>ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)

持ち主の身に一体何が?ロシアの森にて、初代ホンダNSXが苔にまみれた状態で発見される

投稿日:2017/11/04 更新日:

| なぜロシア?ロシアに20台程度しかないオリジナルNSXが苔に覆われた状態にて発見 |

世界中にて納屋始め、あちこちで放置されていたスーパーカーや希少車が発見されていますが、今回はロシアにてホンダNSXが発見されることに。
サンクトペテルブルク郊外の森の中で見つかったとのことで、この個体が7〜8年前に売買された記録は残っているものの、その後の足取りは全く不明であったもの。
なお、ロシアでは初代NSXの存在が非常に珍しく、国内に存在するのはわずか20台程度では?と言われるほど。

洗ってしまえば外装は比較的程度良好

現在は森の中から引っ張り出されてしっかり洗われ、走行可能な状態に戻すべくレストアが開始されると報じられており、綺麗な姿になった写真も公開されて一安心。
画像を見るとホイール始め一部パーツが交換されているようですね。

nsx-5

いつも気になるのは、こういった「現在の持ち主がわからない」車の新しいオーナーをどうやって決めるのか、ということ。
ナンバープレート/車体ナンバーなどからかつての持ち主を割り出すことは可能かもしれませんが(それでも登録抹消であれば現在の持ち主は”不在”)、その持ち主が行方不明だったりする場合もあり、その時に所有権をどうやって移転させるのか、ということが疑問なわけです。

nsx-3

今回のNSXについては、クラッシュなどで打ち捨てられたわけではなさそうで、外装が結構綺麗なまま。
それだけにさらに謎が深まりますね。

なお、オリジナルNSXというと、いつもながらではあるものの、かつてヤフオク!に出品されて話題となった「室内(本当に家の中)保管」のNSXを思い出します。

nsx-2

こんなにある、偶然発見された/放置されていた車たち

 

「日本の納屋で」発見された、あのフェラーリ・デイトナ。2.3億円で落札され365GTB/4の高額落札記録更新か
まさか日本で?納屋で発見された、世界に1台の特別なフェラーリ・デイトナ。1972年のカーグラ誌にも登場
納屋で朽ちた初代レンジローバー発見→早速レストア→その車がかつて英国王室所有だったことを知った男
納屋で発見されたジャガーEタイプ。今にも崩れ落ちそうなほど腐っていても競売では600万円
英国にて、納屋に放置されていたクラウンが発見。レストアされ初代オーナーの孫と対面
納屋で発見された車ほか数奇な運命を辿った希少車5選が動画で公開に
子供の頃見たミウラが納屋で見捨てられているのを発見。オーナーとなりレストアした男の物語
誰か買うて・・・。納屋で朽ち果てたポルシェ356Aスピードスターが競売に
またまた納屋で眠っていた希少車。今度はカウンタック3台や走行60キロの911スピードスターなど一気に10台以上
40年間納屋に眠っていたポルシェ356が競売へ。なんと登録されてから今まで「ワンオーナー」
30年放置されていたポルシェ356Cを発見→オーナーを見つけてレストア→走行させた女性の物語
偶然発見された、プレスリー過去所有のBMW507。レストアから完成までを動画で
スイスの古城から希少価値の高いクラシックカーが大量に発見される。いったいなぜ?
20年間手付かずで放置されたポルシェ911が発見。e-bayにて1500万円で販売
久々の大物登場。34年間ガレージに放置されていたBMW M1が発見される
オーナーの身に何が?25年の間放置されたランボルギーニ・ミウラが発見される

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ホンダ/アキュラ(HONDA/ACURA)
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5