>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA) >レンジローバー/ランドローバー(RangeRover)

なぜホワイトじゃないッ!ホンダe「タイプR」、そしてランドローバー・でフィフェンダー「ピックアップ」のレンダリングが登場

| やはり日本人的にはタイプRといえばホワイト | ニューモデルが登場した際のお約束、「もしも系レンダリング」。今回も発表されたばかりのEV「ホンダe」、「ランドローバー・ディフェンダー」の「もしもこんなバージョンがあったら」というレンダリングが登場しています。ちなみに両者とも公式に「ない」とそれぞれのメーカーから否定されており、よって完全に「IF設定」となりますね。

ReadMore

>ブガッティ(BUGATTI) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

ブガッティ「シロンに続くモデルを考えている。日常的に乗れる4ドアが候補だが、そのための資金がない」。親会社であるVWはエレクトリック化偏重で資金を回してくれない?

| ブガッティは株式公開(IPO)も考えておらず、資金調達の方法を思案中 | ブガッティCEO、ステファン・ヴィンケルマン氏がAutomotive News Europeのインタビューに答えたところによると、「シロンに続くニューモデルを考えている」とのこと。この「シロンに続く」ニューモデルについてはこれまでにも様々な噂が出ており、4ドア(画像のガリビエール・コンセプトのような)、もしくはSUVになる、という話も。

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

これ公式ですってよ。初めて「メルセデス」の名が冠されたクルマへのオマージュ「ヴィジョン・メルセデス・シンプレックス」。街中のコミューターはもうこれでいいじゃない

| クルマの考え方そのものも自動車黎明期に遡る次期なのかもしれない | メルセデス・ベンツのデザインチームが「ヴィジョン・メルセデス・シンプレックス」を発表。これは「デザイン・エッセンシャル2019」出展のために考案されたもので、もちろん市販予定はナシ(残念)。これは1901年のメルセデス35PSへのオマージュで、ブランドの起源を示したものだそう。なお、メルセデス35PSは文字どおり(当時としてはかなり強力な)35PSを発生するエンジンを搭載し、当時のレースシーンを席巻したことでも有名ですね。ちなみに、こ ...

ReadMore

>三菱(MITSUBISHI) ■ニュース

ガンダムか何か出すん?三菱が東京MSに出展する、クルマとは思えないコンセプトカーの画像を公開

| 三菱はこれを「小型SUV」と言うが | 三菱が東京モーターショーに向けてスペシャルサイトをオープンさせるとともに、「スモールサイズの電動SUVコンセプトカーを発表」すると発表。あわせて一枚のティーザー画像を公開していますが、ここだけ見るとクルマとは思えず、宇宙船かモビルスーツにしか見えない、と思います。なお、三菱のブランドメッセージは「Drive your Ambition」で、これは”「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」という志を持ったお客様の、想いに応えるクルマづくりを表現する”こと ...

ReadMore

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

メルセデス・ベンツが「年内にGLSマイバッハ発売」と明言。ベンテイガやカリナンに対抗する超高級SUV

| 製造はアメリカ国内、そしてアメリカで製造されるもっとも高価なクルマに | Autocarによると、年末あたりにメルセデス・ベンツがGLSをベースにした超高級SUV「GLSマイバッハ」を発売する、とのこと。そして「マイバッハ」の名にふさわしく、マイバッハSクラス同様に究極のゴージャスさを身にまとうとされています。なお、ベースとなるGLSは今年の春にフルモデルチェンジを迎えており、最新のプラットフォームやインフォテイメントシステム、ソフトウエアを持ち、マイバッハたる資質十分。 メルセデス・ベンツの最上級S ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) >BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWコンセプト4の「巨大な縦長キドニーグリル」は80年以上前にもBMWが採用していた?BMW328のオマージュとして現代に復活か

| それにしても面積の割合からするとデカすぎる | とにかく衝撃としかいいようのなかった、フランクフルト・モーターショーでの「BMWコンセプト4」。何が衝撃的かというとその巨大なキドニーグリル。これについては、その大きさもさることながら、あれだけBMWは7シリーズで「巨大なキドニーグリル」の批判を受けているのに、それに懲りず「さらに大きなグリルを出してきた」こと。つまりは消費者や世論に対し「喧嘩を売っている」とも受け止められる商戦的な姿勢ですね。 断っておくがこれは公式だ。BMWが超巨大キドニーグリルを持 ...

