>ミニ(MINI)

ミニがもっとも長い名前の限定モデル、「ミニ・ジョンクーパーワークス・ハードトップ(略)」を発売

投稿日:2018/07/17 更新日:

| ミニが「米国専用」限定モデルを発売

ミニがアメリカ国内向けに、米国のミニ史上で(たぶん)もっとも長い名前を持つ限定モデル「ミニ・ジョンクーパーワークス・ハードトップ・インターナショナル・オレンジエディション(Mini John Cooper Works Hardtop International Orange Edition)」を発表。
ミニによれば「オレンジはエンジニアリング業界や航空宇宙業界において”目立つ色”として使用されてきた。同じ意味において、アメリカを走る多くのミニの中でも、この限定モデルは際立つ存在となるだろう」とのこと。

コンセプトは「目立つ色」?

実際のところミニには「イエロー」「レッド」といったボディカラーはあるものの、標準ボディカラーだと「オレンジ」はなく、ミニの言葉どおり「かなり目立つ」のは間違いなさそう。

mini-john-cooper-works-hardtop-international-orange-edition (1)

標準(ミニ・ジョン・クーパー・ワークス)モデルとの違いは、主なところだともちろん「オレンジ」のボディカラー、ブラックメタリックのスポイラー、カスタムデカール、グレーの18インチホイール、カーボン製ミラーキャップ、ブラックフューエルフィラーキャップ、ブラックドアハンドルなど。

mini-john-cooper-works-hardtop-international-orange-edition (4)

さらには「JCW Pro」エキゾーストシステムを備え、これはブルートゥース経由でフラップを開閉できるもの。
そのほかだとパノラマルーフ、キーレスエントリーシステム、ピアノブラックインテリア、ハーマン/カードン・サウンドシステム、ヘッドアップディスプレイ、タッチスクリーン・ナビゲーションシステムも標準装備として紹介されています。

mini-john-cooper-works-hardtop-international-orange-edition (3)

このエキゾーストパイプを見るいに、かなりいい音が出そうですね。

mini-john-cooper-works-hardtop-international-orange-edition (5)

ミニ・ジョンクーパーワークス・ハードトップ・インターナショナル・オレンジエディションの「限定数」については不明ながらも、価格については邦貨換算で450万円ほど、とのこと。

mini-john-cooper-works-hardtop-international-orange-edition (2)

フェイスリフトで導入された、このテールランプは衝撃的。
最初はコンセプトモデルで採用されたものの、まさか市販車でこれを投入してくるとは、という感じです。

mini-john-cooper-works-hardtop-international-orange-edition (6)

あわせて読みたい、ミニの限定モデル関連投稿

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ミニ(MINI)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5