は視認性も向上しており(これは570Sにおいてもかなり向上させており、マクラーレンが気にしている部分と思われる)、より豪華に。
さらにはルーフ部分から大きくドアが開くようになっていますが、これも乗降性を改善した部分だと思われ、マクラーレンが「日常性」を重視していることもわかります。

デザインはこれまでと大きく変わり、正面から見ると「中央から端へと放射線状に広がってゆくライン」がよくわかりますね。

リアもやはり大きく変わっており、ディフューザーのフィンが小さいのは最近のハイパフォーマンスカーに置ける一つの特徴ですね(フェラーリ488GTB、ランボルギーニ・ウラカンも同じ)。

ヘッドライト形状も大きく変わり、内部構造も変化。
詳細は述べられていませんが、アウディのマトリクスLEDのような光り方をするのかもしれません。

フロントから導入したエアをバンパー横から抜くのも最近のトレンド。
タイヤハウス広報から圧を抜くのも同じですね。

パフォーマンスにおいては0-100キロ加速では2.8秒を達成し、ゼロヨンは10.3秒(最高速度は時速341キロ)。
時速200キロまでの加速は4.6秒で、逆に200キロから0キロまで、つまり停止するまでに要する時間は4.6秒、距離はわずか117メートル。
これは現在の650Sに比べて6メートル短く、P1と同じ制動距離だそうです。
もちろんブレーキディスクはカーボンセラミックで、キャリパーともども軽量かつ強靭なものに変更。

内装はデザイン性が向上し、しかしよりドライバーオリエンテッドに。

すでにアナウンスされた通りドライブモードには「ドリフト・モード」を備えており、このドライブモードを変更することで「プロアクティブシャシーコントロールⅡ」はシフトチェンジ、電制パワーステアリング、ブレーキシステム、ダンパー、アンチロールバーの設定が変更に。

なお「プロアクティブ・シャシー」はマクラーレンのスポーツシリーズ(540C/570S/570GT)には備わらず、これはスーパーシリーズとスポーツシリーズとの大きな差と言えそうです。

こちらがメーターパネルが「閉じた」状態。
必要最低限の情報のみを表示します。

こちらがメーターオープン。

650Sにくらべると左右ウインドウの端から端が格段に広くなり、視界が大きく開けているようですね。

画像を見るとサイドシルの太さは変わらないまでもやや「丸く」なり、足元の高さがかなり下がっている模様。
これによって乗降性が格段に向上しますが、やはりマクラーレンは今回の720Sにおいては日常性を向上させることをテーマの一つに掲げているのかもしれません。

なお日本でもジュネーブと同時に公開され、国内価格は3338万3000円とアナウンスされています。



->マクラーレン(McLaren)
-, , , , ,