>ランボルギーニ(Lamborghini)

ランボルギーニの新しいスペシャルモデルはコイツだ。ウラカン・スーパートロフェオEVO登場

投稿日:2017/09/21 更新日:

| スーパートロフェオが「EVO」になった |

昨日ティーザー動画が投下されたばかりの「ウラカン・エヴォ」ですが、正式名称「Lamborghini Huracan Super Trofeo EVO(ランボルギーニ・ウラカン・スーパートロフェオ・エヴォ」として正式発表。
ランボルギーニはこれまでも「ウラカン・スーパートロフェオ」を用いてワンメイクレースを展開していますが、そのレースに使用する「新型車両」という位置づけとなっています(ランボルギーニによるプレスリリースはこちら)。

これはランボルギーニのレーシングディビジョン、スクアドラ・コルセによって開発されたもので、「前モデルと同じダウンフォースを獲得しながらも効率性を増す」ことを目的にしている、とのこと。
ダウンフォースを増加させることでよりグリップは増すものの、そのぶん「空気抵抗」が増えることになり、この「異なる2つの要素」を高いレベルで両立させることを目指したものと思われます。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-10

なお開発パートナーはウラカン・スーパートロフェオ、ウラカンGT3同様にダラーラ。
カーボン製のボディパネルは一新され、安定性を増しながらも空気抵抗を軽減。
スクアドラ・コルセによると「ボディ、スポイラー、アンダーパネル、ディフューザーなど全て新しくなっている」とのこと。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-9

ルーフハッチの追加によって8%前方向への(空気?)抵抗が低減されたといい、そのためモンツァ(高速サーキット)でのタイムは1;43,3を記録、これは以前の「ウラカン・スーパートロフェオ」のタイムを1.5秒短縮した数字。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-8

シャークフィンの採用、そしてリアオーバーハング側面が延長。
これによって安定性が大きく増していると思われます。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-7

エンジンはこれまでと同じで5.2リッターV10(620馬力)、トランスミッションは6速シーケンシャル。
駆動輪は後輪のみ、最高速度はリミッターによって時速280キロに抑えられている、とのこと。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-6

実際にレースに投入されるのは2018年の春からとなり、ワンメイクレース「スーパートロフェオ」のほか、グランツーリスモチャンピオンシップ、GTカップ等の耐久レースにも出場予定。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-5

リアフェンダーは独特の形状。
やはり安定性向上を目的としたものか、フィンのようなものが見えますね。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-4

パートナーはロジェ・デュブイ(世界最古の腕時計メーカー)。
これまで冠スポンサーは「ブランパン」でしたが、どうやら今後ロジェ・デュブイに移行するようですね。
なお、ロジェ・デュブイはすでに「イタルデザイン」とのパートナーシップも公表しています。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-3

関連投稿
イタルデザインとロジェ・デュブイがコラボ。「ゼロウノ」発表を記念し限定腕時計を発売

価格についても公開されており、295,000ドル/235,000ユーロ。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-2

レースに出場するプライベーターは購入が可能と思われ、既存のウラカン・スーパートロフェオについてもアップデートされたエアロパッケージを購入し装着できる、とのこと。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-1

純然たるレースカーのはずですが、レースカーにありがちな無骨さよりも、芸術品のような造形美を感じさせる車のように思います。
なお、ルーフ上の黒いグラフィックは今回パートナーシップを締結した腕時計メーカー「ロジェ・デュブイ」の人気モデル、「エクスカリバー」に使用されるムーヴメントを表したもの。

Lamborghini-Huracan-Super-Trofeo-EVO-12

こちらはこれまでの「ウラカン・スーパートロフェオ」。
新型を見たあとはかなりシンプルに見えますね。

01-lamborghini-huracan-super-trofeo-quail-1-1

関連投稿
ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション〜ランボルギーニ・ウラカンLP620-2スーパートロフェオ

05-lamborghini-huracan-super-trofeo-quail-1-1

こちらは「ウラカンGT3」。
スーパートロフェオよりもベース車両からの変更度合いが大きくなっており、「スーパートロフェオとGT3車両は別」という印象があったものの、今後は両者の共通性が増すのかもしれません(スーパートロフェオEVOがGT3に近づいたように思える)。

lamborghini-huracan-gt3-001-1-1

関連投稿
ランボルギーニ・ウラカンのバリエーション〜ランボルギーニ・ウラカンGT3

lamborghini-huracan-gt3-004-1-1

こちらは「ウラカン・スーパートロフェオ・エヴォ」のプロモーション動画とアンヴェールの様子。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5