>BMW(ビー・エム・ダブリュー)

BMWがエントリーグレード含む「通常版Z4」発表。2リッター197馬力のZ4 sDrive20iも

投稿日:2018/09/20 更新日:

| BMWがZ4の「通常版」3グレードを発表 |

BMWがぺブルビーチにて発表した限定版「Z4 M40i ファースト・エディション」に続き、レギュラーモデルのZ4ラインアップを発表。
ひとつは「BMW Z4 sDrive20iロードスター」、そして「BMW Z4 sDrive30i ロードスター」、最後は「 Z4 M40i」。
最初の2つは欧州市場へ向けてじき納車が始まり、Z4 M40iの納車は来年後半以降となる見込み(Z4 M40iファースト・エディションの納車が有産されるためだと思われる)。※アメリカ市場ではZ4 sDrive20iは導入されない。日本市場にて発売されるモデル、そして価格は不明

通常版BMW Z4 M40iのアクセントはグレー

Z4 sDrive20iロードスターは「エントリーグレード」ということになり、2リッター4気筒ツインパワー・ターボエンジンからは197馬力を発生。※画像はすべてZ4 M40i

BMW-Z4 (3)

Z4 sDrive30iロードスターも同じく2リッターターボながらも255馬力を発生し、0-100キロ加速は5.2秒を誇る、とのこと。

ffa4c3dd-bmw-z4-4

Z4 M40iはファースト・エディションと同様に3リッター直6ターボエンジンを搭載して出力は382馬力、0-100キロ加速は4.4秒。
こちらには標準で(他グレードではオプション扱いの)アダプティブ・サスペンション、ハイパフォーマンスブレーキ、電制デフが装着されるようですね。

BMW-Z4 (5)

通常版Z4 M40iでは、すでに発表されたZ4 M40iファースト・エディションだと「ブラック」となっていたアクセント(フロントバンパーインサートなど)がダークグレー仕上げとなっていることがわかります。

BMW-Z4 (4)

ボディカラーにはマット仕上げ(BMWでは”フローズン”と表記される)ですが、標準モデルでこれが選べるようになったのはうれしいところ。

BMW-Z4 (1)

インテリアはZ4 M40iファースト・エディションと大きな差はないようです。

BMW-Z4 (2)

なお、こちらがすでに発表されたBMW Z4 M40iファースト・エディション。
「コンセプトZ4」と同じマットオレンジのボディカラーが特徴で、キドニーグリルのフレームやフロントバンパーのトリム、ドアミラー等がグロスブラック仕上げに。
これはこれで格好良いと思いますが、今回公開されたような「マット仕上げのメタリック」には、メタリックグレーのグリルフレームがマッチしているかもしれませんね。

BMW-Z4-2 (1)

新型BMW Z4登場。エンジンは340馬力の直6ターボ、0-100km/h加速は4.6秒。ポルシェ・ケイマンSと真っ向勝負

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->BMW(ビー・エム・ダブリュー)
-, , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5