ReadMore

>テスラ(TESLA) >ミッションE/タイカン関連 ■その他自動車関連ニュース・ネタなど

【動画】テスラ・モデルSがニュルにてポルシェ・タイカンのタイムを20秒短縮し、GT-Rやフェラーリ488と同等のタイムを記録。しかしポルシェには隠し玉がある模様

| 加速だけでなく、サーキットの走行タイムもEVが「上位常連」となる日がやってきた | ポルシェはタイカンのプロトタイプにて7:42というニュルブルクリンクのラップタイムを記録していますが、これをテスラ・モデルSが20秒近く短縮した、という報道。先日まで、従来の2モーターに代えた「3モーター」構成の”プレイド”と呼ばれるシャシー・プロトタイプを走らせており、数日前からブルーの塗装を持つ別の個体がここに加わっています。なお、この「3モーター」モデルSは実際に来年発売されるとのことで、単なるアタック用のワンオ ...

ReadMore

>マクラーレン(McLaren) ■ニュース

【動画】アマルガムが1/8サイズのマクラーレン・スピードテールを発表。構成されるパーツは1000点以上、その価格は160万円

| アマルガムには世界中から職人が集結している | アマルガムはこれまでにも多数のスーパーカーをモデルカーとしてリリースしていますが、今回は「マクラーレン・スピードテール」の発売を予告。アマルガムの製品はそのシルエット、ディティールのみならず塗装の美しさでも知られ、最近では可動や発光といったギミックも備えています。そして1:8スケールのモデルカーともなると100万円を超える値付けも珍しくなく、今回発売を予定しているスピードテールの(ミニカーの)価格は価格はなんと15,025ドル、つまり邦貨換算で160万円 ...

ReadMore

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■ニュース

【動画】米ユーチューバーが新型スープラのワイドボディ化を開始!使用するのは日本のパンデム製エアロキット

| アメリカではスープラのカスタム/チューンが一気に加熱 | 自身で新型トヨタ・スープラを購入したユーチューバー、TheStradman氏がワイドボディキットを装着する様子をYoutube上にて公開。現在のところ「仮組み」に止まりますが、パンデム製のフルエアロキット装着を予定しており、その内容を公開。なお、パンデム製のワイドフェンダー含むエアロキットは、お台場を走行した「A90スープラ・ドリフトマシン」に装着されていたものと同じ過激なものですね。 【動画】イベント当日は炎上してしまった「A90スープラ・ド ...

ReadMore

>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMW「M専用スポーツカーについて明確なアイデアがある」。これまで否定されてきたM製スーパースポーツがついに実現?

| それが「スーパーカー」なのか「ハイパーカー」なのかは今のところ謎 | もう10年以上も前からウワサの出ている「BMW M専売スポーツカー」。もとはというと、この「M専売スポーツカー」は1978年発売の”M1”が元祖だと考えてよく、しかしその後のMモデルはずっと「BMWの既存車種をベースとしたクルマ」。そしてBMWは10年以上も前に「M1オマージュ・コンセプト」を発表し、それが「M1後継モデルの登場、もしくはM専売モデルの発売か」と騒がれたわけですね。 その後も度々M専売スーパースポーツの話が出ており、 ...

ReadMore

ラゴンダ

>アストンマーティン(Astonmartin) >パガーニ(PAGANI) >スウェーデンの自動車メーカー >マクラーレン(McLaren) >ランボルギーニの限定車関連 ■ニュース

【動画】世界で最も高価な量産セダン「ラゴンダ」オーナーのガレージ。ケーニグセグ5台、パガーニ4台他多数のコレクションを見てみよう

| なぜかは知らないがバスまでもが駐車している | さて、訪米中のShmee150氏が相変わらず精力的に動画公開中。今回はアストンマーティン・ラゴンダ・タラフを紹介していますが、正直そのガレージ内にあ ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

ワンオフのアストンマーティン・ラゴンダ「シューティングブレーク」が競売に。そもそもラゴンダとは何なのか?

| ラゴンダはもともとアストンマーティンとは別の会社で、高級車メーカー | アストンマーティン・ラゴンダ・シューティングブレークが競売に登場予定。これまた説明を要するクルマですが、まずは「アストンマー ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンがロンドンにて「ラピードE」「ラゴンダ」を展示。両方ともアストンマーティンの未来を示すクルマだが、先行きは不透明

| とくにラピードEはポルシェ・タイカンの影に隠れてしまいそうだ | アストンマーティンが、ロンドンにあるフラッグシップショールームにて「ラピードE」そして「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を展示。 ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンがラピードを販売終了に。かわりにDBXは「年間5,000台」、ラゴンダ「年間3,000台」を上限に販売すると宣言

| それだけの価格帯を購入する人がまだそんなにいるとは思えないが、アストンは自信がありそうだ | アストンマーティンがその4ドアサルーン「ラピード」を販売終了にする、との報道。これはオーストラリアのカ ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティン「ラゴンダ・オールテレーン・コンセプト」発表。デザインイメージは「ヨットとコンコルド」、自動車史上最大の革命と胸を張る”運転しない”アストンマーティン

