>ポルシェ(Porsche)

ポルシェチューナーが911のエンジンを搭載したハイパーカー発表。0-100キロ加速は2.4秒

投稿日:2017/10/02 更新日:

カナダのポルシェチューナーが911ターボエンジンを搭載したオリジナルのハイパーカーをリリース

ポルシェのチューンで有名な「Anibal Automotive」が独自のスーパーカー(というかもはやハイパーカー)を企画し、その概要を公開。

Anibaliはこれまでにも991世代の911をベースとした「911ATTACK」を公開しており、これは外装のほとんどをカーボン製に置き換えたチューニングカー(詳細は不明)。

出力は920馬力、0-100キロ加速はシロンよりも速い2.4秒

そのAnibaliが今回発表したハイパーカーが「ICON(アイコン)」。これはポルシェ911ターボS(991.2)の水平対向6気筒ツインターボ(3.8L)エンジンを920馬力にまで向上させた強心臓を持ち、0-100キロ加速はなんと2.4秒。
生産台数はわずか50台、そしてプラス5台をさらに過激なルックスをもつ「ドラスティック・エディション」として発売する、とのこと。

レイアウトはミドシップ、リアアクスルステアリングやカーボンセラミックディスクブレーキなどのお約束はもちろん、アクティブダンパーといった最新デバイス、ハイパーカーには欠かせないガルウイングも装備。

シャシー構造は不明ですが、重量は1540キロほどとされているところから想像するに、ポルシェ911ターボSの車体を一部使用しているのかもしれません。
なお、過去にルーフがポルシェ911(997世代)の車体を流用し、しかし後半を作り変えることでミドシップ化した「CTR3」を発売していますね。

Anibali ICONのルックスは?

画像も同時公開されていますが、見た目はまんま「ハイパーカー」。
比較的独自性が強いようにも見えますね。

3

テールランプはポルシェ911のものをそのまま流用。
ほかドアミラーも911のものを使用しているようで、それがまた「異様な雰囲気」を出しているように思います。

6

こういった「独自のスーパーカー/ハイパーカー」を計画する会社は相当数にのぼりますが、なかなか実現した試しはなく、しかし今回のICONについては「ベース(ポルシェ)がある」こと、ポルシェチューナーとして実績があることからも実現性が高いかもしれませんね。

2

ドアは「ガルウイング」というものの、開き方は不明。過激なルックスを持つという「ドラスティック・エディション」についても、それがこの画像なのか、もっと過激なのか不明。

8

ほかにどんなものがある?過去に企画されたスーパーカー/ハイパーカー

 

フェラーリ元従業員が立ち上げた「ATS」。800馬力を標榜するスーパーカー「GT」を公開
世界初、3Dプリンターで作られたスーパーカー登場。なお価格はケーニグセグ並み
本当に発売する模様。中東の新興メーカーから砂上のスーパーカー「ザルーク・サンドレーサー」
中国テックルールズがジウジアーロデザインの3座スーパーカー発表。限定96台
ジュネーブにて、ポルシェ918スパイダーよりニュルを27秒速く走るスーパーカーが発表に
チャンピオン2回のF1ドライバー、フィッティパルディ氏がスーパーカーをジュネーブで発表
ポーランドから新型スポーツカー、 Hussarya GTが登場。英国ジェントルマンレースへのトリビュート
イタリアでもっともパワフルで速いハイパーカー登場。Mozzanti Elantra Millecavalli
よくわからない中東のスーパーカー、Devel16が4515馬力を記録した件
これは国民性?メキシコ初の1400馬力スーパーカーがエグい件
全然知られていないスーパーカー、Mazzantiエヴァントラに771馬力のハードコアモデルが追加された件
シンガポール製ハイパーカー、「デンドロビウム」見参。バンザイ・ドア装備
フィンランドより1341馬力のハイパーEV、「Tridion 1MW Concept」登場

 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5