●ポルシェ718ケイマン(982) ■近況について ■服や小物、時計、雑貨など ■ニュース

ポルシェ純正オプション、718ケイマンのトランクにぴったり収まるリモワのスーツケースを買ってみた

投稿日:2018/08/28 更新日:

| やっぱりポルシェ純正に落ち着いた |

さて、ポルシェ718ケイマンに搭載できるスーツケースを探していましたが、結局のところポルシェ純正「ドライバーズセレクション」の製品を購入。
おおよそ30-45Lくらいの容量であれば、一般的な形状を持つスーツケースでも「フロントトランク」「リヤカーゴスペース」に積む事はできますが、それ以上のサイズになるとなかなか車内へ載せるのは難しく、色々と探した結果「純正が(当然ながら)もっとも効率に優れる」と判断した次第です。

これは「リモワ PTSトロリーケース ウルトラライトXL(75L)」で、外寸はおおよそ高さ60センチ、幅40センチ、奥行き40センチくらい。
素材はポリカーボネートで、ジッパー開閉によるものとなっています。

ポルシェ718ケイマンに積めるスーツケースの購入を考える。やはりポルシェ純正がベスト?

さて、その「リモワ PTSトロリーケース ウルトラライトXL(75L)」ですが、フロントトランクに入れてみるとこんな感じ。
一般的なスーツケースは、容量が大きくなると「上下方向に」サイズが大きくなるものの、それだと718ケイマン(911カレラやボクスターにも)のトランクに収めることが難しく、しかしポルシェはフロントトランク形状を最大限に活用したサイジングを行っていることがわかります。

cayman26

スーツケースをトランクに収めたときにハンドルが上面に位置しますが、これはポルシェ版リモワのオリジナルで、もちろん「フロントトランクから取り出しやすいように」という配慮から。

cayman24

なお、キャスターは「2輪(ラージサイズでは今や珍しい)」。
雰囲気的にはスーツケースというよりは「クーラーボックス」という感じ。

cayman17

一応スーツケースのカラーは「グラファイトブルーメタリック」で、ぼくのケイマンと同じカラーなはずですが、実際は「ちょっと」色味が異なるようですね。

cayman19

スーツケース上部にもグリップ、そして伸縮式ハンドル。
「RIMOWA」のマークも見えます。

cayman20

ロックはもちろんTSA対応。
その下には「PORSCHE」のプレートつき。

cayman21

なお、ぼくはこのほかにもポルシェとリモワがコラボしたスーツケース(41Lくらい)を持っていますが、こちらはアルミ製。
現在ポルシェはアルミ製のリモワを発売しておらず、そこはちょっと残念なところ。

718ケイマンにはリアトランクもありますが、こちらにはこのリモワ PTSトロリーケース ウルトラライトXL(75L)は搭載不可能。
変わるに搭載できるのは「リモワ PTSトロリーケース ウルトラライト(33L)二個」、もしくは「アルフレームL(51L)一個/アルフレームM(42L)一個」となります。

ポルシェリモワ修理完了。強化版?っぽいハンドルへ交換で13000円

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5