>ポルシェ911関連

ポルシェが毎年発表する「見る角度によって色の変わる」ペイント。なんとオプション価格(塗装だけ)1050万円だった件

投稿日:2017/08/22 更新日:

| やはりポルシェのカスタムにはお金がかかる |

ポルシェはそのカスタム部門「ポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥア」を刷新し、その後積極的に情報を公開。
インスタグラムもアカウントを開設してそのカスタムを紹介しています。
今回紹介しているのはそのペイントですが、「パイソン・グリーン」と命名されたもので、見る角度によって色が変わって見えるもの。

このペイントは「クロマフレア」と呼ばれ、毎年5つのカラーがリリースされているとのことで、「パイソングリーン」もその一種。
ほかにはブルー、ゴールド、ヴァイオレットなどがあるようですね。

関連投稿
ポルシェがその純正カスタム「エクスクルーシブ」のPVを公開。「顧客のインスピレーションは我々のパッション」
ポルシェのカスタム部門「エクスクルーシブ」の知られざる事実5つ。初代ターボSはエクスクルーシブ製
「最も高価で最も速い」ポルシェ911ターボSエクスクルーシブはこうやって作られていた

マクラーレンP1でもこういったカラー(純正カスタム)が見られたものの、ポルシェの場合驚くべきはその価格で、なんと「ペイントだけで」1050万円ほど。
ブガッティ・シロンやランボルギーニ・チェンテナリオの「エクスポーズド・カーボン(カーボン柄が見える)外装」のオプション価格が2500万円くらいの設定で「非常に高価」と話題になりましたが、それらは実際にカーボンパネルを使用しているので、この塗装に比べると「まだ」納得性が高いと思います。

なお、こういった塗装は偏光塗料、光干渉顔料、分光性塗料とも呼ばれ、塗料メーカー各社が発表していますが、最も有名なのは日本ペイントの「マジョーラ」だと思われます。
ヘルメットやバイクのカウル用、プラモデル用としても同様の塗料が販売されているものの「ここまで」高価ではなく、ポルシェのこの「オプション価格」には驚かされるばかり。

なお、この系統の塗装は登場時に「通常の塗装に比べ、(もともと光が反射するので調色に手間取らないため)補修が比較的容易」と言われましたが実際のところは不明。
ただし、このポルシェの場合は補修となると「相当な費用」が必要となりそうですね。

関連投稿
(マクラーレン編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
(ポルシェ911編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている
(ランボルギーニ編)スーパーカー/スポーツカーのオプション価格はこうなっている

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ911関連
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5