ようこそ、世界初のエレクトリック・ラグジュアリーブランドへ 新型ハイパーカー「AM-RB 003」、そしてまさかのミドシップ化された「ヴァンキッシュ・ヴィジョン・コンセプト」を発表したアストンマーティ ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンDBX登場までにはこういった紆余曲折があった。はじまりは2009年の「ラゴンダ・コンセプト」

アストンマーティンは10年も前に高級SUV投入を計画していた 発表が近いと思われるアストンマーティン初のSUV「DBX」ですが、ここで情報を整理してみたいと思います。アストンマーティン自身は公式ティー ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >ベントレー(Bentley) >ロールスロイス(Rolls-Royce)

アストンマーティン「ラゴンダは超高級ブランドにシフト。ロールス、ベントレーに対抗する」

| アストンマーティンはラゴンダを超高級ブランドとして復活 | アストンマーティンはラゴンダ(Lagonda)を超高級エレクトリックブランドとして復活させると公表し、「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト ...

>アストンマーティン(Astonmartin) ■新型車情報/スパイフォト/噂など

アストンマーティンは「ラゴンダ」ブランドから700馬力のピュアエレクトリックSUV発売?

| ラゴンダブランドからエレクトリックSUV登場? | アストンマーティンはちょっと前に「ラゴンダ」ブランドをエレクトリックかつ超高級ブランドとして再スタートさせるとアナウンスしていますが、アストンマ ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンが「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」発表。ラゴンダはまさかの高級EVブランドに

| まさかの新ラゴンダが登場 | アストンマーティンが「ラゴンダ・ヴィジョン・コンセプト」を発表。 アストンマーティンCEO、アンディ・パーマー氏は「ジュネーブ・モーターショーにサプライズがある」と語 ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティンは新型「ラゴンダ」を発売の意向。現行ラゴンダの1.2億を超える価格設定か?

アストンマーティンは2023年までに7つのニューモデルを発売予定 アストンマーティンは2023年までに「7つの」ニューモデルを発売するとしていますが、その中にはヴァンテージ、ヴァンキッシュ、そしてヴァ ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン・ラゴンダだけで24台、合計350台の車を持つ男。収納場所が足りず10億円でガレージ建設

イギリスのカーコレクター、Roger Duddling氏のコレクションを紹介する動画が公開に。 350台ものコレクションを保有しているそうですが、そのうちの24台はアストンマーティン・ラゴンダ(オリジ ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

さすがドバイ。さらに別のアストンマーティン・ラゴンダ(超高級)が売りに出される

| ラゴンダは結局売れたのか売れていないのかわからない | ドバイにて、またまたアストンマーティン・ラゴンダ・タラフの中古車が販売に。生産台数わずか150台と言われる超高級車で、購入できるのは「アスト ...

>アストンマーティン(Astonmartin) >フェラーリ(Ferrari) >ランボルギーニ・ウルス関連

アストンマーティン「DBX」の大胆予想CG公開。かなりイケておりこのまま発売してほしいほど

CGアーティストがアストンマーティン「DBX」の予想CGを公開。 これは今までアストンマーティンが公開してきた「DBX」とはかなり異なるものですが、アストンマーティンのデザインよりも格好よく、さらには ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン・ラゴンダの中古がドバイに登場。内装はこうなっている

| ラゴンダ新車時のの販売価格は1億円以上だった | アストンマーティン・ラゴンダの中古車がドバイに登場。新世代ラゴンダは「招待制」での購入となっており、まずは中東専用にてアストンマーティンからの招待 ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

アストンマーティン「ラピード」は2018年にガソリンエンジン廃止。EVとして生まれ変わることに

アストンマーティン・ラピードがガソリンエンジンを捨て、2018年にはEVとなって登場する模様。 2014年にアストンマーティンはラピードのEV版である「ラピードE」をコンセプトモデルとして発表しており ...

>アストンマーティン(Astonmartin)

生産わずか105台、アストンマーティン・ラゴンダ・シリーズ4が中古で登場。価格は1000万円

| 今となっては希少なクルマ |   1991年モデルのアストンマーティン・ラゴンダが中古車として登場。走行距離は32,734キロ、価格は約1000万円。なお、このシリーズ4ラゴンダの生産期間は3年の ...

Copyright© Life in the FAST LANE. , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.