>テスラ(TESLA) >その他アメリカ車

米コンシューマーレポート「信頼性の低い車」ランキング。10台中6台がアメ車という結果に

投稿日:2017/10/25 更新日:

米調査会社、コンシューマーレポートによる「もっとも信頼性の低い車」が公開に

米コンシューマーレポート(コンスーマーレポート)が「もっとも信頼性の高い車」に続き、最新「もっとも信頼性の低い車」を公開。
やはり64万台の車両から40万件のレポートを収集してその結果をまとめたものですが、機械的な信頼性に加えて内装の質感や騒音、といった「見た目」「快適性」も評価対象となっています。

評価におけるワースト10はこうなっている

ランキングを見ると、やはり特定メーカー、そして常連が名を連ねていることがわかります。
逆に評価の高いメーカーの車はここに入っておらず、「評価の高いメーカーは上位モデルでもエントリーモデルでも、同じように品質が高い(下位モデルだからといって品質が低いわけではない)」ことも見て取ることができますね。

10.シボレー・カマロ
トランスミッション、そしてインフォテイメントシステムの不具合が指摘されることが多い模様。
この「トランスミッション」はコンシューマーレポートでは多く見られるキーワードで、ここを気にする人は多いようですね。

9.メルセデス・ベンツGLC
意外と品質問題の指摘が多いメルセデス・ベンツ。
価格やブランドイメージが高く、それゆえ他メーカだと気にならないようなことでも「メルセデス・ベンツであるがゆえに」指摘されるのかもしれません。
なお、GLCにおいてはブレーキやサスペンション、ステアリングに関する不満が多い模様。

8.ジャガーF-PACE
ジャガー初のSUVですが、ドライブトレーン、インフォテイメントシステムの問題があるようですね。

7.GMC ACADIA
GMCの3列ミニバン。
エレクトロニクスが弱く、スクリーンに何も表示されなかったり、とくにリアのエンターテイメントシステムが「常に」動作しなかったり、という問題が報告されています。

6.フィアット500

フィアット500もやはりこういったランキングによく登場する車ですが、ブレーキ、エレクトロニクスに関する不満が多いようですね。

5.フォード・フォーカス
フォードについて、下位モデルがよくこのランキングに登場。
よってフォードは下位モデルにてかなりのコストを削っている可能性がありますが、フォーカスにおいては機械的信頼性の低さ、とくに振動やトランスミッションのシフトショックが大きいことが指摘されています。

4.フォード・フィエスタ
やはりフォードのエントリークラスで、エアコンの動作不要、デュアルクラッチ・トランスミッションを採用しているもののクラッチの摩耗が速く、すぐに交換を強いられる、とされています。

3.ボルボXC90
ボルボの最上位、かつプレミアムSUVですが、インフォテイメントシステム、エアコンの不具合が指摘されること多数。
処理速度の遅さやフリーズも指摘されており、電子制御の難しさを思い知らされます。

2.キャデラック・エスカレード
これもやはりインフォテイメントシステムのフリーズ、クラッシュについての報告多数。
エアコンが(何もしていないのに)勝手に最高温度の設定になるといった問題もあり、もしかするとサプライヤーがボルボと同じなのかも。
加えてエスカレードではパワートレーン不調(主にアイドリングのばらつき)、シフトショックの大きさなども指摘。

1.テスラ・モデルX
不名誉な一位はテスラ・モデルX。
これはやはりその特徴とも言える「ファルコン・ドア」の問題指摘が多く、これはなんとも改善が難しい模様。
イーロン・マスク氏も「ファルコンドアの採用は失敗だった」と語っていますね。

あわせて読みたい品質関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5